« 新720p「Xacti」登場 | トップページ | ポイントあれこれ »

2008年7月31日 (木)

Baby Care Report ~Review:Fissler「ニュービタクイック 圧力鍋 4.5L」編~

ドイツのフィスラー社の圧力鍋。
Amazon.co.jpで購入。価格は2万円ちょっとぐらい。(Amazon.co.jpの商品情報

我が子の離乳食を作る場合に野菜を丸ごと煮込むんですが結構時間が必要だったり、同時にガス代も気になるので以前から「短時間で煮込めるの便利」と言われて興味があった圧力鍋に手を出した訳です。

良く調べずにAmazon.co.jpの商品解説やレビューを誤読した自分が悪いんですが、圧力を自動調整してくれるのは同社の「ロイヤル」の方です、「ニュービタクイック」は火力で圧力調整する必要があります。

圧力鍋初心者なので返品して「ロイヤル」を買いなおそうかと思ったんですが、同梱されてたレシピを見てみると低圧側を使用する調理は限られてたので「ニュービタクイックでも良いや」って事になりました。

ちなみに「ニュービタクイック」の圧力装置はシリコンで覆われているため分解不要でお手入れは「ロイヤル」より楽だったりします。

で、届いた「ニュービタクイック」ですが、やっぱり大きい&重い・・・。
おまけに片方のハンドルが長いので収納も場所を取ります。
なので、収納スペースは予め考えておかないと不味いかも?(^^;A

あと、4.5Lの容量は当初「大きすぎるかも?」と思ってましたが、コレでちょーど良かったって感じ。

ちなみに調理するにはタイマーが必要になるので予め用意する必要があります。

では、早速調理開始。

  1. まず蓋にセットされている圧力装置などを点検。
  2. 食材と水を鍋に投入。
  3. 蓋をしてロック。
  4. 強火で煮込む。
  5. 煮込まれるにつれて圧力装置のピンが上がり始める。
  6. ピンに書かれているラインが現れたら弱火にして加圧開始。
  7. と、同時に加圧時間を計測するタイマーOn!
  8. 加圧終了時間になったら火を止める。
  9. その後は自然放置 or 流水をかけて急速冷却して圧が無くなるまで待つ。
  10. 蓋を開けて調理完了。

調理中の蒸気の音は静かで殆ど気になりませんでした。
でも、鍋の中は蒸気が充満してたかと思うと蓋を開ける時はちょっとビビリます。(^^;A

で、てきとーに加圧時間を5分ぐらいに設定しましたが人参が丸ご状態で入ってるにも関わらずチャンと煮込めてました。\(^o^)/
おまけに美味しそーな臭いです。

急速冷却も含めて調理時間はトータルで10分~15分ぐらいかな?
奥様曰く以前は40分~50分ぐらい煮込んでたらしいので調理時間はかなり短縮できて、奥様も大喜びです。

また、先述していますが、圧力装置部分の掃除は、かなり簡単ですし、蓋のパッキンも簡単に脱着できるので、お手入れは普通の鍋感覚とあまり変わりません。
お手入れの手間はモチベーションに直結する部分なのでコレは結構良いと思います。

そんな感じに「ニュービタクイック」は価格に見合った働きをしてくれる訳ですが、重いのは仕方がないとして、一つ面倒なのは、ピンが上がりきるまで見張ってなきゃいけない事。
火を使ってるので当たり前と言えば当たり前なんですけどね・・・。(^^;A

弱火にして加圧状態に入っちゃえば「あとはタイマーが管理」なんですけどね・・・。
ただ、蓋をロックしているので普通の鍋と異なり吹き零れない安心感があるのも良いかもしれません。

ちなみにピンが上がるのを張り付いて見張るのも面倒、つーか、圧力鍋なんて初めてでそんなの自信が無いって方はT-falの温度感知タイマー付き「ワンタッチ開閉圧力なべ クリプソ グランド」なんて代物もあったりします。

・・・えーっと、新しいだけあってT-falの方が良かったかも?_| ̄|○

|

« 新720p「Xacti」登場 | トップページ | ポイントあれこれ »

レビュー」カテゴリの記事

日常・雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/22668961

この記事へのトラックバック一覧です: Baby Care Report ~Review:Fissler「ニュービタクイック 圧力鍋 4.5L」編~:

« 新720p「Xacti」登場 | トップページ | ポイントあれこれ »