« ラムダッシュの洗浄充電器の水が腐ってた・・・(´д`) | トップページ | さらばATRAC! »

2007年8月30日 (木)

フルHD「Xacti」登場!

キター!
H.264形式のフルHD(1,920×1,080ピクセル)の動画撮影が可能な「Xacti DMX-HD1000」が発表されました!

まとめてみると、↓な感じ。

  • フルHD機としては世界最小・最軽量。
  • H.264形式のフルHDなのでAVCHD準拠かと思いきや、そーじゃない。
  • SDHCカードの8GBまで対応。
  • 8GBのSDHCカードに「Full-HD」モードで1時間25分の動画記録が可能。
  • 付属のバッテリーがそこそこ大きいらしく、約2時間の連続撮影が可能。
  • 「新エルゴノミクスデザイン」とデザインが変更。
  • 新デザインのおかげで、よーやく三脚を使ってもレンズが水平になるよーになった。
  • 光学素子は1/2.5型で400万画素のCMOS。
  • 光学ズームは10倍。
  • 手ブレ補正は電子式とデジタル補正を組み合わせた「マルチぶれキャンセラー」ってのを搭載。
  • 動画撮影中の静止画撮影が可能。
  • ただし、その場合、200万画素になるそーなので動画から静止画を切り出しているっぽい。
  • でも、そのおかげか動画撮影中に静止画撮影しても動画側は固まらないっぽい。
  • ISO3200の高感度撮影に対応。
  • 400万画素モード時は秒間7コマの高速連写が可能。
  • 今時らしく最大12個までの顔検出機能を装備。
  • ドッキングステーションが付属。
  • ドッキングステーションにはHDMIやUSB端子を装備。
  • んで、なんとドッキングステーションに市販のUSBタイプのHDDを繋げてPCレスでDMX-HD1000で撮影した動画の保存が可能!
  • さらに、DMX-HD1000+ドッキングステーション+HDDは保存だけじゃなく再生もできちゃう!
  • フルHD以外にも何気にVGAで60fspな「TV-HR」モードが加わってたりする。
  • その他、Web用にQVGAでも撮影可能。
  • カメラ側でカット編集が可能っぽい。
  • 付属ソフトは「Nero 7 Essentials」と「DVD MovieWriter 5 SE」。

実際の大きさが分かりませんが、スペックを見る感じでは開発側のかなりの気合を感じます。

特にDMX-HD1000+ドッキングステーション+HDDを組み合わせてた「Xactiライブラリ」はすごく良いと思う。
開発者の気持ち的には最終的にDVDに書きたいんだろーけど、8GBのメモリカードだったりするとDVDを分割するなり2層メディアを使うなり、またややこしいい話になるので「HDDにまとめちゃえ」って判断は評価できると思う。

ただ、あくまでも「Xacti」は「デジカメ」だと思うのでビデオカメラ代わりにガツンと気合を入れて撮る用途に向いてるかは正直なところ分かりません。(^^;A

機動力の良さから「Xacti」好きなので、HDC-SD3を買ってなかったら、コッチ買ってたかもね?

ついにXactiも頂(フルHD)に到達って感じかなぁ?

|

« ラムダッシュの洗浄充電器の水が腐ってた・・・(´д`) | トップページ | さらばATRAC! »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/7740393

この記事へのトラックバック一覧です: フルHD「Xacti」登場!:

» Xacti DMX-HD1000(サンヨー:フルHD対応デジタルムービーカメラ) [ブログで情報収集!Blog-Headline/life]
「Xacti DMX-HD1000(サンヨー:フルHD対応デジタルムービーカメラ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み... [続きを読む]

受信: 2007年9月 1日 (土) 10:48

« ラムダッシュの洗浄充電器の水が腐ってた・・・(´д`) | トップページ | さらばATRAC! »