« トランスフォーマーなオーディオ機器 | トップページ | Baby Care Report ~マーライオンの様に編~ »

2007年7月18日 (水)

「USB-RGB」の真実?

ぼくらは「USB-RGB」を誤解していたかもしれない

アイ・オー・データ機器が発売してるUSB 2.0接続の外付けグラフィックスアダプタ「USB-RGB」のレビュー記事。

帯域的に辛いUSB接続のグラフィックスアダプタにも関わらず動画再生も可能だったりする秘密は「信号の変換」じゃなくて「信号の圧縮」をしているからのよーです。へぇ~、上手く考えたなぁって感じ。

ただ、圧縮はPC側のソフトウェアが担当するのでPCのスペックによってパフォーマンスに大きな違いが出てきたり、動作が重くなったりするよーです。

|

« トランスフォーマーなオーディオ機器 | トップページ | Baby Care Report ~マーライオンの様に編~ »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/7191617

この記事へのトラックバック一覧です: 「USB-RGB」の真実?:

« トランスフォーマーなオーディオ機器 | トップページ | Baby Care Report ~マーライオンの様に編~ »