« 次世代扇風機 | トップページ | 今更、SIMロック解除ごときで日本のケータイは世界に羽ばたけない »

2010年4月 4日 (日)

ニンテンドー3DSに採用されるかもしんないシャープの裸眼3D液晶

シャープ、裸眼3D+縦/横位置の3D切替可能な3.4型液晶

シャープ、裸眼3D映像を楽しめる新型液晶パネルを発表しました。

輝度と解像度をアップして表示品位を大幅に改善したそーです。
ケータイを意識して開発されたため縦横の両方の向きに台頭しています。
オマケにタッチパネルにもなります。

で、裸眼3Dで思い起こされるのは突然発表された「ニンテンドー3DS」。

当然、「ニンテンドー3DSに採用されるの?」ってな質問が飛ぶ訳ですが「勘弁していただきたい」と否定も肯定もしなかったよーです。(^^;A

ちなみに視差バリア方式なので3D表示と2D表示で横方向の解像度が半分になっちゃうのはしゃーないですね。

あと、どーでも良い事ですが、画角を超えた表示できる訳が無いので、3D効果を画面から飛び出してくよーに表現するのは偽りなので自粛して欲しいですな。(^^;A

|

« 次世代扇風機 | トップページ | 今更、SIMロック解除ごときで日本のケータイは世界に羽ばたけない »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/34068830

この記事へのトラックバック一覧です: ニンテンドー3DSに採用されるかもしんないシャープの裸眼3D液晶:

« 次世代扇風機 | トップページ | 今更、SIMロック解除ごときで日本のケータイは世界に羽ばたけない »