« 停電&ネット不通ドキュメント | トップページ | 08/09シーズンのBravoski vol.1は9月10日に発売! »

2008年9月 9日 (火)

Review:ネットワークHDD(NAS) LinkStation「LS-WH2.0TGL/R1」

iTunes・デジカメ・AVCHDビデオカメラと、各データがGB級に成長した関係で私のノートPCの内蔵HDD(100GB)を食い尽くしてしまいました。(^^;A

普通に使ってても支障が出そーな雰囲気だったので、以前から狙ってたバッファローのネットワークHDD(一般的に言うと「NAS」)のLinkStation「LS-WH2.0TGL/R1」を購入しました。

購入価格はAmazon.co.jpで43,800円でした。
2TBなので値段が張りますが、コレでも結構安くなってる方だったりして・・・。

LinkStation「LS-WH2.0TGL/R1」(以下、LinkStation)の総容量は先述の通り2TBですが、1TBのHDD×2台と言う構成なのでRAID1(HDDの二重化)によるデータ保護機能が利用できます。(この場合、総容量は半分の1TBとなります)

一応、LinkStationに溜め込むデータが家族のデジカメ写真などの唯一無比なデータなのでRAID1で運用する事にしました。
出荷時はRAID0(HDD2台を連結して1つのHDDに見立てる)となってるのでLinkStation設定画面でRAID構成を変更する必要があります。

また、LANカードはGigabit Ethernet規格の一つ「1000BASE-T」に対応してたります。

導入は同梱された「リンクナビゲータ」のおかげで非常に簡単でした。HDD×2台までしか搭載できない関係もあって大きさは結構コンパクト。
でも、奥行きがもー少し短かったらよかったかも?
また、電源も内蔵しているためコンセントの場所取りに困らないのも○。

ただ、RAID構成をRAID0→RAID1に変更したためデータ再構築に5時間ほどの時間を要していました。
再構築中にHDDとしての利用は可能ですが、パフォーマンスがかなり落ちる場合があるので、導入時に大量のデータを移行する場合は、RAIDの再構成の時間を計画に考慮しておく必要があるかもしれません。
(そんなの気にしないでデータ移行作業をやっちゃっても良いとは思うけど・・・)

動作音はかなり静か。
HDDアクセス時に微かにカリカリ音がしますが、同室に置いてある空気清浄機よりも静かだったりします。
この辺りは、東芝の液晶テレビ「REGZA」に繋いで録画用のHDDに出来るので静音性は結構配慮されてるのかもしれません。

ウリの「PC連動電源機能」は良さ気です。
PCが休止状態から復帰してもチャンと電源が入ってくれましたし、休止状態になると電源が切れました。
(自動起動されてネットワークドライブが見えるよーになるまで、ちょっと時間が必要です)
電源の点けっ放しは結構無駄になるし、HDDを無駄に回したくないので嬉しい機能だったりします。

ただ、添付されてるユーティリティソフト「NASナビゲータ2」をインストールした対PCじゃないと機能しなかったりするっぽいのでDLNAサーバとして使うには結局電源を点けっ放しにするしかなかったりします。(^^;A

LANカードは先述のGigabit Ethernet以外に「Jumbo Frame」にも対応してて効率のよりデータ転送が可能なんですが、私のノートPCのLANカードと「Jumbo Frame」のサイズが一致せず、PC側のLANカードの設定変更後、LinkStation側の設定画面に入れないとか支障が出て使用できませんでした。残念。

とりあえず、試しにiTunes関係のデータを移行してみました。
楽曲データが3GB、動画データが2GB程度あったんですが、中継するHUB代わりのAirStationが「100BASE-T」までしか対応していないので、折角、LinkStation側もPC側の有線LANも「1000BASE-T」対応なのに宝の持ち腐れ状態でのまったりとした移行作業となっちゃいました。

iTunes関係のデータの移行にはちょっと苦労しましたが、何とか完了。
(↑この移行作業については別記事にまとめました

ちなみに、LinkStationにはUSB2.0ポートが2つ搭載されてまして、USBに対応機器を接続する事で

  • デジカメ/ビデオカメラからの直接データ転送。
  • 外付けHDDの増設して容量アップ。
  • 外付けHDDへのデータのバックアップ。
  • プリンタの共有。

と、結構多機能だったりします。
(ただ、USB2.0ポートは背面にしかないため、デジカメのデータ転送を頻繁にやる場合には使い辛い気がします)

で、データが入った訳ですが、いくらRAID1とは言え、LinkStation内蔵HDDは「EXT3」と言うLinux向けのフォーマットらしく、LinkStation本体が逝ってしまった場合に取り出した内蔵HDDをPC(Windows)に繋いでもデータを救い出すのは難しかったりします。

そこで、USB接続の外付けHDDが手元にあったのでLinkStationのバックアップ機能を利用して外付けHDDへのバックアップを試してみました。

(ちなみに手元にあった外付けHDDはPC乗換え時に不要になったHDDをセンチュリーの「NEWニコイチBOX」ってHDDケースに突っ込んで外付けHDDに仕立て上げたヤツだったりする)

その場合の注意点としては以下の通り。

  • LinkStationは、外付けHDDの1つ目のパーティションしか認識しない。
  • 外付けHDDのフォーマットがNTFSではダメ。(PC系と同じフォーマットを使用したい場合は、FAT16またはFAT32にする必要がある)

NTFSの中身自体は認識してるっぽいんですが、Q&AによるとNTFSのパーティションにLinkStationは書込みが行えないよーです。

外付けHDDには2台のHDDを組み込んでて、その2台目をバックアップ先に使いたかったし、オマケに両方ともフォーマットがNTFSだったりしたので、結局分解してHDDを1台にして、FAT32にフォーマットしました。

ちなみにWindowsXPでFAT32によるフォーマットは32GBまでと意図的に制限されちゃってますので、バッファローが提供しているフォーマッタを使用してフォーマットしました。

フォーマットしたので、とーぜん外付けHDDの中身はクリアされたんですが、元々バックアップ用に使ってたヤツで、オリジナルデータがPC上に残ってるので、作業自体は苦になりませんでした。

そしてLinkStationと外付けHDDを接続し、バックアップタスクを設定。

・・・の前に、通知メールの設定をしてると、バックアップの開始時と終了時にLinkStationが通知メールを飛ばしてくれたりします。
ただ、「POP before SMTP」を含めてメール送信時の認証をパスできるよーな機能は無いっぽいので単純にメールを飛ばせる環境でないと通知メール機能は使えないので注意が必要です。
(ちなみに通知メール機能の設定画面ではテスト送信できたりする)

で、バックアップタスクを設定。
詳細はコチラを参照していただきたいんですが、結構チャンと運用できるよーに設定できたりします。

電源連動機能が有効になってる状態でLinkStationの電源が切れてても、バックアップ時間になれば、LinkStationは自動起動し、終了すると電源が切れます。
【2010.11.10追記】
上記記述は誤りでした。現在試してみると指定時刻になってもバックアップが開始されません。
【2010.11.21追記】
電源連動しているPCの電源をスケジュール化することでタイマーバックアップを行えるよーにしました。詳しくはコチラをご覧ください。


もし、外付けHDDがUSB連動機能を持ってる場合は、LinkStationの自動起動・自動電源Offに連動して外付けHDDも電源On/Offが出来るので結構(゚Д゚)ウマーな運用できます。

「NEWニコイチBOX」もUSB連動機能を装備してたので、バックアップと連動して電源On/Offして余計な騒音&電力を抑えることが出来ました。

1時間弱でバックアップ終了通知メールが到着。
チャンとバックアップ出来たっぽい。

早速、外付けHDDをノートPCに繋げて中身を確認してみると・・・チャンと中身は入ってました。おー!(^o^)

バックアップ用外付けHDDも電源が連動するのは良いんですが、常時LinkStationに繋げてるとバックアップ時以外の通常利用時でも電源が入っちゃうのでバックアップの完全自動化するには何か手を考えないといけないですね。
単純に出来そーなのは、こんな感じの電源タイマーを外付けHDDのプラグに突っ込んで、バックアップタスクの実行時間帯だけ電源をOnするよーにするぐらいでしょーねぇ・・・。

何だか外付けHDDへのバックアップ話が中心になっちゃってますが、家庭用NASとしてコンパクトで静音性を確保している点と、「PC連動電源機能」による節電で十分合格だと思います。

最も重要な信頼性は長期間使ってみないと何とも言えませんが、外付けHDDへのバックアップが可能だったりするので上手く運用すれば機器の故障により大事なデータを無くしちゃう事故も防げるんではないかと思います。

今回メディアサーバとしての機能は全く利用していませんが、PS3またはBDレコーダー購入の暁には試してみたと思います。(笑)
多分「電源のOn/Offfが面倒だなぁ」って利用頻度はイマイチかもしれませんが、AVCHDの動画データをまともに表示できる機器が無いので、その用途では使いそーな気がしてます。
(DLNAクライアントから、DLNAサーバのリモート起動が出来れば良いのに・・・。( ̄з ̄))

|

« 停電&ネット不通ドキュメント | トップページ | 08/09シーズンのBravoski vol.1は9月10日に発売! »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/23609358

この記事へのトラックバック一覧です: Review:ネットワークHDD(NAS) LinkStation「LS-WH2.0TGL/R1」:

« 停電&ネット不通ドキュメント | トップページ | 08/09シーズンのBravoski vol.1は9月10日に発売! »