« VideoStudio 12 | トップページ | Amazonの「ほしい物リスト」でプライバシー問題が発覚 »

2008年3月13日 (木)

分離プランは日本のケータイを淘汰する?

ドコモ新販売方式で加速する“携帯メーカーのドミノ倒し”

三菱撤退やソニエリの騒動を受けて、ドコモの新販売方式の分割払いのせーでケータイメーカの勝ち負けがハッキリし淘汰が進むんじゃないかってコラム。

確かに長く付き合う相方に妥協したくないって気持ちは当然だし、私も待たされまくったにも関わらず浮気せず(つーか、代わりが無かった)W54SAに機種変したしねぇ。

以前のエントリーで機種変のサイクルが長くなってケータイの高機能化にブレーキがかかるんじゃないの?と書きましたが、そんな甘いものでは済まなさそーですね。

でも、期間を縛られるのはauのフルサポートやSBのスパボも同じであることに変わりは無いんだけど・・・何が違うんだろ?

記事中に

新販売方式ではインセンティブによる安易な値下げ/投げ売りもできない。

って書かれているので、ひょっとすると分割払いのせーで、定価販売みたいに販売価格のコントロールをドコモ側が握っちゃって販売店側ではどーにもできないのかも?何かドコモ特有の事情でもあるっぽいですね。

|

« VideoStudio 12 | トップページ | Amazonの「ほしい物リスト」でプライバシー問題が発覚 »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/11250031

この記事へのトラックバック一覧です: 分離プランは日本のケータイを淘汰する?:

« VideoStudio 12 | トップページ | Amazonの「ほしい物リスト」でプライバシー問題が発覚 »