« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月の6件の記事

2005年12月31日 (土)

Ski Gallery


Trick:360゜ Safety Grab
Rider:KAZU-
Date:2005/12/31
Place:長者平

| | コメント (0)

2005年12月30日 (金)

滑走日数7日目

昼から近場の長者平です。

【場 所】: 春日長者平スキー場
【天 気】: 曇り
【気 温】: 普通
【コース】: 全面滑走可能
【積 雪】: 公称210cm(雪質:良)
【リフト】: 2/2(待ち時間:なし)
【道 路】: 往復共に問題なし
【駐車場】: そこそこ(駐車料金:なし)
【パーク】: キッカー(大・中)、ダウンレール、ボックス

基本的なパークアイテムは揃ってました。
が、日陰コースのキッカーはランディングが変なつくりなのでかなり危ないです。なので1回も飛んでません。(^^;A
その代わり、シングルリフト沿いのキッカーは相変わらず飛びやすいのでそっちを飛びましょう。

ボックスは幅が広くて良い感じ。
ただ、雪にほとんど埋まってる感じなのでアプローチで浮力が生まれなくてスピンを入れるのが難しくて結局1回もできなかった・・・。_| ̄|○

レールはダウンレールで結構な勢いで降りてます。
感触としては普通かな?

雪質は良く締まった雪で普通に滑りやすかったです。
道路は除雪が完了してて問題ありませんでした。

|

2005年12月24日 (土)

滑走日数6日目

1人で雪道の長距離移動はしんどいので近場の長者平です。

【場 所】: 春日長者平スキー場
【天 気】: 雪時々晴れ
【気 温】: やや寒い
【コース】: 全面滑走可能
【積 雪】: 公称210cm(雪質:良い新雪)
【リフト】: 2/2(待ち時間:なし)
【道 路】: 往路、R471から春日方面に入った直後~スキー場内まで圧雪路、さらにスキー場近辺は凸凹状態
往路、スキー場~春日市街地まで圧雪路
【駐車場】: 10台程度(駐車料金:なし)
【パーク】: キッカー(地元ディガー謹製)

道路ヤバすぎ。
R471から春日方面に入った道で既にちょっと後悔してたぐらいヤバかった。(^^;A
さらにスキー場近くは凸凹が激しくて四駆+スタッドレスじゃないと辿り着くのは難しいと思う。
しかも、元々幅員が狭く、すれ違いやUターンが難しい道路事情もあってかなり苦労した。

で、何とか辿りついた訳ですが、雪質はかなり良かったです。先週のダイナより雪が軽かった。

んで、地元ディガー謹製のキッカーは浮力抜群!
ランディングの角度がやや合ってないので足に衝撃が来るし、ディガーが「デラがけ(横滑りして雪面を整える事)」しただけなのでFakie着地は間違いなく刺さるけど・・・。(^^;A

んで、360゜やったら回りすぎの傾向。やっぱりかなり浮いてるからだと思う。でも、すんげぇ気持ち良かった。

その他のセクションは何もありませんでしたが、今シーズンはちゃんとしたボックス(幅が広くて長めで、なかなか面白そう)を用意してるよーなので期待。

|

2005年12月17日 (土)

滑走日数5日目

ついにダイナのパークがオープン。

【場 所】: ダイナランド
【天 気】: 雪&視界が悪い
【気 温】: すげぇ寒い
【コース】: ほぼ全面滑走可能
【積 雪】: 公称185cm(雪質:普通の新雪+パウダー)
【リフト】: 6/6(待ち時間:数分)
【道 路】: 往復ともに白鳥~スキー場内まで圧雪路
【駐車場】: 8割ぐらい(駐車料金:1000円)
【パーク】: 実質ボックスのみ(6m×2)

ハラくんと一緒による出発。深夜1:30に出て4:00前には到着。
白鳥からガタガタの圧雪路でしたが、順調でした。

で、ついにシーズン券を購入。
コレで意地でもダイナに行かなきゃならなくなりました。(笑)

そして、ひーくんと合流。
この日はパークがオープンつーことで張り切る我々。

・・・が、しかし大雪で視界不良。
自分の滑ってる板の先の雪面が把握できないほどのホワイトアウトっぷり。
オマケにストックのストラップやブーツのバックルにネックウォーマーも凍り始める始末。寒いよ!

折角の新雪があるので「X-INVADER」で初めて突っ込んでみた。
・・・うーん、期待してたよりは浮かなかった。
つーか、テールが長すぎてノーズが浮くのを妨げちゃってる感じ。
まぁ、シンメトリックなパーク専用板の宿命ですかねぇ・・・。

で、10:00オープン予定のパークはオープンが1時間ほど遅れてオープン。
張り切ってパークに行ってみたもの、キッカーは視界不良のためクローズ。
と、滑ってみると・・・実質使えるのはボックス2つだけ。まぁ、この大雪じゃしゃーないかぁ。_| ̄|○

しゃーないのでボックスで270゜inを試す。
アプローチにはギャップがあるのでバタースピンが封じられて飛ぶしかない。
で、数回メイクできたけど、あとのほとんどはエッジがコーピングに引っかかって吹っ飛ばされてた。
そのうち1回は左頬骨辺りをコーピングに打ち付けてかなり痛い。
でも、この程度の済んだのはゴーグルしてたおかげかもね?(^^;A

午後からは乾いた雪が降ってきて雪質は流石に良い。
奥美濃ではめったに味わえない雪質だったんじゃないかな?
滑っててもエッジングの音がしないほどだったし。
しかし、その雪質も視界不良&寒さで全く楽しめず無念。_| ̄|○

視界不良でテンションダウン&雪の降り方も凄かったので帰りの道路状況が気になったため、14:00ぐらいに切り上げてレストランでマッタリしてました。

で、帰ろうとスキー場から数百m下ると・・・晴れてやがんの。(´・ω・`)
気になってた道路は白鳥まで圧雪路でしたが帰りも順調でした。

うむー、今シーズンは雪にやられっぱなしのよーな気がします。
たくさん降ってくれるのは嬉しいんだけど・・・。(^^;A

|

2005年12月10日 (土)

滑走日数4日目

当初はダイナの予定でしたがキッカーが無いので急遽ホワイトピアに・・・。

【場 所】: ホワイトピア高鷲
【天 気】: 雪&視界が悪い
【気 温】: 普通に寒い
【コース】:  
【積 雪】: 公称1m(雪質:重めの新雪)
【リフト】: 1/4(待ち時間:なし)
【道 路】: 往路、東海北陸自動車道ぎふ大和ICからチェーン規制。以降、圧雪路
復路、アスファルト上の雪は解けたが、橋などに雪は残ってる
【駐車場】: 少ない(駐車料金:1000円)
【パーク】: キッカー(テーブル2mぐらい)、レール(3m程度)、ボックス(2m弱)

先週と同じく、ハラくん&みっちぃと一緒。
この日は予定をくずされ捲くりの日でした。
予想以上に道路には雪が残ってたため現地に到着したのは10時30分過ぎ・・・。( ̄з ̄)

準備してたら午後券発売時間になってたので午後券で滑ることに。
その後、てるちゃん一派(笑)と合流し、かなりの大所帯で滑ってました。
雪は降りつづける天候で、スキー場上部はかなり視界が悪かったです。おかげで前が見えなくて滑るのに大変でした。

第2クワッドリフトはリニューアルされて、以前の乗り場よりセンターハウス側へ移動したため結構使いやすいリフトレイアウトになっています。
で、この日の第2クワッドリフト方面のゲレンデは上級者コースのみのオープンで、しかも新雪だらけ。
「パウダーだ!わーい!」と思いきや・・・奥美濃らしい重い雪で足の筋肉が悲鳴をあげてました。
オマケにコースかと思って侵入したらコースじゃなかったところ事があった。(入口にロープを張ってなかったんだけど・・・。( ̄▽ ̄;)

パークはセンターハウス前に設置されてました。
キッカーは小さいけどまぁまぁな感じ。しかし、アプローチが緩くてスピードが出ないのが難点。
おかげで浮いてるって感触はそれほどありません。

ボックスは短すぎて×。

レールは丸パイプ×2本で構成されたオーソドックスなタイプ。
新板のせーなのか、引っかかる感触があって気持ち良くなかった。
でも、自分以外の人はスムーズに流してるので、板の問題かもしれない。

んで、360゜やろーとして回転力不足になってた原因が左肩の振りが弱いせーと前日のスノーヴァで気付いてたため、エアは結構調子が良かった。
でも、油断すると回転力不足気味に陥るので、まだま左肩の振りを意識する必要がある感じ。

ハラくん&みっちぃをモーグルチーム「マラガ」の宿舎に放置して帰路につく。
雪が降りまくってたわりにはアスファルトに雪は残ってなく良かったけど低速車両に行く手を阻まれてイライラしちゃってた。

来週からは夜出発に切り替えよーと思う。
・・・って事は、スノーヴァ修了後、そのまま行く事になるかな?(^^;A

|

2005年12月 3日 (土)

滑走日数3日目

様子を見るために行ってきました。

【場 所】: ダイナランド
【天 気】:
【気 温】: 非常に寒い!
【コース】: 第1ゲレンデのみ
【積 雪】: 公称?cm(雪質:クラッシュアイス、超固い)
【リフト】: 1/4(待ち時間:3分程度) 
【道 路】: 往復共に問題ないが、立体駐車場3Fには積雪あり。 
【駐車場】: 少なめ(駐車料金:1000円) 
【パーク】: キッカー(テーブル2mぐらい)、ボックス(5m・1.8m)

ハラくん&みっちぃと行ってきました。
ハラくんはシーズン券を購入。ちなみにシーズン券の写真のバックは季節柄クリスマスツリーです。(笑)

普通に雪が降ってました。
幸いアスファルトの上に積雪はありませんでしたが、立体駐車場の3Fなどには雪が積もってました。
もー少し気温が低かったら凍結は避けられない感じだったので車の装備は万全にしないとマズイと思います。

ゲレンデは・・・非常に固いっす。
自分の顔が映りこむんじゃないかと思えるほどのツルピカのアイスバーン。
ジブで酷使されてエッジが無い板のみっちぃはエッジングに相当苦労してたよーです。
あまりの固さに「絶対転けたくない!」って自己防衛本能が働いたオイラはテンションがダウンしてました。オマケに寒かったし・・・。

ボックスは5mのは普通の感じ、1.8mの初心者用は非常に詰まりやすくて「かえって難しいんじゃないのか?」と思える代物。(^^;A
あと、両ボックスともアプローチとボックスの間にギャップがあるのでチャンとサッツを切る必要があります。
んで、5mの方で270゜を試しましたがアプローチで浮力が得られなくて結局メイクできたのは1回だけでした。悔しいぞな。

キッカーは・・・浮きません。(ー_ー)
設置場所が平坦なところなのでアプローチで勢いをつけてもR直前に失速する印象。
午後からはランディングが荒れてきてスピンを入れるのを躊躇してました。
そんな事もあってさらにテンションがダウンな3人なのでした。(^^;A

ちなみに立花透岡崎将弥が居ました。
軽く流してても540゜や270゜inを繰り出して様になってるのは流石プロライダーっすね。
つーか、何であんな簡単に出来るんだ!(←だからプロなんじゃん)

LINEの「X-INVADER」を実戦投入したんですが、エッジが立ってるだけにアイスバーンでも抜群の安定感。
エアも安定するし、ボックスの270゜も今まで通りの感覚で大丈夫な感じ。

それよりも気になったのがブーツが柔らかすぎるかも?
それをカバーする為にバックルを締めるとFakieで膝が落とせず後方が見え辛くコントロールも大変だった。
エアのスピンでも板が付いて来ない気がしなくも無い。
ただ単に「板に慣れていないだけ」って事かもしれないけどね・・・。
もー少し長い距離を滑る必要があるかも?

ダイナのシーズン券はボーナス後に買おうかと思ってたりします。

|

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »