« 携帯フィルタリング、未成年の主張 | トップページ | 「W61H」の電子ペーパーは、こんな感じらしい »

2008年2月 5日 (火)

スキー・スノボ遭難相次ぐ

東京でも積雪があった荒れた週末でしたが、残念ながらスキーやスノーボードに関する重大な事故がありました。

栂池の件は滑走禁止になってた初心者コースに入り込んで雪崩に巻き込まれたようで、その後、重体だった1人は亡くなったようです。(元記事

私自身も栂池は滑走経験があって、まさか初心者コースで雪崩なんて思いもしなかったのですが、林間コースだったって事で納得。

今回の件ではコースの状態がオープン→クローズ→オープン→クローズとコロコロと変化した訳ですが、再クローズ時にはパトロールがコース上に人が居ないかは確認しているでしょーから、オープン時に入り込んだ訳では無いと思われます。

なので、指導者側は「初心者を上部ゲレンデに上げた事」も含めて責任追及を逃れる事は出来ないでしょう・・・。

広島の国設恐羅漢スキー場の件はバックカントリーで遭難したよーです。
メンバーはチャンと経験があったよーですが・・・荒れた気象条件下でコース外に出るリスクに対応できるだけの装備だったのか、今後問われる事になりそーです。


【2008.02.06 01:33追記】

栂池の件はもう一人も死亡と最悪の結果となりました。(元記事

一方、広島の件は7人全員が無事に救出されました。(元記事
どーやら島根県側にある廃校になった小学校を見つけて寒さを凌いだよーです。とりあえず良かったですね。

あと、先週末は妙高でも女性プロスノーボーダーの佐々木洋子さんがバックカントリーで雪崩に巻き込まれて重症だったそーです。(元記事
ビーコンを装備してたので迅速に救出できたよーです。(詳細記事

|

« 携帯フィルタリング、未成年の主張 | トップページ | 「W61H」の電子ペーパーは、こんな感じらしい »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/10263552

この記事へのトラックバック一覧です: スキー・スノボ遭難相次ぐ:

« 携帯フィルタリング、未成年の主張 | トップページ | 「W61H」の電子ペーパーは、こんな感じらしい »