« アクセス数が急に増えてビックリした | トップページ | クレジットカードの使い方を見直してみる »

2008年8月 2日 (土)

DQ5のマジコン対策は任天堂の釣りだったりして

ニンテンドーDSのマジコン訴訟――なぜ「不正競争防止法」?

先日お伝えしたマジコン提訴の解説記事。

なぜ提訴理由が「著作権法」でなく「不正競争防止法」なのか?って話。

本来ならマジコンで起動しないよーになってるはずなのに起動しちゃうよーにしてあるのがダメ!って事のよーです。

つまり、ゲーム機本体を改造するための「MODチップ」と「マジコン」は同じ種類の物であるって論法のよーです。

提訴のタイミングが、DQ5のマジコン対策→回避の話で盛り上がってた直後だったので、マジコン提訴のためにDQ5のマジコン対策は餌だったりして?と邪推しちゃったりして・・・。

ところで、「マジコン」には「自作ソフトを起動する」や「購入したゲームのデータをバックアップ」するって大義名分があるわけですが、この「大義名分」vs「違法コピーが起動できる」が焦点になりそーです。

個人的にマジコンの大義名分にツッコミを入れるなら「バックアップのくせにリストアできないだろ」とか「吸い出したデータにDRMを施さないのはダメだろ」って感じ。

|

« アクセス数が急に増えてビックリした | トップページ | クレジットカードの使い方を見直してみる »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/22717465

この記事へのトラックバック一覧です: DQ5のマジコン対策は任天堂の釣りだったりして:

« アクセス数が急に増えてビックリした | トップページ | クレジットカードの使い方を見直してみる »