« 更新完了 | トップページ | Review:蓄熱式あんか「エコポカ」(後編) »

2007年2月28日 (水)

滑走日数7日目(ダイナランド)

【日 付】: 2007年2月24日(土)
【場 所】: ダイナランド
【天 気】: 晴れ
【気 温】: 風が冷たくて寒い
【コース】: 全面滑走可
【積 雪】: 公称170cm(雪質:全面アイスバーン)
【リフト】: 6/6(待ち時間:αライナーで10分~15分程度)
【道 路】: 往路、特に問題なし
復路、R156高鷲・白鳥・郡上八幡で数箇所渋滞。対岸の県道は郡上八幡の郡上八幡自然園の南で通行止め箇所あり
【駐車場】: 料金所付近まで埋まってた(駐車料金:1000円)
【パーク】: スーパーパイプ・キッカー(4m×2)・ボックス(幅広6m・T・ウェーブ・ダウン・アップダウン)・レール(アップ)・ドラム缶

イベントや風邪のせーで気が付いたら3週間も間が開いちゃいました。(^^;A
で、やっぱりダイナランド。

ひーくんと現地で合流しましたが・・・結構人が多いです。
やはり、雪不足で滋賀などの近畿方面のスキー場がクローズしちゃって人が押し寄せてきたっぽいです。
それでも、まぁ最長で10分~15分ぐらいだと思うので待てなくは無かったです。

そして雪質ですが、前日に雨が降ってるので分かったと言え、すんげぇアイスバーンでした。
コース全体がガチガチ&ツルツルのスケートリンク状態。
パークのアイテムにチャレンジするより、普通に滑るのが一番難しかったりしました。(^^;A
天候が晴れだったので気温が上がり昼から緩むかと期待していましたが、冷たい強風が吹きつづけて結局15時までアイスバーンのままでした。

20070228_1
空はぴーかんだけど足元はガチガチ・・・。

その影響でβ方面のコースは滑落が多かったらしく、「βクワッドリフトには初心者は乗らないよーにして欲しい」とアナウンスが繰り返しありました。
実際に怪我で運ばれてる人が多かったよーな気がします。

で、やはりランディングの安全性が確保できないよーで、7mキッカーやビッグキッカーは終日クローズになってました。

「SALOMON JOINT PARK」ですが、少しアイテムが変更されてました。
フラットダウンのボックスとレールがなくなりダウンボックスに、スパインボックスがアップダウンボックスになってました。

20070228_2
パークの入り口にもアイスバーンの警告が・・・。(^^;A

ダウンボックスは、なんせアプローチもランディングもアイスバーンなのでミスれないです。
ボックス自体は結構速いってぐらいで他に気になるところが無いほどオーソドックスな物でした。

20070228_3
ダウンボックスの様子。

2Wayになってるキッカーの小さい4m側が昼ぐらいにオープン。
ランディングがキツめ&掘れてるので、アプローチは押さえ気味にしてランディングの上の方に着地する感じじゃないと苦労するかもしれません。

20070228_4
4m側のキッカーの様子。ランディングが掘れてるので着地はちょっと難しい。

アップダウンボックスはスパインボックス跡地に作られてまして、アップの傾斜が緩い割にダウン側の傾斜がキツイので、ややビビリます。
で、どこもかしこもアイスバーンなのでコケたらすげぇ痛い。インラインでレールに乗ろうとしてお尻の横をレールに打ちつけたよーな感じ。あー、この痛み久し振りに味わいました。(^^;A

20070228_7
アップダウンボックスの様子。ダウン側の斜度は結構あります。

そして楽しみにしてたスーパーパイプですが、なかなか良かったんですが、影になるライトサイド側は固いままなのでエッジコントロールに苦労しました。
おかげでファーストヒットがボロボロ。失速してリップの上に出られないでやんの・・・。
結局、スーパーパイプに挑戦するのが今シーズン初って事だったのでコケないよーにするのが精一杯で板の半分ぐらいしかリップの上には出ませんでした。_| ̄|○
待ち時間は5分ぐらいかな?
ちなみにスーパーパイプのオープン時間は10:00~13:00までとウワサ通りで非常に短いです。調子が良くなったら「終了」って感じなっちゃうのが残念。

20070228_5
ハーフパイプの様子その1。

20070228_6
ハーフパイプの様子その2。

で、翌日に高鷲SPで「King of Halfpipe」が行なわれるためか、プロライダーっぽい人がちらほら居たんですが・・・コイツ等がハイプの途中から割り込んでドロップインするでやんの。
そりゃ大会前日だし、そんなに上手くないヤツがチンタラやってるのにイライラするだろーけど、ルールなんだからコッチは冷たい風に吹かれながらも我慢して待ってるんだし、事故防止のためにルールはあるんだし、飯の種にしてるヤツが自分の飯の種のルールを破ってどーすんだよって気がした。
チャンと行列待ちしてるプロスライダーっぽい人も居ただけに残念です。

20070228_8
パーク上部にある4mキッカー。Rがちょっと変だったけど結構飛びやすかった。

結局、寒さとアイスバーンの硬さに凹まされて15時ぐらいに撤収。
レスランでマッタリとココアを飲んでました。結構美味しかったです。(笑)

帰り道はいつもより混んでて、R156は断続的に渋滞してました。
特にR156のウラ道として使われる対岸の県道は郡上八幡の郡上八幡自然園の南あたりで通行止めになってて、「R156の渋滞」+「県道から流入」+「通行止め看板を無視して突っ込み結局引き返してきた車」でゴチャゴチャになって余計に混んでました。
仕方ないので一旦R156に合流し、次の橋から県道に再び入ってました。
その後はずっと県道を走り、再びR156と合流する美並の盲導犬「サーブ」像付近の交差点まで通行止めも無く普通に行けました。

|

« 更新完了 | トップページ | Review:蓄熱式あんか「エコポカ」(後編) »

ゲレンデレポート」カテゴリの記事

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/5495041

この記事へのトラックバック一覧です: 滑走日数7日目(ダイナランド):

« 更新完了 | トップページ | Review:蓄熱式あんか「エコポカ」(後編) »