« iVDR対応・・・えっ?チューナー? | トップページ | SSXブラーの操作にちょっと慣れてきた »

2007年9月21日 (金)

「DVD MovieWriter 6」のレビュー記事

定番DVD作成ソフトはBD/HD DVD時代でも健在か?――「DVD MovieWriter 6」を試す

体験版も配布されているので、すでに試されている方もいるかと思いますが、AVCHD形式のDVDのオーサリングに対応している「DVD MovieWriter 6」のレビュー記事。

記事を読む限りではソコソコ良い感じっぽいです。
流石にバリバリとビデオを編集できる訳では無いっぽいのですが「カットしてちょっとした編集をしてDVDに残す」ぐらいの作業なら十分な気がします。

AVCHDの場合でもスマートレンダリングが有効なのもポイントが高いと思うし、スマートレンダリングのために最初に取り込んだ映像でプロジェクトのエンコード設定を合わせてくれるのはUlead製品とは思えないほど親切(笑)なよーな気がします。

オマケ機能で映像を他形式への変換できるってのも動画共有サービスへアップロードしたい場合に活用できそーで個人的には魅力を感じます。

体験版使ってみて良さ気なら買おうかな?
そーなると、作ったAVCHD形式のDVDの再生環境が無いんだけど・・・。(^^;A

|

« iVDR対応・・・えっ?チューナー? | トップページ | SSXブラーの操作にちょっと慣れてきた »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/8038305

この記事へのトラックバック一覧です: 「DVD MovieWriter 6」のレビュー記事:

« iVDR対応・・・えっ?チューナー? | トップページ | SSXブラーの操作にちょっと慣れてきた »