« ハラくんが準優勝 | トップページ | Ski Gallery »

2006年2月21日 (火)

滑走日数15日目

【日 付】: 2006年2月18日(土)
【場 所】: スノーウェーブパーク白鳥高原
【天 気】: 晴れ
【気 温】: やや寒い
【コース】: 全面滑走可能
【積 雪】: 公称300cm(雪質:終日固い)
【リフト】: 3/3(待ち時間:5分程度)
【道 路】: 往路、R156郡上市美並町でノロノロ運転
復路、特に問題なし
【駐車場】: 空いてた(駐車料金:1000円)
【パーク】: ハーフパイプ
キッカー(ビッグ・中小多数)
ボックス(ノーマル・ナロー・アップダウン)
レール(角)
スパイン
ピクニックテーブル

イベントで混雑が予想されたダイナランドを避けて、目的地を白鳥高原に設定して朝6時に出発。
郡上市美並町でR156はノロノロ運転になってたけど、まぁ順調に到着。
ちなみに、ハラくん・松浦さんが同行、ひーくんは現地で合流しました。

天気はピーカンで良かったけど、雪面は固いです。
おかげでキッカー類のランディングには気を使います。

20060219_1
良い天気でした。眺めも最高だけど、足元は基本的にアイスバーン・・・。

んで、張り切ってビッグキッカーを飛ぶつもりだったんですが・・・テーブルが思った以上に長い!( ̄□ ̄;
ランディングも短くて恐怖心を煽ってます。
おかげで勇気を出して飛びつつもランディングの端に落ちてクラッシュすること数回。
「こんにゃろ!」と、スピードを上げたらランディングの半分近くまで行ってしまう恐怖心に打ち勝てずに結局クラッシュ。1回もまともに飛べなかった・・・。_| ̄|○

20060219_2
ビッグキッカー。思ったよりテーブルが長い!12mぐらいあるらしい。

その他のキッカー類は浮かない台がほとんど。
浮かないのでスピード上げて無理矢理浮くとフラット落ちしそーになるのでちょっとストレス溜まるかな?

ハーフパイプは、ダイナほど大きくはないけど結構良い感じ。浮遊感は結構感じられます。
ただ、ボトムが短いため視線を早めに移動する必要があり、漕ぎ動作に忙しいです。
時間帯によってはボトムに溜まった雪に足を取られてたりしたのもちょっと気になりました。
けど、基本的に人が少ないので待ち時間も少なくて良かったです。

20060219_6
ハーフパイプ。高さは3.8m。

ボックスは普通な感じ。
ですが、アプローチにボックスの端が露出しててバタースピンするのは難しかったです。
じゃ、270゜inは?ってなると物によっては結構な高さで設置されてて、失敗時に固い雪面に落ちるかと思うと躊躇っちゃって出来ませんでした。(^^;A
あと、アップダウンボックスでコンビネーションとか試してみれば良かったと今頃思ってたりします。

20060219_3
アップダウンボックス。

20060219_4
ノーマルなボックス。

レールが1つ設置されてましたが、良い感じ。
滑りも素直で引っかかる事も無く結構気持ち良かったです。

天気も良かったんですけどアイスバーンだった事もあり、ビッグキッカーを含めたキッカー類でストレスが溜まってしまって、みんなテンションが下がってしまってた気がします。(^^;A
その他は良かったんですけどね・・・。

20060219_5
スパイン。ランディングは右側のみとなってました。

|

« ハラくんが準優勝 | トップページ | Ski Gallery »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/771521

この記事へのトラックバック一覧です: 滑走日数15日目:

« ハラくんが準優勝 | トップページ | Ski Gallery »