« 本物の水玉を使う撥水アクションゲーム「aqua drop」 | トップページ | 風邪を引きずっているんだと思ったら・・・ »

2008年5月30日 (金)

「ダビング10」を人質にしているのはホントは誰なのか?

「ダビング10」の延期問題ですが、ダビング10の延期理由はポータブルオーディオプレーヤーやHDDレコーダーを「補償金(私的録音録画補償金制度)」の対象にする事を巡る権利者 vs メーカの対立と言われていますが・・・なーんか良く見えない。

だって、双方が「相手側がダビング10と補償金をセットにしてくるんだもん!」って主張なんだもん・・・。( ̄▽ ̄;A

って事で、ダビング10の延期問題に関する色々な記事をまとめてみる事にしてみます・・・。

まずは権利者側。
以前のエントリにも書きましたがJASRACのエライ人の見解。

「ダビング10と補償金はそもそも、まったく別の話。ダビング10はコピーワンスへの利用者側の不満から出た制度だ。権利者への適正な対価の支払いを前提としていたことは、メーカーも確認したはずだ。それなのになぜ、ダビング10と補償金を合わせて主張するのか分からない」

と、「ダビング10」と「補償金」は『まったく別の話』としつつも「権利者への適正な対価の支払いを前提としていた」って言ったりして辻褄が合ってないよーな気がする。
『まったく別の話』の『別』ってのは、「ダビング10」と「補償金」では『話の出所が違う』って意味の『別』なんだろーか?

今でも記事に訂正が入ってないので『まったく別の話』ってのは記者さんの誤植ではないっぽい。

ちなみに「ダビング10」は総務省、「補償金」は文化庁から出てきた話だったりする。

続いては同じく権利者側で、経済産業省の中の人だったエイベックスのエライ人の見解。

複数の筋からの情報によれば、数社の家電メーカーは、補償金の対象拡大について権利者側と合意して予定どおりダビング10を始めたい意向という。これに対し一部の家電メーカーは、対応機器の生産が間に合わないなどの事情もあって、ダビング10の開始を1カ月遅らせたいようである。

と、一部のメーカが自分のところの事情によりダビング10開始の引き伸ばし工作を図ってるなんて、「な、なんだってー!」って感じの事が書かれてる。
ただ、内容に憶測と思われる部分が多いので「ホントなの?」って思ってたりしたら・・・このブログでもおなじみのAV機器評論家の小寺信良氏の記事にこんな記述を見つける・・・。

新聞報道では、JEITA側が補償金を飲まなかったので、予定通りダビング10が始められないとする記事が多い。しかしそれ以外にも、ソニー以外のメーカーが、ソニー同様のソリューションが準備できるまで時間を稼ぎたいという思惑もあるのではないだろうか。

今後、ダビング10の開始時期と、各メーカーのレコーダが携帯電話などへの転送機能を実装するタイミングを注意深く観察していくと、本当は何が問題だったのかがわかるかもしれない。

一部メーカの工作活動、マジかよー!( ̄▽ ̄;A

普段は消費者側の立場に立ってタビング10のグダグダっぷりを非難している小寺氏から、こんな話が出てきたのには個人的に結構なショックを受けたりする・・・。

補償金の有無に関して意見が一致しているだけでメーカが消費者の味方では無いことは重々承知しているけど、だからと言ってオリンピックって商機を棒に振るまでして工作活動する事に意味があるの?
もし、工作活動がホントならそのメーカはどんだけ壮大な釣りやってるんだよ!って気がする。( ̄▽ ̄;A

ちなみに「Dpa(社団法人 デジタル放送推進協会)」は

と現状を認識してるよーだけど、何とも言い方が曖昧で何が障害となっているのかハッキリ言わない。

で、メーカ団体である「JEITA(社団法人電子情報技術産業協会)」のエライ人の主張。

こうした状況の中で「ダビング10と補償金は、本来別個に議論すべきものと考えているが、北京オリンピックなどタイムリミットのある現状では、ダビング10と補償金を引き替えに交渉せざるを得なくなっている」(田胡氏)。時間的に余裕のある権利者が、タイムリミットのあるメーカーを揺さぶるという構図が見えてくる。メーカーはダビング10を“人質”に取られた形と言えるだろう。

と、JEITAのエライ人自身はハッキリ言ってないけど、権利者側が「ダビング10を引き換えに補償金を飲め」と言っている事を示唆してる。

では、経済紙であるFujiSankei Business i.の記者さんはどー見てるかと言うと

記事の最後に対立の構図が図解されてて分かりやすい。
一応、ダビング10を人質にしている権利者側という見解みたい。

って事で、ダビング10の延期にまつわる色々な記事を見てきたわけですが・・・やっぱりホントの延期理由は良く分かりませんねぇ。(^^;A

  • 放送業界を所管し地デジ移行を意地でも成功させたいために「ダビング10」なんて妥協の産物を生み出した「総務省」
  • とーぜん権利者側の立場に立って「補償金」の範囲を広げたい「文化庁」
  • メーカを所管して本来なら調整役であるはずなのに蚊帳の外な「経済産業省」

と、国の機関がバラバラに突っ走ってるのに「ダビング10」と「補償金」を『セット』にすること自体にそもそも無理があるよーな気がしている。

・・・で、そんなヤツを結局誰が『セット』にしているわけなの?(^^;A
なーんか水面下で馬鹿馬鹿しい綱引きが繰り広げられているよーな気がしてきたりして・・・。

ちなみに私はダビング10の開始を待っている貴重な存在です。
理由はソニーのBDレコーダー「BDZ-A70」のおでかけ・おかえり転送とテレビ出力できるPSPの存在だったりする。(関連記事

と、ココまで書いて新しい記事がアップされてた。

現在の要因については、「“とあるメーカー”が極めて原理的に拒否反応を示し、議論の経緯も学習しないまま、さまざまな策を労してJEITA内部で多数派工作を行なった結果、と聞いている。また、経済産業省というプレーヤーが新たに参入してきたことで、2年の歳月をかけてたどりついた“文化庁提案”に対する理解が十分でないことからくる、頓珍漢な対応が多々生まれ、混乱にいっそう拍車がかかっている」と現状を説明。それらを配布した資料の中で「ちゃぶ台返し (ノ-_-)ノ ~┻━┻」と表現し、新たに表明された懸念について反論した。

今日行われたダビング10延期に関する権利者側の会見の模様なんだけど、とあるメーカの工作活動があることを示唆して批判してる。( ̄▽ ̄;A

ただ

「そもそもコピーワンスの問題の発端は“メーカーの落ち度”」と説明。「ムーブの失敗やクレームは、メーカーの技術力の未熟さとサポート体制の不備によるもので権利者と何の関わりも無い」

って見解は、明らかに的外れ。

同時に同じ内容が存在しちゃいけない「コピーワンス」の仕様による制約のため、オリジナルを消しながら外部メディアに書き出してる状況で、書き出しに失敗すれば、そりゃとーぜんオリジナルは失われるって話なんだし。

って事で、「技術力の未熟さ」では決してなく、むしろメーカの技術者が「コピーワンス」の仕様を忠実に実装したからこその話だったりする。

メーカの技術者が苦労して「コピーワンス」実装した訳で、本来評価されるはずなのに逆に批判されるのは、ちょっと酷すぎる。メーカの技術者をバカにしすぎ。

って事で、この問題は消費者置き去りのままガチンコ勝負の様相を呈してきました。
ただ、組み合う相手は誰と誰なのか?我々消費者からは相変わらず全く見えてきませんが・・・。( ̄з ̄)

とりあえず、小寺氏が書いているよーに工作活動している“とあるメーカー”はソニーで無いことは確かのよーです。


【2008.06.24 09:34追記】

コピーワンスのムーブ失敗については、後日↓こんなエントリを書いてたりします。

コピーワンスのムーブ失敗は、ある意味メーカの自爆なのかも

|

« 本物の水玉を使う撥水アクションゲーム「aqua drop」 | トップページ | 風邪を引きずっているんだと思ったら・・・ »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/8fd19c070081d7e2821273ea291f075b

これも参考になるかなと。
過去ログにも同様のテーマが幾つか書かれています。

投稿: kj | 2008年5月30日 (金) 21:30

お返事が遅れましたが、池田信夫氏のブログですね。
時々参考にさせて頂いてます。
池田氏の認識だと「文化庁が」って事になってますね。
その時の文化審議会に関する記事へのリンクがあると内容が確認できるんですけどねぇ・・・。

投稿: KAZU- | 2008年6月 3日 (火) 01:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/21276088

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダビング10」を人質にしているのはホントは誰なのか?:

« 本物の水玉を使う撥水アクションゲーム「aqua drop」 | トップページ | 風邪を引きずっているんだと思ったら・・・ »