« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月の17件の記事

2009年3月31日 (火)

フィギュアスケートの国際大会なのに広告が日本企業ばかりなのでバーチャル広告かと思って必死にググってた

1歳児の我が子も何故か「テレビがつまらん、DVD見せろ」と言わずにチャンと見てるフィギュアスケートですが、ちょっと前から「スケートリンクの広告が日本企業ばかりだな」って不思議に思ってました。

で、

インパクトの強い「バーチャル広告」WBC中継の日本企業広告に登場

と、ちょーどWBCの中継時の「バーチャル広告」が印象に残ってまして

ひょっとしてフィギュアスケートの広告もバーチャル広告なのか?
だとしたらあまりにも自然すぎてスゲェぜ!

と思ってしまい、ググって調べちゃってました。

どーやら、アレはチャンとした(?)リアルな広告だそーな。
国際スケート連盟を後援する11社のうち9社が日本企業らしい。

ま、まぁ、日本のフィギュアスケート人気ってスゴイからなぁ・・・。(^^;A

でも、「バーチャル広告」って違和感を感じる。
「CG合成の不自然さから来る違和感」って話じゃなくて「あたかもソコにあるかのよーに映ってる」事に・・・。
何か「騙されてる」って気になる。

今はリアルタイムなCG合成技術の限界で不自然さが残ってるから「あー違うな」と見破られるけど、技術レベルの向上により、より自然になったら、みんなコロっと「リアル看板だ」って騙されるんじゃないかなぁ?

ちなみに博報堂DYメディアパートナーズのニュースリリースに「日本初のバーチャルCMの効果検証結果について」ってのがあるんだけど、それによるとバーチャル広告は、日本民間放送連盟(民放連)による自主規制の対象になってるそーな。

つーか、PDFのリリース日が2005年6月になってったりする。
バーチャル広告ってそんなに古い話なのか!

ひょっとして、イチローのメジャー初試合の時の中継映像で映ってた任天堂の看板もバーチャル広告だったの?不自然さを全然感じなかったんだけど・・・。
と、ショックを受けつつ調べたら、アレはロールスクリーンみたいになってる看板でイニング毎に巻き取って変えてるそーな。
「あー、サッカーの看板と一緒かぁ」とちょっと安心した。

つーか、「すぽると!」で十分な自分も含めて野球ってのを普段全然見て無いって事がバレバレだよねって思った。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近所のマックのドライブスルーでオーダーミス率が高い件

月1ぐらいで日曜日の朝食をマックのライブスルーで調達するんですが、オーダーミス率が高い。

「ホットドック」「ホットケーキ」「プチパンケーキ」と語呂や印象が似てるものを頼むせーかもしれないけど、時間帯的に店員が少なくてテンパってる感じ。
オマケにメニューの多さも混乱に拍車をかけてるよーな気もする。
あと、声だけでやり取りするドライブスルー特有の事情もあるかもしんない。(店頭ならメニューを指差す事で向こうも確認できる)

で、向こうが混乱しないよーに気を使ってセットはメニュー番号で伝えてるのにそれでも間違えるでやんの。( ̄з ̄)

先日なんて、レシートを受け取ってから確認して「違うよ。全然違うよ。ホットドックはセットと単品1つずつだよ」と伝えてたけど、さらに混乱して何故かホットケーキが2つになってた。「ホット」違いだよ!_| ̄|○
ドライブスルーだからその場で中身の確認しないし・・・。

こんなんならタッチパネルでコッチが操作するか、ケータイアプリからオーダーを赤外線送信できるよーにして欲しかったりする。

つーか、ケータイアプリからオーダーって「かざすクーポン」でもぅやってるんだよな。
早く岐阜でも対応してくれー!

でも、ドライブスルーじゃオーダーのところに「かざすクーポン」用のリーダーが設置されて無いからオーダーはマイクでやるのであんまり意味が無いけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

フルHDのAVCHD撮影対応したマイクロフォーサーズ規格の「LUMIX DMC-GH1」

パナソニック、フルHD AVCHD撮影対応のデジタル一眼「LUMIX」

「DMC-G1」の発売当初から予告されてたフルHDの動画撮影に対応したマイクロフォーサーズ規格のデジタル一眼カメラ「DMC-GH1」が日本でも発表されました。

フルHD動画はAVCHDで60iですが、撮像素子の性能上、出力が24fpsのため純粋な60iではないよーです。
その代わり1段落とした720pでは60fpsを実現しているそーで、基本的には720pをメインに使うと言うことのよーです。

その他、AVCHD以外に720pまでですがMotion JPEGにも対応してます。
(ただし30fpsになります)

マイク端子も装備されてたり、レンズキットのレンズは動画向けに考慮されてたり、AFやAE制御も動画向けに滑らかに動作するよーにチューニングされているそーです。

滑らかなAF・AE制御は「DMC-TZ7」辺りでもやってるし、動画の撮影ボタンを別途用意してモード切替を不要にさせてたりするところなんかも共通してるので、パナソニックのデジカメ部門の「動画」に対してのコンセプトはコンデジもデジタル一眼でも一貫してて分かりやすいかもしれません。

「デジタル一眼でも"LUMIX"」ってのは今回も貫かれています。

また、レンズキットのレンズは35mm判換算で28mmからの10倍ズームと普段使いから使いやすいのも良いかもしんない。(F4.0-5.8とちょっと暗いけど・・・)

ちなみに価格はレンズ付属で15万円前後の見込み。

ズームに関してはビデオカメラの方が電動だけにスムーズだけど、ビデオカメラとそれほど価格差が無く、ココまでのチャンと動画対応してるのを見せられると同社の「愛情サイズなんていらなくね?」って気がしたりもする。(^^;A
まぁ、動画撮影時の制限がビデオカメラ程度に無い事が条件だけど・・・。

で、動画撮影中に静止画撮影はできないっぽいので、子供のイベント時に動画か?静止画か?で悩んだ挙句、結局2人で2台体制とかになるよーな気がしますが・・・。( ̄▽ ̄;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「FED」の事業化を断念

「FED」の事業化を断念。資金調達難のため

ブラウン管に近い自然な高画質が実現できる次世代ディスプレイとして注目されてた「FED」ですが、世界的不況の煽りを受けて資金調達難に陥り事業化を断念するそーです。

プラズマパネルの生産を終えるパイオニアの鹿児島工場を買収する予定だったのも断念してたんだね。

東芝とパナソニックの共同出資会社の有機ELの量産も延期らしいし・・・。

うーん、残念っす。(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カメラを一振りするとパノラマ合成してくれる高倍率Cyber-shot「DSC-HX1」

ソニー、1080p AVC撮影対応/Exmor搭載「サイバーショット」

「Exmor」CMOSセンサーと20倍の光学ズームを搭載した「Cyber-shot DSC-HX1」が発表されました。
1,440×1,080ピクセルで30fpsのH.264形式の動画撮影にも対応しています。

で、面白いのがカメラ内にジャイロが搭載されてて連写機能を使った「スイングパノラマ」機能ってのが搭載されています。
コレを使ってカメラを左右または上下にスーっと振ると連写した画像を合成して1枚のパンラマ写真を作ってくれます。

風景を撮りたい人には非常に便利な機能かも?

あと、連写を使ってノイズやブレを軽減する「手持ち夜景モード」ってのも搭載されてます。

「スマイルシャッター」も、もちろん搭載。

鷲ヶ岳や白鳥高原に行って、白山方面を見るとホントにキレイなのでパノラマ写真を撮りたい気分になってくるけど、こーゆー機能があると良いなぁと思ったりもします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

骨伝導なBluetoothヘッドセット

プリンストン、骨伝導方式採用のBluetoothヘッドセット

スピーカー出力+骨伝導で雑踏の中でもクリアな音質を実現してるBluetoothヘッドセット「PTM-BEM5」が発表されました。

あと、ノイズキャンセリング機能や聞き取りやすい音声に調整する「Self-Tune(セルフチューン)」機能も搭載してたりする。

その割に値段は予想価格で7,800円前後とそこそこお手頃だったりします。

Jabraの「BT530」が欲しかったりしてましたが、コッチでも良いかも?

ただ、「PTM-BEM5」ってEDR対応して無いっぽいんだよね。
EDRの有無がどれだけ音質の差になるのか実感はないけど・・・。

あと、ヘッドセットって「装着感」も非常に重要なので実際に使ってみないと「どっちが良い」とはなかなか判断できないのが辛いところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

午前0時ぐらいのEMチャージサービスサイトは繋がりにくい

この前の三連休は奥さんの実家で過ごしていたんで、自宅外のネット用にイー・モバイルのデータカードをEMチャージで利用しよーとしてEMチャージサービスサイトに繋げて1日定額プランに変更しよーとしたんですが・・・繋がらない。( ̄з ̄)

1時間使い放題以外の定額プランは午前0時が基点となっているため、午前0時を過ぎるとみんな一斉にプラン変更しているみたい。
やっぱ、みんな考える事は一緒かぁ。(^^;A

おかげで、クリック→タイムアウト→戻る→クリック(以下繰り返し)を延々ヤルはめに。
オマケに遷移する画面数多いんだよねぇ。( ̄з ̄)

なのでプラン変更を予約できるよーな仕組みがあれば良いのにと思ったしだいです。

それと、ネットに繋がるとDropboxなんかが一斉に動き出すのでプラン変更前の従量課金状態の時に通信されちゃって(ノ∀`) アチャーな事になりました。
そーゆーのは予め終了させておかないとね・・・。
(ブラウザのホームページ設定は空白ページになってるんだけどね)

あと、三連休程度なら1日定額+自動更新で乗り切るのが良いなと実感。
自動更新は連休最終日に解除する必要があるけど、自動更新の解除は随時出来るので午前0時に「サイトが繋がらん!」と苦労する事を考えれば、その程度の手間はトレードオフだと思う。

ちなみに4日使うなら7日定額の方が割安です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぎふっこカードのWebサイトがリニューアルしてた

ぎふっこカード 岐阜県子育て家庭応援キャンペーン事業

岐阜県子育て家庭応援キャンペーン事業「ぎふっこカード」のWebサイトがリニューアルされたよーです。

以前の「なんじゃこりゃ( ̄▽ ̄;A」って感じのチープさが一新されて今時なWebサイトとなっています。

あと、よーやく参加店舗を検索できるよーになりました。
・・・おー、「県域統合型GIS」とも連携してるのね。

ケータイサイトもオープンしているよーで、PC側と同じURL(http://www3.pref.gifu.lg.jp/pref/g-card/)でアクセスできるよーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どーやら「FinePix F200EXR」は赤外線通信機能を省かれているらしい

【伊達淳一のデジタルでいこう!】富士フイルムFinePix F200EXR

↑この記事を読んで「FinePix F200EXR」に赤外線通信機能がない事を知ってショックだったんですが、カメラやさんで確認してみるとチャンと赤外線通信ポートらしき部分がある。

誤植なのかな?

と思ったんですが、調べてみると・・・。

IrSimple/IrSS赤外線通信ポートについて

上記は価格.comの書き込み。

どーやら、コストダウンのために「FinePix F100fd」のデザインを流用したため紛らわしいデザインになってるっぽい。

その割に赤外線通信ポート部に使われている素材が普通に透過素材っぽかった。
素人考えでコストダウンするなら透過素材なんか使わないよーな気がするんだけど・・・。

なので、書き込みにあるよーに「ギリギリまで赤外線通信ポートの搭載を検討してたんじゃないか?」って妄想は私もしてたりします。

「スーパーCCDハニカムEXR」とか「スーパーiフラッシュ」とか非常に魅力的な製品なんだけど、特徴的だった赤外線通信機能が無いって事に赤外線通信機能の便利さを知ってしまったFinePixユーザとして妙にショックを受けたりします。

他社が追随しないのでコストダウンのために削るって話も分からなくは無いんですが、最近ではケータイのIrSimple対応にしたがって対応周辺機器が増えてきているので追い風になってると思うんだけどなぁ・・・。

つーか、「FinePix F200EXR」と同時に発表されたデジタルフォトフレーム「DP-70SH」のウリに高速赤外線通信対応ってのがあるくせに「なに自己否定してるんだよ」って思ったりもする・・・。( ̄з ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

滑走日数6日目(鷲ヶ岳スキー場)

【日 付】: 2009年3月21日(土)
【場 所】: 鷲ヶ岳スキー場
【天 気】: ピーカン!
【気 温】: 暑い
【コース】: 早朝ナイターエリアは大体OK+ブナ平コース
【積 雪】: 公称155cm(雪質:スノーマシン+クラッシュアイスでなんとかコースを維持できているよーな感じ&完全に春雪)
【リフト】: 4/5(待ち時間:最大で10分だけど、昼ぐらいから5分程度)
【道 路】: 往復共に問題なし
【駐車場】: そこそこ埋ってた(駐車料金:1000円)
【パーク】: キッカー(2way(6m・10m)・8m・5m・3m)、ヒップ(ランディングはレフトサイドのみ)、ボックス(普通のヤツ・ナナメ)

「今シーズン最後(のはず)」のスキーって事で割引チケットなんかがあったので消化するためにハラくんと一緒に鷲ヶ岳となりました。
鷲ヶ岳に足を踏み入れるのは、すげぇ久しぶりです。

朝出発でしたが東海北陸道も渋滞も無く順調に現地に到着。
到着時刻は8時30分ぐらいでしたが駐車場は半分ぐらい埋ってたと思います。

この日は気温が上がることが予報されてたのでロンT+Tシャツ+ダウンベストって装備で滑ってましたが・・・それでも暑いぐらいでした。

20090325_ski_01
ゲレンデの様子。ピーカンです。

20090325_ski_02
白山もキレイに見えました。

パークはキッカーやボックスが充実しているものの、肝心の8mと2wayの10m側が前日の雨でやられたよーで、長めの整備後に遅れてのオープンとなりました。

20090325_ski_03
上部の8mキッカー。
その他、3mと5mキッカーも設置されてました。

20090325_ski_04
6mと10mの2wayキッカー。
幅が広いので結構飛びやすいし、あんまり大きく感じなかった。

20090325_ski_05
2wayキッカーを別アングルで。
人気アイテムのため待ちが長い・・・。

20090325_ski_06
ヒップの様子。昼頃にはランディングがガタガタになってました。(^^;A
あと、上部から直下って全越え狙いの人も数人居ました。

20090325_ski_07
あと、ボックス。4つぐらい設置されてました。
そのうち1つは斜めに傾斜をつけて設置されてました。
斜めボックスは乗ってみようと思いつつも乗ってません。(^^;A

で、鷲が岳に足が向かない理由の一つにリフトもパークも待ちが長いことが挙げられるんですが・・・やっぱり長かった。
特に人気の2wayキッカーだと10m側でも、20人ぐらい待ちが発生します。
これは昼ぐらいになってリフトの待ちが解消されてきても、2wayキッカーの並びは相変わらず。( ̄з ̄)

あと、キッカーは幅が大きくて飛びやすいんですが、飛び過ぎたり、逆に思ったより飛べなかったりと調整が難しい印象がありました。
これは春雪のせーかもしれませんが・・・おかげでハラくんも苦戦してたりして・・・。

雪質は時間を追うごとに悪化して昼頃にゲレンデ下部は激しいストップ雪でつんのめりそーになりました。( ̄з ̄)

で、久しぶりのスキー&良い天気でオマケに調子もソコソコ良くテンションも上がってたんですが、2wayキッカーの10m側がオープンして2発目にグラブを意識しすぎてバランスを崩し体勢が横倒しになちゃってそのままランディングに叩きつけられちゃいました。
オマケに調子に乗ってたので結構な勢いで飛び出しちゃってたんですよね。(^^;A

「悪い癖が出たなぁ」と反省しつつ起き上がって滑り始めるんですが・・・左足の股関節の内側に違和感があって左足に体重がかかると神経を触ってるよーな嫌な感じの痛みが走ってテンション急落。
と言う訳で、本日のパークライドは早々に終了。(´;ω;`)
その後は滑るだけでいっぱいいっぱいだったので、ハラくんの動画を撮ることにしてました。(でも、動画のために数回キッカー飛んだけど)

で、なんだかんだと15時まで滑って駐車場に戻る訳ですが歩くのが辛い辛い。さらに着替えよーとジーパンを履く際に左足一本状態で右足を上げると痛くてジーパンが履けませんでした。

この時点で思ったより痛い事にショック。
つーか、落下の際に打ったところとは違うところが痛い事に徐々に不安が膨らんできたので、帰宅後に近くの病院に救急外来で入って骨盤のレントゲンを撮ってもらいました。

幸いにも骨折は見受けられなかったんですが、「今はヒビまでは分からん」と言われました。
痛み止めを注射して治療は終了。
でも、とりあえず骨折してなくて良かった。(^^;A

んで、次の日はさらに筋肉痛に襲われて動くのが大変だったりします。
おかげでダッシュする我が子を追いかけられなくて困りました。
自業自得で怪我してるので奥さんに堂々と怪我人面できないし・・・。(笑)

で、月曜日にチャンと診察を受けたんですが

先生:痛みはどう?

KAZU-:徐々に引いてます。

先生:何処が痛い?

KAZU-:ズボンを履こうと左足一本で立って右足を膝近くまで上げると左足の付け根の内側が痛いです。

先生:まぁ、骨折してないから1週間様子を見て。
先生:歩けるよね?

KAZU-:はい。

・・・以上で診察終了。( ̄▽ ̄;A
念のため痛み止めを少し貰いました。

うーん、奥美濃のスキー場がクローズする(多分4/12)までに治らないかなぁ?
日に日に痛みは引いてる実感があるので「何だかいけそうな気がするぅ~」って気もしてますが・・・。(ぉぃ)

もし、これで今シーズン終了となるとちょっと無念かも?_| ̄|○
まぁ、大きな怪我も無くて良かったですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

モノフェローズReview:ホームネットワークビューワ「ALBO HNV-M70」その2~ネットワーク連携編~

みんぽす
このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビューサイト「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います) レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら

前回、三洋電機のホームネットワークビューワ「ALBO HNV-M70」のデジタルフォトフレームとしての基本的な部分をレビューしましたが、今回は「HNV-M70」の最大の特徴であるメールの受信/表示/返信や写真共有サイトとの連携が出来るネットワーク連携をレビューしたいと思います。

■無線LAN

「HNV-M70」はネットワーク連携を利用する場合に無線LANを使ってインターネットへの接続を行います。

無線LANのセットアップは「簡単セットアップ」で有名なバッファローの「AOSS」に対応しています。

20090316_review_01
無線LANの設定画面。
「AOSS」による設定が可能。

幸い我が家の無線LANのアクセスポイントはバッファロー製で「AOSS」に対応していますのでコレを使って無線LANのセットアップを行ってみました。

「アクセスポイントと情報を交換しています」でかなり待たされましたが無事に設定が完了。

設定内容を確認して「接続する」を選ぶと、また少々待たされますが無線LANへ接続されます。

無線LANの接続が完了すると画面右上に無線のアイコンがしばらく表示されます。
ちなみに無線LANの接続先設定は10件まで登録できるようになっています。

20090316_review_02
無線LANに接続している事を表すアイコンが画面右上に表示される。
[メニュー]ボタンを押した場合にも表示される。

また、電源ボタンを押して電源を切った場合、次回電源を入れても自動的に無線LANの接続は行われません。
なので、メニューから無線LANの接続をするように操作する必要があります。

ちなみに照度センサーや表示On/Off機能で画面表示がOffの時は無線LANはそのまま繋がった状態となります。

また、ネット接続を行った場合、時刻をネット上から取得し自動的に設定&補正できるよーになります。

20090316_review_04
時刻設定で自動を選ぶとネット上のNTPサーバから時刻を取得しているよーで自動的に時刻を設定&補正をしてくれる。

■PC連携

上記の無線LAN接続が完了すると同一LAN上のPCのWebブラウザを利用して「HNV-M70」の設定を行えるよーになります。

20090316_review_03
PC連携の様子。
PCのWebブラウザを利用して設定を行える。

メールや写真共有サイトに関する設定を行う場合にPC側からキーボードを使って設定作業を行えるので見た目は地味ですが非常に便利な機能だったりします。

で、利用するにはPC側のWebブラウザに「HNV-M70」のIPアドレスを入力してアクセスするんですが・・・先ほどの「AOSS」を使った設定では我が家の場合はDHCPを使う設定になっていたので設定画面にはIPアドレスは表示されていませんでした。

どーやって調べるんだ?と悩みつつ説明書を見てみると無線LANの接続先設定画面で確認できると書かれてました。
「さっきの設定時に表示されてなかったんだけどなぁ」と思いつつ、再度接続先設定画面を表示してみると・・・あっ、割り当てられたIPアドレスが表示されてました。

20090316_review_05
自動割当されたIPアドレスは無線LAN接続後、ネットワーク設定で編集画面を再度表示するとIPアドレス欄に表示される。

あー、1回はLANに繋がないとIPアドレスは割り当てられないもんね。(^^;A

と思いつつも、設定画面で現在のネットワーク状況を表示されるとは思わなかったので、現在のネットワーク状況を表示する専用の画面が欲しかったなぁと思ったりも・・・。

んで、無事に「HNV-M70」にアクセス設定が行えるよーになりました。

で、PC側から見える「HNV-M70」の設定画面ですがホントに設定画面だけで画像に関する操作は行えません。

画像のアップロードなんかも含めて画像データの操作も出来ればよかったのになぁ・・・。( ̄з ̄)

ちなみに「HNV-M70」本体側で何か操作している最中にPC側からはアクセスできません。
また、PC側からはログインしている場合は、本体の画面にメッセージが表示されてスライドショーも一時停止します。

20090316_review_06
PC連携中は「HNV-M70」本体側にメッセージが表示されてスライドショーが一時停止している。

■メール

「HNV-M70」はメールを受信してメールの内容や添付されている画像を表示する機能があります。

ただ、メールを取得した際にサーバからメールを削除してしまうので普段使っているメールアドレスは使用できません。
(正しくは受信アドレスを限定する事で普段使っているメールアドレスを使う事も出来るけど、実用的ではないので別途専用のメールアドレスを用意したほうが無難)

で、「Yahoo!メール」を全く利用してなかったのでコレを使ってみました。

「Yahoo!メール」のPOPアクセス機能が必要となりますのでPOPアクセス機能を有効し、その際に案内される設定を「HNV-M70」に行います。

ただし、SMTPに関しては利用しているISPが「Outbound Port25 Blocking」を採用していたのでSMTPはISPが提供しているサーバを利用する必要がありました。
「HNV-M70」の設定画面にはポートの設定はあるもののSMTP認証に関する設定がありませんので素直に利用できるSMTPサーバを利用するしかありません。

設定完了後、「Yahoo!メール」宛に画像を添付したメールを送信。
送信完了後、「HNV-M70」の[OK]ボタンを長押しして手動でメールの取得を行いました。(通常は設定した一定の時間間隔で自動受信します)
無事にメールが受信されてメールの内容と添付されている画像が表示されました。

20090316_review_07
表示されたメール。メールの内容と添付されている画像も表示される。

で、返信してみます。
「HNV-M70」のメール返信は数種類の定型文を選んで返信するだけの単純な物です。
この時のカーソルキーの動きが悪くなるのがちょっと気になります。

20090316_review_08
メールの場合、メニューに「見たよ返信」が表示される。

20090316_review_09
「見たよ返信」を選ぶと定型の返信メッセージを選択でき、返信を行うことができる。
この時のカーソルの動きが遅いのがちょっと気になったりして・・・。

無事に返信も完了。
チャンとメールが返信されました。

ちなみにメールは画像として本体内に保存されていて、該当する画像を表示すると同時にメールの内容も表示されます。

■Picasaウェブアルバム連携

「HNV-M70」は写真共有サイトの「Picasaウェブアルバムby Google」や「フォト蔵」の画像を取り込んだりする機能があります。

今回はアカウントを持ってる「Picasaウェブアルバムby Google」を利用したいと思います。

設定画面は「アカウント名」・「パスワード」・「巡回間隔」を設定します。

20090316_review_10
Picasaの設定画面。

ちなみに「アカウント名」についてはGmailユーザならPicasaウェブアルバムのWebサイトのログイン同様にGmailのユーザ名でも動作するよーです。

ただ、本体に取り込まれるにはアルバムを公開状態にしておく必要があるよーです。
当初「非公開」や「認証が必要」にしてたため一向に表示されず悩みました。

コレに関しては何かメッセージが表示される訳でも無いし、説明書にも特に記載がないので注意する必要があると思います。

Picasaウェブアルバム側の仕様のせーかもしれませんが、アルバムを公開するにはプライバシーの配慮する必要があるので悩ましい問題だったりします。
(ソニーの「VGF-CP1」はどーなんだろ?説明書を読んでみた限りでは「非公開」でもOKっぽいけど)

オンラインアルバムから取り込まれた画像は本体内に格納されていますので、その他の画像同様にデータ整理を行う事が可能です。

ちなみに取り込まれた画像は536×715ピクセルにリサイズされているよーです。

で、チャンと動作すれば次々と新しい画像がダウンロードされて表示されるので結構楽しかったりします。

■RSS受信

ニュースサイトなどのRSSを受信して最新のニュースなどを表示することも可能です。

ニュースサイトは10件まで登録可能でアカウントやパスワードも設定できるので認証が必要なサイトのRSSも取得できるよーです。

20090316_review_11
ニュースサイトの設定画面。
試しに「Engadget Japanese」のRSSを設定してみた。

表示されるのはシンプルに黒い画面にタイトルが表示されるだけ。
スライドショーの合間に真っ黒な画面が入るので結構目立ちますが、表示対象を「ニュース」のみにしていない限り任意のタイミングで表示される訳ではないので実用性については「あんまり無いかも?」と言うのが正直なところ。(^^;A

20090316_review_12
取得したRSSを表示している様子。
真っ黒な画面にタイトルが表示されるだけのシンプルなもの。

ちなみに取得したニュースは電源を切ると失われる仕様になってたりします。
これは記事を再取得すれば良いはずなので問題はないと思います。

また、取得に関しては指定した一定間隔で自動取得するため、メールのよーにボタン操作で取得する事は行えなかったりします。
これは、「Picasaウェブアルバム」からの画像のダウンロードについても同様です。

なので、「設定がホントに合ってるのか?」と、その場で確認する手段が無く、気長に待つしかない。
望んだ事とは言え、睡眠時間を削ってレビューしてる身にはチョット困ったりして・・・。(^^;A

■総評

メールとかは「携帯電話に送れば良いじゃん」と思ったりもしますが、伝言板として家族でメッセージと画像を共有することを考えるとそれなりに存在意義はありそうです。

ただ、世の中にフリーメールサービスがゴロゴロあるとは言え、このためにメールアドレスを用意するのはやっぱり面倒なので三洋電機側で「HNV-M70」のユーザ登録と同時にメールアドレスを提供するサービスがあっても良いんじゃないかと思ったりもします。

写真共有サイトとの連携は自動的に最新画像をダウンロードしてくれるので、離れた実家へ孫写真を送る手間が省けて良いかもしれません。

ただ、Picasaの場合、アルバムを公開状態にする必要があり「気軽に」とは言えないのが残念。
コレはPicasa側の仕様によるものなのかもしれませんが・・・。

あと、そもそも祖父母しか居ない実家にネット環境なんぞあるのか?って別の話もありますが・・・。(^^;A

しかし、自宅使いでも「HNV-M70」に画像を持っていくためだけに別作業を行わなくても良いので便利ではあります。
次々と画像がダウンロードされるので楽しかったりしますし・・・。

また、PC連携機能が用意されているのでかなり便利ですが、「もー少し多機能で画像に関する操作も出来ると良いのに」とは、どーしても思っちゃいます。

と、色々頑張って欲しい部分もありますが、照度センサー・表示On/Off機能と写真共有サイトやPCとの連携により「HNV-M70」に触れることなく日々運用できるため、良い意味で存在感が薄く「写真立て」としてインテリアに溶け込んでくれます。(←コレ重要)

余談ですが、コレを使ってから奥さんはデジタルフォトフレームが欲しくなったよーで、「レビュー後に返却しなきゃなぁ」と言ったら、お蔵入りしてるSIRENの「DF100」を「勿体無いから引っ張り出そう」と言ってきました。
やっぱり、デジカメで撮影した膨大な数の我が子写真を「飾りたい」と言うニーズは大きいよーです。


【2009.09.11追記】

連携先のオンラインアルバムがフォト蔵の場合は非公開でも画像をダウンロードする事が可能だそーです。
(みどりさん、情報ありがとーございます。m(_ _)m)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年3月15日 (日)

モノフェローズReview:ホームネットワークビューワ「ALBO HNV-M70」その1~基本編~

みんぽす
このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビューサイト「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います) レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら

ホームネットワークビューワ「ALBO HNV-M70」は三洋電機から発売されている「デジタルフォトスタンド」や「デジタルフォトフレーム」と言われる製品。(ALBOの詳細についてはコチラ

赤外線通信やメールの受信/表示/返信に対応してたり、写真共有サイトの「Picasaウェブアルバムby Google」や「フォト蔵」の画像を取り込んだりするネットワーク機能を備えているのが特徴。

で、今回は、まずデジタルフォトフレームとしての基本的な部分をレビューしたいと思います。

■外観

おそらくターゲットが子育て世代なんだからと思いますがポップな感じで個人的には良いと思います。

20090315_review_01
外観とACアダプタ。
ACアダプタはコンセント部がいきなり太くなっているタイプなので、タップ使用時には他と干渉するかも?
ちなみにACアダプタのコードにコア(ノイズを抑えるための磁石)が巻かれていない状態で梱包されているので自分で巻く必要がある。

あと、操作ボタンがスタンド部にあるおかげで、操作ボタンが前面に露出してて画面の向きを変えても操作性が変化しないのは○。

■操作性

前述通り、スタンド部に操作ボタンがあるため操作はしやすいんですが、各ボタンのクリック感は少々安っぽい印象。

20090315_review_02
操作ボタンのある「パネル部」の様子。

あと、携帯電話のカーソルキーやその周りに雰囲気が似てるためOKボタンを押すときにカーソルキーの中央部を押したくなっちゃったりします。(笑)
クリアボタンも右上ってのも下手に携帯電話慣れしちゃってると少々違和感を感じたりして・・・。

■画質

液晶は7インチのWVGA(800×480ピクセル)で、表示品質はデジタルフォトフレームとして合格だと思います。
欲を言うと、もー少し上下の視野角が広いと嬉しいんですが、他社製品も同じぐらいな印象なので特に不満とは感じませんでした。

20090315_review_03
表示例。デジタルフォトフレームとしては無難な画質だと思う。

■スライドショー

スライドショーについては設定できる機能は正直貧弱。
機能的には実質「再生順序」と「画像切替方法」と「カレンダー/時計の表示」ぐらいしかない。
特に「画像切替方法」に定番の「ランダム」が存在しないため、画像の切替方法が1つに固定されちゃいます。

20090315_review_04
「画面切替方法」の設定画面。
「ランダム」が存在しないため画像の切り替え方法が1つに固定されてしまう。

迷わないと言えば迷わないんだけど、この手の製品は「ランダム切り替えは当たり前」と思ってたので意外な印象・・・。

■照度センサー

個人的には結構重要なポイント。
実はSIRENのデジタルフォトフレーム「DF100」を持ってるんですがお蔵入りしていたりします。
発売当時はデジタルフォトフレーム黎明期で表示品質が満足できないのもあったんですが、それよりも大きな理由は真っ暗な部屋の中で煌々と「画面が点けっ放しになる」って点。

デジタルフォトフレームってインテリアに溶け込んでいて欲しい「写真立て」ですから毎回電源を切るのが面倒に思えてきてしまいます。

その点、「HNV-M70」は照度センサーを装備してて周りが暗くなると10秒後に自動的に画面が消えてくれます。
ちなみに、その後に周りを明るくしてみると自動的に画面が表示されてスライドショーが再開されました。これは便利かもしんない。

さらに時間指定による表示On/Offする時刻を設定できるので、照度センサーと組合せばエコな自動運用が可能です。

しかし、表示On/Offの時間指定はOnとOffの一方のみだけを指定する事はできないため「表示開始時刻だけ指定する」って事は出来なかったりします。

20090315_review_05
「表示ON/OFF設定」画面。
あんまり問題とは感じなかったけど、OnとOffの一方のみだけを指定する事はできない。
なので、「指定時間に表示をOnにし、表示Offを照度センサー任せ」って運用はできない。

■くるりんビュー

写真の向きに合わせて画面を回転させると表示の向きも回転してくれる「くるりんビュー」機能は確かに分かりやすいし、気軽に向きを変えられて良いです。

20090315_review_06
横向き状態でクルッとすると・・・。

20090315_review_07
画面の向きにあわせて表示も回転します。
縦向き写真だったので縦向き表示時は全画面に表示してくれます。

ただ、重心が高くて、くるっとする場合に結局スタンド部に片手を添える必要があって景気良く「片手でくるっ」とは回せなかったりします。
スタンドが吸盤かなんかで固定されてたら良いのにと思ったりもりたしして・・・。

ちなみに画面の向きにあわせてUIも即座に回転するので画面の向きにより操作性が低下する事はありません。

20090315_review_08
何か操作中でも、クルッとすると・・・。

20090315_review_09
即座にUIも変化します。
少しだけiPhoneっぽい。(笑)

■赤外線通信

「HNV-M70」は赤外線通信を利用して携帯電話の画像を受信する機能があります。

最近の携帯電話カメラ事情を考えると目も付け所が良い機能だと思います。
実際に使ってみると1画像ずつの転送となりますが、何のデバイスも介さずに携帯電話からダイレクトに転送できるのは、なかなかお手軽。
おかげで、「とりあえず携帯電話のデータフォルダにある画像でも突っ込んでみるか」と言う気にさせてくれます。

20090315_review_10
赤外線通信を行っている時は画面の左上にアイコンが表示される。

ただ、IrSimpleのよーな高速赤外線通信には対応していないため、複数の画像を転送するにはテンポが悪いのが残念。
IrSimpleに対応してれば、個人的に結構利用している富士フイルムの「FinePix」シリーズのブログモードを活用できただけにちょっと残念だったりする。

ちなみに携帯電話のデジカメモードで撮影した大きなサイズの画像を送ろうとすると全然通信が終わらず携帯電話を持ってる手がプルプルしてきて断念しました、やっぱり送信前にWVGA程度にリサイズしておいた方が良いでしょう。

■画像のハンドリング

「HNV-M70」の取り扱える外部メディアは

  • SD/SDHCカード
  • メモリスティック(PRO/PRO-HGも含む)
  • USBメモリ

の3種類となります。

これら外部メディアから本体側に画像をコピーする場合、WVGAより大きい画像はWVGAに収まるサイズで自動的にリサイズされてコピーされます。
なので、デジカメに刺さってたメモリカードを持ってきて画像をコピーしたとしても本体側のメモリ容量を圧迫しないよーに考慮されています。

試しにやってみたら、本体にコピーされた後の画像のサイズは536×715ピクセルとなってました。

その他、「データ整理」機能で画像の表示・移動・消去・並び替え・お気に入り設定が行えます。
画像の表示以外の操作は本体側のみ可能で外部メディア側は操作できないよーになっています。

ちなみに「お気に入り設定」ですが、iPodの「マイレート(★マーク)」と同様の機能ので★の数を0~5の間で設定することが可能です。

20090315_review_11
「お気に入り設定」画面の様子。
星の数でレートを設定できる。

で、設定したお気に入りは画像の並び替えやスライドショーの表示画像選択で利用する事が可能です。

ただ、1画像ずつポチポチと設定する事になるので結構面倒な気がします。(^^;A

■基本編の総評

基本的な部分は「写真立て」と言う要件を満たしていれば良いので他製品と比べても「普通だね」と言う結論になるけど、照度センサーや赤外線通信は使い勝手が良くて○。
また、本体側にコピーする際にリサイズするよーにしてるのもお手軽で○。

と、家族みんなで使う事に配慮されているのは十分伝わってきます。

ただ、携帯電話もIrSimple対応しているのが多くなりつつあるし、「ケータイカメラのデジカメモードで撮った写真を赤外線で転送したい」ってニーズも出てくると思うのでIrSimpleに対応してればテンポ良く赤外線通信を利用できただけに残念。

あと、値段を考えるとネットワーク連携無しで使うには、やっぱり勿体無いと思います。

って事で、次回はネットワーク連携機能についてレビューしたいと思います。


2009.03.17 13:30追記

ネットワーク連携機能についてのレビューを追加しました。(詳細はコチラ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

気がついたら

ブログ放置状態になって1週間が経過してました・・・。( ̄▽ ̄;A

仕事が忙しいんです(現在進行形)、どんだけ掛け持ちしてるんだよ!(数えてみたら6個ぐらいある)

オマケに短納期だったり期限が今月中にキッチリ切られてたりとかそんなのばっかり・・・。( ̄з ̄)

とりあえず、今週は雪的に今シーズン最後になるかもしれない明日のスキーを糧に「各個撃破」で何とか立ち回ってました。

・・・って、明日は雨ですか、そーですか。延期しよ。_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

奥さんのケータイをauの「SH001」に機種変

防水で気に入りつつも、カメラが貧弱すぎた奥さんの「W53SA」を機種変する事に。
カメラ重視なので選んだのはもちろん「SH001」。

Cyber-shotケータイ「S001」も候補で個人的には「スマイルシャッター」があるのでコッチをプッシュしてましたが「スライド式はイヤ」の一言で却下になりました。(´・ω・`)

機種変は近所のauショップで行いました。
auポイントが結構溜まってたので、ドンとシンプル一括で購入しました。
それでも端末代金は少々高かったですが、奥さんと私で折半しました。
つーか、忘れてたけどシンプルコースって分割購入できるよーになったんだねぇ。

で、機種変の際に「指定割」や「安心ケータイサポート」や「EZニュースフラッシュ増刊号」などの有料サービスに入らされた。
「安心ケータイサポート」は電池代と考えれば入っても良いかと思うけど、シンプル一括で機種変なのに要らないサービスに入らされるのは、やっぱり納得いかない。( ̄з ̄)
(どーやら、少し高くても良いならオプション無しでも買えるらしいけど・・・)

あと、手数料を払えば(現在はキャンペーン中で無料)移行できるおサイフケータイの移行サービス「EZ FeliCaデータ移行」について店員が知らなくて結局その場で自分で移行作業をしちゃったし・・・。
(店員が問い合わせて出来ることがわかったけど、もぅ移行作業をコッチでやった後だった)

と、「なんだかなぁ」って感じの機種変でした。( ̄з ̄)

私の「W54SA」で史上最強のもっさりっぷりを誇った「KCP+」でしたが、かなり改善されたよーで「SH001」をチョコッと触った感じでは違和感無く使えました。

あと嬉しい誤算だったのが、奥さんがスピーカー通話で私がBluetoothのヘッドセットを利用してた場合、奥さんのケータイが以前の「W53SA」だと会話が途切れ途切れで大変だったんですが、「SH001」だと普通に会話できました。

ただ、声が少し遠くから聞こえているよーな感じだったりしますが・・・。

あと、液晶画面がキレイだし、EZwebがVGA対応してるのは羨ましい!
ちなみに赤外線通信がIrSimple対応になったので画像の交換がすげぇ早くなって奥さんが驚いてました。(笑)

・・・そー言えば、シンプル一括購入だからシンプル系料金プランに変更できるじゃないか!変えてないや。経費節約のために変えないと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bluetoothで生活パターンが漏洩

Bluetoothで山手線の乗降パターンを追跡してみた

セキュリティ研究家である高木浩光氏の記事。

ここ最近はケータイを中心にBluetooth対応機器が急増したためBluetoothを常時有効にしている人は結構居ると思うのですが、Bluetoothの探索機能を使って記事のよーに電車の乗降パターンを追跡する事が可能なよーです。

特に通勤通学となると一定のパターンになると思うので「同じ人がどーした」とか「家に住人が居る」なんてトラッキングが出来る訳で、個人は特定されないのかもしれないし、Bluetoothの電波が届くのは精々10mぐらいだけど、自分の行動が第三者が見てるという事は気持ちの良いことでは無いので、通常はBluetooth機器からの探索受付を拒否にするのが良いと思う。

自分のケータイを確認するとBluetooth機器からの探索受付は「拒否」になってたけど、購入時に自分で怪しい設定は「とにかく拒否」と設定してたよーな気がしたので、念のためマニュアルを確認してみると・・・auケータイも初期状態ではBluetooth機器からの探索受付が有効になってるみたい。

って事で、Bluetooth機器からの探索が必要なのはペアリングの時なので、その時だけ有効にすれば良いはず。

多分、今回の高木浩光氏の実験方法だとケータイ側のBluetooth機能のセキュリティを有効にしてても検出を行ったのみで接続は行わないので相手のケータイ側に接続時の認証画面は表示されなかったはず。
なので、この実験で検出されたケータイの持ち主達は自分がその対象になった事は気付いてないはず。

無線機器のセキュリティと使い勝手が相反する面があるので、こういった機能の初期値がホントに妥当なのかは難しいところですねぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

Baby Care Report ~ついに奥美濃デビュー編~

【日 付】: 2009年3月2日(月)
【場 所】: ひるがの高原スキー場
【天 気】: 晴れ
【気 温】: 日差しは暖かいが、風は冷たい
【コース】: 滑走可能なのはファミリースロープとチャペルスロープだけっぽい
【積 雪】: 公称90cm(雪質:地面が見えまくり&完全に春雪)
【リフト】: 2/4(待ち時間:やっぱりガラガラ)
【道 路】: 往復共に問題なし
【駐車場】: やっぱりガラガラ(駐車料金:平日なので無料?)
【パーク】: ひるがもキッズランド(スノーエスカレーター装備ソリコース・エアドーム)

月曜日に休みを取って「ひるがの高原スキー場」に行って来ました。
ついに我が子も奥美濃デビューです。
目的は雪の遊園地「ひるがもキッズランド」。

スタートダッシュが遅い我が家ですが、案の定、この日も思いっきり出遅れました。(^^;A
しかし、そこは平日の東海北陸道ってことでスムーズに現地に到着。
ほぼ当初の目論見通り昼過ぎに現地に着きました。
美濃ICから東海北陸道に上がってから現地まで2時間かかってなかったりします。

更衣室は結構広め。平日って事もあって我が子に振り回されながら伸び伸びと着替えられました。
で、着替えを完了し、売店で我が子の手袋が無いのでミトンを買おうとしたけど試着で拒否られて諦めました。

そして、いよいよゲレンデへ・・・って、雪、少なっ!( ̄▽ ̄;A

20090304_baby_01
ゲレンデの様子、その1。

20090304_baby_02
ゲレンデの様子、その2。
ゲレンデのあちこちで地面が露出してる・・・。( ̄▽ ̄;A

実はあわよくばスキーも滑ってやろうと思ってスキー用具も一式積んでたんですが、あまりの雪の少なさに早々に諦めました。(^^;A

お目当ての「ひるがもキッズランド」は・・・少々寂しげ。
「エアドーム」や「スノーエスカレーター」装備の「ソリコース」はチャンとあるんだけど、「トンネル雪山」や「オモチャ広場」が無かった。
あと、正直エアドームはもー少し大きいかと思ってたんだけど、ちょっと小さくて滑り台で滑ってるって感じじゃなかったのが残念。
オマケにウェアの関係なのか分からないけど全然滑らなかったし・・・。

20090304_baby_03
「ひるがもキッズランド」の様子、その1。
ソリコースはこんな感じ。左側に見えてるのが「スノーエスカレーター」。

20090304_baby_04
「ひるがもキッズランド」の様子、その2。
「エアドーム」はネコ型。思ったより滑り台の距離が無かったし滑らなかった・・・。

で、今回も我が子をソリに乗っけて滑ったんですが、以前のよーに泣きませんでした。思いっきり顔に雪が被ってるのに・・・。(^^;A

あと、スノーエスカレーターはハイクしなくて良いので非常に助かりました。

また、雪遊びは楽しいよーで、砂場セットを使って雪を掻き集めてました・・・って、掻き集めた雪をガジガジ食べてますけど・・・。( ̄▽ ̄;A

20090304_baby_05
雪を掻き集めて・・・。

20090304_baby_06
雪を乗せ乗せ・・・。

20090304_baby_07
って、食うんかい!

20090304_baby_08
(゚Д゚)ウマー

我が子は手袋無しだったのと日焼けが心配だったりするので1時間ほど遊んで撤収。
この日は天気が良くて、まぁまぁ暖かかったせーなのか、我が子は終始ご機嫌でした。
奥美濃デビューとしては上々だったかもしれません。

でも、この日の晩は夜鳴きしてました。
やっぱりソリは怖かったんだろーか?(^^;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Baby Care Report ~2人目性別判明編~

2人目の我が子ですが、先日の妊婦検診で性別が判明しまして・・・女の子でした。
何となくそんな予感がしてました。(笑)

まぁ、2人目となると男の子・女の子どっちが良かった?ってな話があり、ぶっちゃけると「男の子が良いな」と思ってて、奥さんと産み分けも話題にしてて「んじゃ、やってみよーかぁ」と話が進んでた矢先に授かった子だったりするんですが、どーしても我々の元に来たくて「産み分けされたらヤバイ」と思って慌てて我々の元にやってきたんじゃないかな?と思ってたりします。(笑)
2人目の我が子が自分を親として選んでくれたんだぁと想うと、光栄だったりします。

なので、元気であればそれで良いかと。
ただ、これで我が家の男女勢力図が女性側に大きく傾くわけで、そのうち肩身が狭くなるんだろーなぁと思ったりして・・・。
男にしか理解されないマニアックな趣味に対する賛同が全く得られなさそーで困りそう。(笑)

でも、女の子がいると家庭内に華があって良いなとは、つくづく実感してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »