« ビクターはHDD搭載で世界最小/最軽量のAVCHDビデオカメラ | トップページ | スペック房によるレビューなしの独断と偏見なビデオカメラ選び(09年1月版) »

2009年1月17日 (土)

キヤノンの「HF S10」が日本でも発表

キヤノン、859万CMOSとDIGIC DV III搭載のAVCHDカメラ

大きなレンズが特徴的な「HF S10」が日本でも発表されました。

ウリの「ダブルメモリー」もそのままで、総画素数約859万画素の「キヤノン フルHD CMOS」を載せてきました。
コレだけの高解像度の撮像素子を載せたので、それに見合うレンズとしてフィルター径58mmの大きなレンズを積んできたよーです。
ちなみにズーム倍率は10倍とちょっと下げた代わりに画質を重視したそーです。

動画撮影時でも約601万画素で映像信号を呼び出してフルHD解像度(約200万画素)にリサイズしているお得意のパターンは健在のよーです。

また、映像エンジンが「DIGIC DV III」となり搭載が遅れてた顔認識も積んできましたし、ダイナミックレンジも従来機種に比べて25%拡大したそーです。

最低被写体照度が約0.3ルクスで「すげぇ!」と思ったんですが、シャッタースピード1/2秒のナイトモードの場合だそーで、Pモードでシャッタースピード1/30秒の場合は約4ルクスと思ったより暗いシーンに強い訳では無さそう・・・。

あと、3秒前から遡って撮影できる「プレRECモード」や撮像素子の中央部のフルHD解像度分の画素だけを使って擬似的にズームする「デジタルテレコン」や、動画から1秒間を連写した静止画として保存できる「あとから連写」もできるそーです。

静止画時は約802万画素とコンパクトデジカメに匹敵する解像度を備えたビデオカメラとが登場した訳で、コレにより「デジカメ不要」ってのがホントになってくるのか期待です。

あと、思うんですがソニー・パナソニック・キヤノンとも最上位モデルの価格が従来より数万円アップしてたりする。(多分)
確かに新しい撮像素子やレンズを積んできた贅沢な物になってるんですが、ちょっと手が出し辛いって印象もあったりします。
その一方でお手軽ハイビジョンな機種も出てたりするんですけど・・・。

|

« ビクターはHDD搭載で世界最小/最軽量のAVCHDビデオカメラ | トップページ | スペック房によるレビューなしの独断と偏見なビデオカメラ選び(09年1月版) »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/27207881

この記事へのトラックバック一覧です: キヤノンの「HF S10」が日本でも発表:

« ビクターはHDD搭載で世界最小/最軽量のAVCHDビデオカメラ | トップページ | スペック房によるレビューなしの独断と偏見なビデオカメラ選び(09年1月版) »