« 年度末&年度始めにつき | トップページ | 又聞きチャオ情報 »

2008年4月 4日 (金)

ソニーからXactiっぽいフルHDのAVCHDビデオカメラが登場

ソニー、フルHD世界最小/最軽量の縦型「ハンディカム」

ソニーからフルHDビデオカメラとして世界最小&最軽量のAVCHDビデオカメラ「HDR-TG1」が発表されました。

おぉ!小さい。
ライバルであるXacti「DMX-HD1000」よりもコンパクトになってます。

特に厚さは32mmとスキーウェアのジャケットのポケットに放り込んでくれと言わんばかりな感じになってます。(笑)

このサイズで明るい光学10倍ズームレンズを積んできているのは流石。
しかし、コンパクトさ故にCMOSの画素数は263万画素とかなり少ないです。
でも、いたずらに高画素化して「室内じゃ使い物にならん!」って感じになるよりはマシかもしれません。

ちなみに画素数の少なさをカバーするため静止画モードでは補完して400万画素相当の画を吐き出してくれるそーです。

その他の機能はソニーのAVCHDビデオカメラに準じてまして、タッチパネルや積まれている「クリアビッドCMOSセンサー」はExmorタイプですし、映像処理エンジンは「BIONZ」で顔認識にも対応しています。

また、筐体がチタン製なのも良いかもしれません。

画素数の少なさとバッテリーの持ちが少々不安なのが気になりますが、静止画がブログに載せてもOKなぐらいのクオリティであれば10倍ズームのコンパクトなムービーカメラとして結構使えるかもしれません。
ちなみにSD画質でも撮影できるそーです。

恐らくXacti「DMX-HD1000」と比較される事になると思いますが、Xactiがプログレッシブの撮影モードがあるのに対して「HDR-TG1」はインターレースの撮影モードしか備えていなかったりするのに、両者似ていますがデジカメ上がりとビデオカメラの派生と生まれが違うことを匂わせているのが何となく面白いよーな気がします。

|

« 年度末&年度始めにつき | トップページ | 又聞きチャオ情報 »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/12230729

この記事へのトラックバック一覧です: ソニーからXactiっぽいフルHDのAVCHDビデオカメラが登場:

« 年度末&年度始めにつき | トップページ | 又聞きチャオ情報 »