« 分離プランは日本のケータイを淘汰する? | トップページ | 私の睡眠時間は5時間未満ですよ »

2008年3月13日 (木)

Amazonの「ほしい物リスト」でプライバシー問題が発覚

Amazonの「ウィッシュリスト」が日本人的に分かりやすい名前の「ほしい物リスト」に変わったんですが、メールアドレスで「ほしい物リスト」を検索すると登録されている本名が表示されちゃってたそーな。

実は数年前の「ウィッシュリスト」の時から危険性を指摘されてたんですが、そのまま放置されてて、ついに日の目を見たよーです。( ̄▽ ̄;A

また、「ほしい物リスト」を友達に知らせる機能があるんですが、外部から簡単に実行できちゃうよーで、コレを利用者から見ないよーにWebページに仕込んでおき、サインアウトしていない状態でページを開くと特定のメールアドレスに「ほしい物リスト」と共に本名とメールアドレスが送られちゃうって話も・・・。

日本には「ウィッシュリスト」の習慣が無く、「ウィッシュリスト」を「備忘録」として使う人が多かったのが主な要因なのかもしれませんが、Amazon側も危険性を指摘されても放置していた経緯もあり、Amazonの過失は結構大きいよーな気がします。

初めてAmazonを利用した時は明確にサインオフするボタンやリンクが用意されてなくて愕然としましたが、そんな程度の意識なのかもねぇ・・・。( ̄▽ ̄;A

あと、Webサービスは利用し終わったらチャンとログオフやサインオフするべきだと思います・・・。

|

« 分離プランは日本のケータイを淘汰する? | トップページ | 私の睡眠時間は5時間未満ですよ »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/11250299

この記事へのトラックバック一覧です: Amazonの「ほしい物リスト」でプライバシー問題が発覚:

« 分離プランは日本のケータイを淘汰する? | トップページ | 私の睡眠時間は5時間未満ですよ »