« 「mixiボイス」サービス開始 | トップページ | mixiのフォトアルバムの画像をシャッフルしてスライドショーを行うmixiアプリ「アルバムフォトフレーム」を作りました »

2009年9月22日 (火)

ウィングヒルズが次世代スノーマット「PIS*LAB」+「クラッシュアイス」の『ハイブリッドゲレンデ』で10月24日(土)にオープン

ウイングヒルズの公式Webサイトによると10月24日(土)にスキー場がオープンするそーです。

で、コレが例年通りクラッシュアイスかと思いきや、「PIS*LAB」ってスノーマットとクラッシュアイスを併用したゲレンデになるとの事。

「PIS*LAB」が施工された写真はウイングヒルズの公式ブログの1つ「のじのじ君日記」の2009年09月の記事に写真が掲載されています。

どんな感じでしょーね?
ちなみに気が早いですが、来シーズンにはアトリウムのほぼ全体に匹敵する「距離1,000m×幅30m」がPIS*LABに覆われるそーです。

無理やり「最速オープン」するうえに、南向き斜面でグダグダな雪質になりがちなウイングヒルズなのでクラッシュアイスだけでは雪量の確保が難しくなってきてるんでしょーね。

ちなみにクラッシュアイスすら不要なスノーマット「Snowflex」ってなヤツもあるそーな。
普通のスノーマットだと地面に敷いてるだけなのもあってコケると大ダメージを食らうため怖く練習になりませんが、「Snowflex」は従来と異なり下にクッションが入ってるのでフリーライド的な滑りも出来るみたい。

で、その「Snowflex」を使ったゲレンデの様子が↓です。

|

« 「mixiボイス」サービス開始 | トップページ | mixiのフォトアルバムの画像をシャッフルしてスライドショーを行うmixiアプリ「アルバムフォトフレーム」を作りました »

スキー」カテゴリの記事

コメント

昨今の気候温暖化で雪不足は苦めませんね。
新しい素材でもなんでも、あの爽快感をより早くより長く味わえるなら期待したものです。

ちなみに、Snowflexではスプリンクラーの配管などがあり圧雪車が入れないそうです。
したがって、雪とマットのコラボレーションは無理らしい・・・

やっぱり天然雪にはかないませんよね!

投稿: snowdanser | 2009年10月 5日 (月) 22:58

かなり亀レスで申し訳ありません。
Snowflexは雪の無い場所用みたいですね。

ウイングヒルズの「のじのじ君日記」を読んでると通年営業しちゃうよーな予感がします。
ただ。雪が無いと転けたらかなり痛そーな気が・・・。

投稿: KAZU- | 2009年10月14日 (水) 12:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/31470734

この記事へのトラックバック一覧です: ウィングヒルズが次世代スノーマット「PIS*LAB」+「クラッシュアイス」の『ハイブリッドゲレンデ』で10月24日(土)にオープン:

« 「mixiボイス」サービス開始 | トップページ | mixiのフォトアルバムの画像をシャッフルしてスライドショーを行うmixiアプリ「アルバムフォトフレーム」を作りました »