« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の12件の記事

2009年10月29日 (木)

Baby Care Report ~再び東山動物園編~

珍しく予定らしい予定が無く天気も良さそう&友達からタダ券貰ってた&寒くなる前にって事で日曜日に東山動物に行ってきました!

決して、フジテレビの「わかるテレビ」の「アレルギー」で煽られた訳じゃないですよ。(笑)
(動物達が居る環境に由来する細菌によって、乳幼児の免疫システムに経験値を積ませるってのは確かに一理ありそーな気はするけどね)

我が家らしく相変わらずスタートダッシュが遅かったんですが、途中に寄った尾張一宮PAに子供用の遊具があってお弁当も広げられよーになってたので、そこで昼食する事に。

我が子1号は遊具で遊びながらお弁当を食べた訳ですが、楽しかったらしく最初からハイテンションでした。
ちなみに我が子2号はレジャーシートの上で寝返りしまくってます。(笑)

20091029_baby_01
我が子1号はハイテンションで大はしゃぎです。(^^;A

20091029_baby_08
我が子2号は頑張って寝返りしてます。

ちなみにデジカメの電源Onで鏡筒(レンズの筒のこと)が出っ放しの状態で我が子1号と遊んでたら、遊具に鏡筒をぶつけてしまい、鏡筒の先がズレてしまってAFやズームが使用不能に・・・。
「あー、コレから動物園なのに、到着前に電気屋さんかぁ」と思ってましたが、奥さんが鏡筒を「うりゃ!」とやったら見事にはまって元通りに!AF・ズーム共に問題なさそう。
おー助かった!「新しいデジカメ買える!」って考えが頭をよぎってたけど・・・。\( ̄▽ ̄;)/

そんな事をしてたので到着はとーぜん遅れまくった訳ですが、幸い東山タワー横の駐車場が空いてたので素直に駐車できました。

で、園内に突入する訳ですが、我が子1号は、ほぼ1年前の前回と異なり色々な動物に反応するよーになってて楽しんでました。
特にコアラやサルは気に入ってたよーです。
一方、我が子2号はベビーカーで爆睡。(笑)

ちなみに室内に入ってたキンシコウがアグレッシブな動きでビビった。

20091029_baby_02
アフリカゾウを鑑賞中・・・。

20091029_baby_03
クロサイを鑑賞中・・・。

20091029_baby_04
コビトカバを鑑賞中・・・。

20091029_baby_05
アシカを鑑賞中・・・。「オゥオゥ」とにぎやかだった。

20091029_baby_06
キリンを鑑賞中・・・。

20091029_baby_07
ほとんど寝てましたが、起きてもご機嫌でした。

スタートダッシュが遅かったのもあって園内をそこそこ回ったところで閉園時間。
タダ券に付いてたのと、子供達のオムツ換えや我が子2号のミルクのため、東山タワーにも行ってみる。

デートスポットだけにラブラブカップル率多め。
建物が立派だったので、立派な授乳室を期待してたけど簡素で当てが外れたのは、ちと残念。

夕食は、しまじろう目当てにロイヤルホストに行ったんです・・・が、相変わらず我が子1号がハイテンションで大変でした。
つーか、遊具や動物園やアレだけはしゃいでたのに電池切れにならない我が子1号のスタミナに驚愕です。
結局、夕食を終えるのに1時間以上費やしちゃいました。( ̄▽ ̄;A

そんな感じに我が子1号相手に奥さん共々ヘトヘトになりましたが、楽しそうだったし、気候的に暑くもなく寒くも無くて良かった良かったなのでした・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火曜日早朝に作業があると週半ばまで家でPCを触らない罠

基本的に週末は疲労回復に努めるためにPCをあんまり触らない生活リズムにしてます。

んで、今週は火曜日早朝に作業が入ってたので月曜日は早めに就寝、火曜日は早朝作業+フルタイムで働いてるせーで疲労困憊で就寝・・・と結局、水曜日の晩まで家でPC触らないでやんの。

おかげでやりたい事が溜まっちゃって、また寝不足になるのですな。( ̄▽ ̄;A

空き時間にmixiモバイルで日記やニュースをROMってますのでマイミクのログイン時間はやたらと最近になってますが、ケータイでコメントを入力するのが、どーしても億劫で亀反応がデフォルトになっちゃってて申し訳なかったりします。(←良い訳)

モバイル環境が普通な世代だと逆に「PCのキーボードの方がウザいわ!」って感じなんだろーなぁ。
PC世代だからケータイの情報量の少なさと入力の貧弱さがどーしてもイラってくるんですよねぇ・・・。

って事で、工人舎の「PAシリーズ」が何気に欲しかったりします。(←なんか違う)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネット上の情報を掻き集めてみると「PIS*LAB」は、やっぱり雪代わりにはならないっぽい

ウィングヒルズがオープンして、ついに09/10スキーシーズンが到来した訳ですが、今シーズンはウィングヒルズが「PIS*LAB」と言う次世代プラスノーを導入した事が話題になってます。

で、自分は行けなかったものの、やっぱり気になるので「PIS*LAB」の感想をググってました。

出てきた情報を総合すると従来のプラスノーよりは良いけど、やっぱり「雪代わり」とはならないみたい。
転けると痛いみたいだし、摩擦で溶けた「PIS*LAB」がソールに付着するみたい。

うーん、その辺りは従来のプラスノー同様に克服できてないみたい。
そーなると新板投入はもー少し雪の部分が厚くなるまでまった方が良さそうな感じ。

ただ、雪を薄く乗せると結構良い感じになるらしく、早期オープンするゲレンデの根雪代わりとしては存在意義がありそーです。

あと、リフト乗り場への「PIS*LAB」導入は雪と違ってへたらないと思うので係員の作業軽減と利用者も乗り場が荒れずにすむのでメリットはありそーな感じ。

ちなみに先週末のウィングヒルズはすげぇ混んでたみたいです。
やっぱり、みんな気になるんだねぇ。(^^;A

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年10月24日 (土)

mixiアプリ「サンシャイン牧場」200万ユーザー突破&有料機能も導入

mixiアプリ「サン牧」200万ユーザー突破 有料機能導入

mixiアプリ「サンシャイン牧場」のユーザ数が200万人を突破したそーです。

で、おそらく提供側の当初の目論見通りに有料サービスも導入されました。
200万ユーザーも居れば有料サービスも結構ウマーな商売になりそーです。

ただ、それに耐えられるだけのサーバ環境の維持が大変ですし、ゲーム系はアプリの課金はユーザが飽きたらそれで終了なので安定した収益を確保するには様々な手を打つ必要があり、傍から見てるとなかなか大変そーですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビアニメ「空中ブランコ」

東海テレビを何気にテレビを見てたら、やけにサイケデリックな配色のアニメをやってた。

実写は混じってるは、仏頂面なセクシーナースは出てくるは、医者の先生の姿が唐突に変わるは、フジテレビのアナウンサー福井謙二アナウンサーが「福井ッチ」として割って出てくるは、通行人はペラペラだし、「なんじゃコリャ」って感じ。( ̄▽ ̄;A

地デジのEPGで確認すると「空中ブランコ」って番組らしい。

原作は精神科医が主人公の小説らしいけど、アニメ版は患者側の病んだ精神状態の視線で描いてるからあんな演出になってる訳なのか。
第1話なので伏線を張ってる&話を急いでたみたいで、予備知識無しで見てしまってるコッチは少々置いてかれた感じ。

けど、個人的にOP・ED曲が電気グルーヴ だったのとセクシーナースに引っ張られて(笑)結局最後まで見てしまった。変なのが好きな人は結構面白いかもね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

au、2009年秋冬とついでに春モデルも発表

シャープ頑張りすぎ、なーんかカメラケータイばっかだなぁって印象。
どーやったってスペース的にレンズ性能が中途半端なんだし、もぅカメラの画素数とかってどーでも良くねぇ?
それでもビックリするほどキレイに撮れちゃったりするんだけどさ。(笑)

個人的に日本のケータイ文化にマッチしたスマートフォン待ちなんだけど、相変わらずの後ろ向き発言で萎える。
つーか、スマートフォン無しで「全方位」と言ってるのは私のよーなガジェットマニアは最初から眼中に無いって事か・・・。_| ̄|○

で、今回発表された機種で機種変候補にするなら、やっぱり春モデルの「AQUOS SHOT SH006」かなぁ?
正直、こんなゴツいカメラなんて要らないんだけど、何気にFlash Videoや冷遇されてるEZ・FMに対応してるんだよな。(笑)

また、新料金プランの「ガンガンメール」こと、「プランEシンプル」or「プランE」+「EZ WINコース」ですが、パケット上限張り付き状態で通話は家族が殆どな状態の私には基本料を下げられるので良いかもしんない。

あと、↓こんな記事を見つけたんですが

au秋冬モデルでさり気なく消えた(?)サービス

どーやら、「au one ガジェット」はフェードアウトしていくみたい。
確かに動作が遅くて私も全く使ってなかったからしゃーないかも?
ただ、「au one ガジェット」とセットになってるWebサイトの検索ウィンドウも出なくなるらしい。

えーっ!( ̄з ̄)

素早くググれて地味に便利な機能なので、コイツは残して欲しいなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

池チャレカップ2009&結婚式&寝返り

10月18日は非常に忙しい日でした。

この日は「池田チャレンジカップ2009(以下、池チャレカップ)」の開催日でもあり、スキー&インライン仲間のてるちゃん&さばちゃんの結婚式の日でもあります。

前日に雨が降ってた関係で池チャレカップの事前準備が出来ず当日の朝6時から準備となったため早朝からてんてこ舞い。

つーか、寝かしつけで一緒に寝てしまい、「これはイカン」と午前3時ぐらいに起きて準備をゴチャゴチャやってたら・・・本来起きる予定の午前5時になっちゃいまして、結局二度寝できないまま家を出ました。

池チャレに到着して大会準備を1時間ほど行って、結婚式の式場に向かいます。
で、道中初めてETC使ったんですけど・・・迫り来るバーが怖いのな。(笑)

途中、東名阪の四日市東IC~四日市IC間で渋滞になりましたが順調に到着。
(ところで四日市東IC~四日市IC間だけど片側三車線化が中途半端すぎないか?アレって渋滞を助長させてるよーな気がする・・・)

で、式場に向かう途中に奥さんから入電があって、我が子2号が初めて自力で寝返りしたそーです。
アッと言う間の出来事だったので写真は取れなかったとの事。
少し前から体を横にして「寝返りできん!」と怒ってた我が子2号でしたが、ついにやり遂げたよーです。\(^O^)/

ハラくんの到着を待っていよいよ式場に。
てるちゃん&さばちゃんはモーグルで国体に出ちゃうぐらいの人なんで式場の飾り物はスキー一色。
ウェディングケーキなんてモーグルコースだし、その前に居る二人のミニチュアが履いてるスキーは滑走面もプリントされてた「ID One」だしね。(笑)

ちなみに式場は古民家を改造した物なので結婚式場としては結構変わってる雰囲気でした。
この日のために友人が作ってくれたスキーDVDの上映があったり、笑いあり涙ありの楽しい結婚式でした。

いやぁ、結婚したり子供が生まれたりすると、ホント涙腺が緩くなりますなぁ。(^^;A
それに20年か30年も経てばオイラも、さばちゃんのお父さんと同じ立場かぁと思うと「気が早すぎるなぁ」と思いつつも、「一緒に居られる時間はそれほど無いんだなぁ」と思ったりもする・・・。

式が終了して、池チャレにとんぼ返り。
ちょーど撤収が完了した状況で数人しか残ってませんでしたが、久しぶりに大会が出来て良かったよーです。
あと、デジカメで撮影してた、てるちゃん&さばちゃんのスキーウェア以外の姿を広報してました。(笑)

んで、帰宅。
夕食後、お風呂に入ったら睡眠不足が祟ってのび太の昼寝並の速さで眠りに落ちるのでした。

ってことで、てるちゃん&さばちゃんお幸せに!
もちろん、池チャレカップ2009の参加者&スタッフの皆さんお疲れ様でした。
あと、オイラもお疲れ様。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

「PIS*LAB」はアルペン自身で開発したらしい&ウィングは365日OPENゲレンデへ

温暖化による雪不足に困ってるスキー場の救世主になるのか?と注目の次世代スノーマット「PIS*LAB(ピス・ラボ)」の記事。

16日の中日新聞の岐阜県版の朝刊にも「PIS*LAB」の記事が載ってました。

どーやら、「PIS*LAB」はアルペン自身で開発したらしい。
って事でアルペングループのWebサイトに行ってニュースリリースを漁ったけどそれらしいニュースリリースは見当たらず・・・。( ̄з ̄)

えーっと、自然雪に近い滑走感を味わえるうえに地熱を遮断する効果があるので雪を保持する能力もあるとか。

で、来シーズンにはアトリウムゲレンデ全体に広がり、翌々シーズンにはコンドラ分のコースをカバーして、2012年をめどに通年営業する予定だそーです。

スキー用品やスキー場などのウィンタースポーツ事業を抱えているアルペンにとっては温暖化による雪不足は死活問題のはずなので「PIS*LAB」が生まれてきたのも必然なのかもしれませんね・・・。

ちなみに中日新聞の記事によると外販するつもりのよーで19日~22日は各スキー場向けに試乗会を行うそーな。
あと、素人なので金銭的な見当がさっぱりつきませんが、設置費用は整地代なども含め1平方メートル当たり5,000~6,000円程度だそーです。

ってことで、「ジブの練習用」とか言って庭先に導入するよーな猛者が現れる事に期待です。(笑)

・・・おっ、今確認したらウィングの公式サイトのココや「のじのじ君日記」に「PIS*LAB」の情報載ってんじゃん。

で、ジブ系アイテムも作っちゃうみたいだし、「365日OPENゲレンデへ」と通年営業を目指してる事をハッキリ謳っちゃってます。

・・・これで夏でも牧歌の里以外に奥美濃に行く理由ができるな。(゚▽゚*)

ただ、写真を見る限る従来のスノーマット同様に転けたら引っかき傷が出来そーな感じに見えるんだけど、実際はどーなんだろ?
雪並に痛く無いなら我が子のスキー慣れに良さそうな感じなんだけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

羽の無い扇風機

米Dyson、羽のない扇風機

秋も深まってきた時期ですが、何故かこの時期に扇風機の話題。
サイクロン式掃除機で有名なアメリカのダイソン社が、今度は羽のない扇風機を出すそーです。

残念ながら日本の居間にあるよーな大型なものではなく卓上に置くよーなサイズのよーですが、羽が無いのは確かに画期的かもしれません。

価格は12インチサイズで329.99ドル、10インチサイズで299.99ドルと卓上扇風機にしてはかなり強気な設定。
ただ、形が面白いので買っちゃう人は多いかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型インフルエンザ時代の加湿空気清浄機選び

只今、シャープの加湿空気清浄機「KC-51C1」を使っていますが、加湿フィルターの寿命が短くて手入れが面倒なので、そろそろ買い直したい気分。

で、候補が2つほど。

1つ目はサンヨーの「ABC-VWK14B」。
サンヨーのウリであるウィスルウォッシャーを搭載しているのはもちろん、ウィスルウォッシャーで生成された除菌効果のある電解水を加湿トレイにも展開するため、意外に汚れる加湿トレイを清潔に保つ事ができる。

2つ目はパナソニックの「F-VXE65」。
床上30cmのハウスダスなどをメガキャッチャーで吸い込むのが特徴。
パナソニックお得意のナノイーも搭載。

両機種ともウイルスを無力化と加湿フィルタが長寿命なのが特徴。
ただ、「ABC-VWK14B」は適用床面積が狭くてリビングで使おうと思うとパワフルさに欠けるかもしんない。「F-VXE65」とは大きさが全然違ので比較するのもどーかと思うけど・・・。
あと「F-VXE65」の加湿トレイには防カビ剤がセットされているそーなので「ABC-VWK14B」同様に清潔さを保つよーになっている。

そーなると「F-VXE65」がオススメなのかなぁ?デカい分、価格が高いけど。
これで三菱みたいなカルキ回収システムでも積んでると更にお手入れが楽なんだけどねぇ。

とか、言いつつ「KC-51C1」のフィルタを交換して終了なんだろーな。(^^;A

ちなみに「KC-51C1」が発してるはずの除菌イオンの効果ですが・・・よく分かりません。(笑)
プラシーボ効果も含めて「お守りとしてあっても良い」と思いますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

Baby Care Report ~秋の味覚堪能編~

友達が家庭菜園でサツマイモを作ってて「芋掘りに来ない?」と誘ってくれたので芋掘りしてきました!

ホントは9月にブドウ狩りに行く予定だったんですが予定が入ってたり、我が子1号・2号とも風邪をひいいたのもあって「今年の秋の味覚狩りは無しかぁ。(´・ω・`)」と諦めてたところだったので非常に嬉しかった。

ちなみに芋掘りなんて小学生以来かも?

現地に到着して我が子1号を「芋掘り」モードに変身させて、「Let's 芋掘り!」

20091008_baby_01
スモックに長靴を装備。更に100均で買った大人用のアームカバーを足に装着!
完璧すぎる。(笑)

と意気込んだら、横の砂利を一生懸命に掘ってる我が子1号&友達の子供。
・・・掘るのはソコじゃないー!( ̄▽ ̄;A

20091008_baby_02
でも、ちょっとだけ手伝ってくれました。

で、結局パパ連合で芋掘りするハメに・・・。

でも、土の中から現れたサツマイモがすげぇデカい!\(^o^)/
と、親連中は一様に驚いているんですが、子供たちは「なに?」ってなりアクションでサツマイモに全く興味ナッシング。_| ̄|○

20091008_baby_03
掘り出したサツマイモ。すげぇデカい!
思いっきり自分の影が写っちゃってますな。(^^;A

収穫したサツマイモは焚き火をして焼き芋に。
サツマイモをちょっと濡らして新聞紙で包んでからさらにアルミホイルに包んで枯れ木や枯葉の中にセットして、いよいよ焚き火開始。
しかし、前日の雨で水分を吸っちゃってるらしく燻るけど火がなかなか出ない。
仕方が無いので薪ストーブ用の薪を投入してよーやく燃え始めた。
(友達の家には薪ストーブがあるんですよ!薪割りが大変らしいけど暖かさは抜群らしい)

20091008_baby_04
焚き火の様子。なかなか火が出なくて苦戦しました。

火の様子を時々見つつ昼食。
友達の奥さんが子供達と一緒にビザを作ってれて、コレが美味しかった。

20091008_baby_05
焼く前のピザ。トッピングは子供たちが手伝ってくれたそーです。

20091008_baby_06
焼きあがったピザ。クリスピーな感じになって美味しかった!

そー言えばオーブンで出来るんだからウチでも出来るはずなんだよなぁ。
時間があったら今度挑戦してみたい。

で、2時間ぐらいが経過して焼き芋完成!\(^o^)/

20091008_baby_07
焼きあがったサツマイモ。

かなり大きなサツマイモなので中まで火が通ってるのか心配だったけど、ちゃんと火が通ってて大成功!
味も甘くてすげぇ美味しい。

20091008_baby_08
中までチャンと火が通ってた。ホクホクで美味しい。

さらに落花生の塩茹でも登場。
コレは大好物なのでパクパク食べちゃった。(^^;A
ちなみに子供達は家中を駆け回ってます。(笑)

と、非常に充実した時間を過ごせました。友達にありがとうです。m(_ _)m

で、ちょっとした事件が。
親同士で話が盛り上がってたら子供達の姿が見当たらない。
焦って外を見回したら二人とも家の横の堤防道路に上がっちゃってた。( ̄□ ̄;A
幸い、交通量が少ない堤防道路なので事無きを得ましたが、ヒヤリとする出来事でした。
つーか、子供の足の速さが案外速いのにビックリ。気をつけなきゃな・・・。( ̄▽ ̄;A

ちなみに食べ切れなかった焼き芋は持ち帰ってサツマイモのポテトサラダにしました。
コレも美味しかったです。

つー訳で家を買ったら我が家も家庭菜園したいなと。
イチゴはプランターに一杯出来たので候補になるだろーし、芋系ならジャガイモを植えたいかな。
レシピも豊富だし、レンジでチンするノンフライなポテトチップスならメタボなお腹に優しいかもしんないし。(^^;A

そうそう、我が子2号が全く出て来てませんが、友達の家の畳スペースの上でスヤスヤ寝てました。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

今時の職業プログラマー見習いの人達は自分たちがそうだった頃より恵まれていないのかもしれない

これからのネット初心者は自分たちがそうだった頃より恵まれていないのかもしれないと思った話

上記はネット黎明期から共に育ってきた人はネットの一般化の流れに合わせて学習する時間があったけど、今時の人はいきなり広大なネット世界に放り込まれるし、以前より悪意のある人が流入してるので大変だろーなって話。

これってプログラマーにも同じよーな事が言えると思います。
今時のプログラマーに求められるスキルは技術革新によりかなり広くそして深くなったと思います。

私がバブル期にこの世界に入った時は業務用途でPCは異端でしたし、メインフレームでCOBOLとJCLとSORTユーティリティの使い方とISAMファイルの扱い方を理解してれば十分仕事が出来ました。
プログラムのアルゴリズムもNewKeyとOldKeyを比較しながらループでぶん回すマッチング処理を綺麗にコーディングできれば一人前でした。

そして技術革新をリアルタイムで体験&学習してきたことでスキルを積み重ねる時間的余裕がありました。
で、気がつくと今時のシステムはたくさんの技術を組み合わせて駆使しないと成立しないよーになってしまいました。

なので、これからの(お金を貰う"プロ"としての)「職業プログラマー」として入ってくる人は、いきなり今のIT業界の技術レベルに合わせる必要があるので大変だなぁと。
就職前から趣味プログラマーである人は勝手にバリバリやってくので例外でしょーけど・・・。

あと、今後増えるであろうコンピュータ体験がケータイ中心の世代だと「プログラミング」って行為自体が疎遠になっていくよーな気がするし・・・。
(iPhoneのよーなユーザがアプリを追加できるスマートフォンがIT世界の中心になってくるとプログラミング行為が復権してくるかもしんないけど)

以前にも似たよーな事を書いてる気がしてますが、職業プログラマー見習いの人達が一人前になるのが以前よりもハードルがかなり上がってて危機感を持ってる人は結構居ると思います。
しかし、教える側も業務に忙殺されているのが現状・・・。

なので、自分のスキルに自信が無い方はせめてもの足掻きとして「他人のコードを読んで理解する」事を心がけて欲しいし、さらに参考にしたコードをコピペするだけで終わらせるだけではなく、必ず弄って自分なりに改良して「スマートに実装できた」と自己満足に浸って欲しいです。

「綺麗なコードは雄弁」です。
そんな雄弁なコードを見つけたら、そのコード(=プログラマーの意図)と"対話"して「そのコードの存在意義」を確認してみてください。
日々の業務に追われて中で対応する仕様書をチラ見しても内容を理解するのは大変かも知れませんが、プログラマーとして価値ある行為だと思います。

多分、連結テストを経たプログラムだったらある程度綺麗なコードになってるんじゃないかな?(←無責任)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »