« 滑走日数7日目(ダイナランド) | トップページ | 「FREESKI BBS」、未だ復旧せず »

2007年3月 1日 (木)

Review:蓄熱式あんか「エコポカ」(後編)

前編からの続き)

よーやく先日のダイナランドで「エコポカ」を使い、アイドリングストップ状態での仮眠に挑戦しました。

エコポカの他の装備はこんな感じ

  • 3シーズン用の安物の封筒型シュラフ
  • シングルサイズの毛布
  • ユニクロのダウンジャケット
  • 枕代わりのラスカルのぬいぐるみ
  • 腰当クッション代わりのプーさんのぬいぐるみ

出発前に「エコポカ」をレンジでチンして毛布に包んで現地に向かう。

3:30ぐらいにダイナランドに到着。
現地の仮眠場所は立体駐車場の1階で屋根の無いところ。
いくら暖冬とは言え、予想最低気温は0度。さらに山の上+屋根も無い事を考えると車内も0度近くまで下がると思われる。

シュラフの中に毛布をセットし、ダウンジャケットはフードもかぶって横になる。
さらに毛布は下からの冷え込み対策として体の下にも回り込ませて、「エコポカ」は太股の下あたりにセット。
結構暖かい、つーか、もぞもぞ動いたせーで暑い。(笑)

あと、ダウンジャケットが動き辛い。
今思えばスキーウェアの方にしときゃ良かったかも?

「エコポカ」のマイルドな暖かさと薄さのおかげで直接触っててもOKなのは気が楽。

で、耳栓&アイマスクをして就寝。
(朝5時から始まるサンライズ営業のおかげで放送や外が騒がしくなるので耳栓は必需品だと思う)

眩しい&肩が少し寒くて起きる。
ケータイを確認すると・・・8:30じゃないか。寝すぎた。(^^;A

シュラフの中は結構快適。
底冷えも感じず、グッスリ眠れた。
ちなみに8時間経過したけど「エコポカ」は、まだほんのりと暖かった。

シュラフから出ると車内の空気がヒンヤリしてるのを感じる。
それなりに装備したうえに暖冬とは言え、底冷えを感じずに過ごせたのは「エコポカ」のおかげも大きいよーな気がする。

結果としては満足できる内容でした。
課題としては、やはり肩が冷えること。
冬山用のマミー型のシュラフなら大丈夫だったかもしれないけど、工夫の余地はまだ残されているなぁって感じ。
あと、白馬や御岳辺りで通用するのかってのも、今後の課題かな?

|

« 滑走日数7日目(ダイナランド) | トップページ | 「FREESKI BBS」、未だ復旧せず »

スキー」カテゴリの記事

レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/5534057

この記事へのトラックバック一覧です: Review:蓄熱式あんか「エコポカ」(後編):

» Review:蓄熱式あんか「エコポカ」(前編) [スベログ #75(チャンネル75)]
かなり強引にスキーネタへ持って来てます。(笑) 「エコポカ」はレンジでチンする蓄 [続きを読む]

受信: 2007年3月 1日 (木) 18:05

« 滑走日数7日目(ダイナランド) | トップページ | 「FREESKI BBS」、未だ復旧せず »