« 仙台の小学校の給食は泣けるほど切ない | トップページ | 水着美女とデブが競演するメールソフト »

2007年7月25日 (水)

国内ケータイ担当者から見たiPhone

国内6メーカー担当者が実物を見て語った「iPhoneの衝撃と本音」

匿名を条件に国内のケータイメーカの担当者がiPhoneを触った感想についての記事。

日本のケータイに比べてチープな点も散見されるよーですが、機能やターゲットとした利用者の「割り切りの良さ」に感心してたのが印象的。

スパッと割り切ったからこそクールでスマートなiPhoneになったんでしょう。
日本のケータイはデコデコとデコレーションされたうえに最大公約数的な対応が求められるのでiPhoneのよーなケータイを作るのは難しいよーです。

auはデザインケータイを作ってますが、外観を弄るだけでは無理なことをiPhoneは示しているよーな気がします。
だからと言ってキャリア主導のデザインケータイが統一UIをひっくり返すのもどーかと思うので難しいところです。

|

« 仙台の小学校の給食は泣けるほど切ない | トップページ | 水着美女とデブが競演するメールソフト »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/7273948

この記事へのトラックバック一覧です: 国内ケータイ担当者から見たiPhone:

» iPhone [ソニー エリクソンの 新ソニー エリクソン]
iPhoneがあまり良くないのか、それとも携帯電話の買換え需要が減ってきたのか。 iPhone契約台数、予想大きく下回る [続きを読む]

受信: 2007年7月25日 (水) 20:50

« 仙台の小学校の給食は泣けるほど切ない | トップページ | 水着美女とデブが競演するメールソフト »