« FreeRideSki Gallery | トップページ | じゅんじゅんさんのWebショップがオープン »

2009年4月 3日 (金)

根付くか?ケータイ専用番組

映像にもパーソナルな時代が来る――エイベックス、携帯向け番組「BeeTV」開局

エイベックスがドコモと組んで5月1日から開始する携帯専用放送局「BeeTV」の記事。
よーやく自分でケータイ向けに番組を作る所が出てきたよーです。

動画配信については、テレビのよーな固定機器向けにはレンタル業と競合すると思いつつもTSUTAYAが「アクトビラ」上で力を入れ始めてたります。

で、一方のモバイル側はパケット定額=キラーアプリは「動画」と言われて久しいですが、現状は「どっかからコンテンツを持ってこれば良いや」的な安直な感じだったり、ワンセグに逃げたり、日本のiTunes Storeは蚊帳の外だったりとお粗末な状況でした。

そもそも隙間の時間に活躍するケータイ機器にそれなりの時間が必要なテレビ向けコンテンツなんぞ持ってきても合う訳は無い訳で、以前からケータイ向けの専用コンテンツが必要がと言われ続けてました。
なので、自力でケータイ向けの専用コンテンツを作るところが出てきたのは画期的かもしれません。

「モバHO!」と違って今使ってるケータイ&電波で良いし、月額315円で見放題にしている点は敷居が低いだろーし、マルチユース展開も含めてコンテンツの人気度に応じてキャストやスタッフに印税が分配される仕組みは製作者のモチベーションに対して説得力があるよーな気がします。
オマケに公共の電波で無い事を逆手にテレビではできない事にもチャレンジできるだろーし。

ただ、チャンとした番組作りにはお金がそれなりにかかるだろーから、商売として成立するかは別の話でしょーけど・・・。(^^;A

あとは実際に使ってみて使い勝手が良いのかもポイントかも?
動画はストリーミング形式の配信らしいけど、前回の続きから素早く見られなかったり、冒頭にCMが何本も入ったりすると「見るのが面倒」って思われちゃいますからねぇ・・・。

ちなみにダウンロードに関してはストリーミング配信の期間が終了後に有料でダウンロードが行えるよーになる予定だそーです。

大げさかもしれませんが、「BeeTV」の成否にはケータイ向け動画配信の未来がかかってるかもしれません。
もし失敗した場合、コンテンツの中身に明らかな問題があるなら別ですが、「ケータイ向け番組配信」ってモデル自体がユーザに受け入れられないなら「ケータイ用VODは不要」って結論になるし、その先にあるアナログ放送終了で空いた帯域を利用するケータイ向け放送の「ISDB-Tmm」や「MediaFLO」も要らないって事になるよーな気がします。

そしたら、それはそれでつまらないよーな気がします。

|

« FreeRideSki Gallery | トップページ | じゅんじゅんさんのWebショップがオープン »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/28938149

この記事へのトラックバック一覧です: 根付くか?ケータイ専用番組:

« FreeRideSki Gallery | トップページ | じゅんじゅんさんのWebショップがオープン »