« Mini Review:車載用ワンセグチューナをコムテックの「DTW600」に買い直し | トップページ | iPhoneアプリ開発者はAppleの奴隷なのか? »

2010年3月10日 (水)

時計やリモコンにどうぞ

三洋、3割安くて容量ほどほどの「eneloop lite」

通常のeneloopより容量を減らして安くしたeneloopが出ました。
繰り返し使える回数は1,500回→2,000回へと伸びています。

我が家も使い終わった電池がゴミになるのが億劫で着々と電池をeneloopに置き換えていますが結構高いのがネックでして、時計やリモコンとかに使うのは確かに勿体無い気がしてたのでありがたいです。

なお、従来のeneloopとの混合使用は推奨していないのでご注意を。
充電に関しては従来のeneloopと同時に充電してもOKです。

ちなみに我が家は「eneloop stick booster」と「eneloop ユニバーサル充電器」を揃えました。

「eneloop stick booster」は手短に電源が無い寝室でアラーム代わりでもあるケータイを充電するのに活躍しています。
ちょっと容量が少ないのでフル充電できないのが難点だけど、充電済みでストックされている単3eneloopを引っ張り出してきて直ぐに充電できるのは便利です。
「eneloop stick booster」自身に充電機能がないので、その分安いし。

「ユニバーサル充電器」は価格が高いのがネック。
でも、将来的に単2eneloopを購入予定なのと、単3・単4eneloopを4本一気に倍速充電できるの便利さに負けて買っちゃった。(笑)
(ちなみに倍速充電より急速充電の方が充電時間は短いのでご注意を)

あと、新居に移ったらモバイルガジェットの充電のグリーン化を推進するために「eneloop ポータブルソーラー」でも買ってやろうかと思ってます。(でも、正直高いなぁ・・・)

|

« Mini Review:車載用ワンセグチューナをコムテックの「DTW600」に買い直し | トップページ | iPhoneアプリ開発者はAppleの奴隷なのか? »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/33707643

この記事へのトラックバック一覧です: 時計やリモコンにどうぞ:

« Mini Review:車載用ワンセグチューナをコムテックの「DTW600」に買い直し | トップページ | iPhoneアプリ開発者はAppleの奴隷なのか? »