« 2TBまでサポートするSDカード「SDXC」 | トップページ | グダグダな質疑 »

2009年1月 9日 (金)

フルHDの3板式を採用したパナソニックのAVCHDビデオカメラ

パナソニック、フルHD 3板式を採用したビデオカメラ

時期的には珍しいですが、パナソニックがAVCHDビデオカメラの新機種を一気に4機種発表しました。

それぞれは記録メディアの違いだったりしますが、内蔵メモリ+SDメモリカードのツインメモリにしてきた「HDC-TM300」が新たに加わっています。

前機種の「SD100」で「解像度感が低い」と酷評されてた3MOSですが、今回はセンサーを1/6型から1/4.1型に大型化し画素数もアップ(総画素数61万画素→305万画素)してフルHDに対応できる総画素数305万画素のMOS×3枚で915万画素としてきました。
更に公式サイトの解説によると画素ずらしもしていて擬似的にですが更に解像度を得られるよーにしてあるそーです。
(ちなみに動画時は207万画素×3枚で621万画素だそーです)

また、最低被写体照度は1.6ルクスに向上してたりします。(従来は2ルクスだったはず)

オマケに使い勝手の良い「おまかせiA」に加えて同社のデジカメ同様に「追っかけフォーカス」も搭載しました。
オマケに「おまかせiA」は静止画モードでも使えるよーになってるそーです。

小型化に伴って横配置になってしまい操作性が悪くなってしまってた十字キーを撤廃してソニーのハンディカムライクなタッチパネルによる操作になってたりします。
(なので「追っかけフォーカス」はダイレクトに被写体を選ぶことができます)

あと、HS300・TM300だけですがインターバル記録モードが追加されたので夏休みの自由研究でアサガオの観察とかに使えるよーになってたりします。

「残念画質」の原因だったSD100の3MOSが今回リニューアルされて動画撮影時も解像度がチャンとフルHDとなりました。
コレによりどれだけ画質が向上するのか気になるところです。

ってことで誰かのレビューに期待です。(笑)
でも、ココまでやるなら笑顔検出もやっぱり欲しいよねぇ?

|

« 2TBまでサポートするSDカード「SDXC」 | トップページ | グダグダな質疑 »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/26945178

この記事へのトラックバック一覧です: フルHDの3板式を採用したパナソニックのAVCHDビデオカメラ:

« 2TBまでサポートするSDカード「SDXC」 | トップページ | グダグダな質疑 »