« くも膜下出血 | トップページ | Flash→iPhoneアプリは× »

2010年4月10日 (土)

待望のマルチタスクに対応した「iPhone OS 4」

マルチタスク対応の「iPhone OS 4」発表 今夏提供予定

AppleがiPhone OSの新バージョン「iPhone OS 4」の概要を発表しました。

iPhoneのダメなところで真っ先に槍玉に上がるマルチタスクについて、よーやく対応しました。

マルチタスクについては「電池の持ちが悪くなる」と否定してたスティーブ・ジョブズ氏でしたが、やっぱりシレっと対応してきました。
まぁ、いつもの事です。(笑)

また、Xbox Live同様にゲームでのソーシャル機能をサポートする「Game Center」とか、iPhoneを広告媒体にするアプリ内広告サービス「iAd」なんかも追加されている意欲的なバージョンアップとなります。

「Game Center」はゲームプラットフォームとしても覇権を狙うための布石だろーし、「iAd」はApple自体が広告枠を売る事になるため同社(の売上げ)にとって特に重要な機能になりそーです。

「iAd」に関しては何も無いところに行き成り一定規模の広告市場を作り出してしまった訳でよく考えたなって感心。
おまけに開発者とWin-Winにしちゃってるし。
ただ、広告がHTML5でかなり作りこめるよーになってるので出稿側がiPhone(iAd)用にわざわざ作りこむ必要があって作業が増えるかもね。

こーしたゲームや広告のプラットフォームとして位置付けできるのもiPhoneが売れているからこそ出来る芸当なんでしょーなぁ。
ホントにAppleは商売上手になりましたねぇ。

「iPhone OS 4」の全ての機能の恩恵を受けるにはiPhone OS搭載の最新機種に限られるのが残念ですが、古い機種でもある程度の機能向上を受けられるそーです。

OSのバージョンアップにより進化するのもスマートフォンの醍醐味ですなぁ。

AndroidもOSアップデートは行えますが、OSからハードウェアまでAppleが一貫して手掛けているiPhoneみたいなスピードでは進化できないんで、そこは素直に羨ましいなと・・・。

|

« くも膜下出血 | トップページ | Flash→iPhoneアプリは× »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

■Apple,「iPhone OS 4」発表-新広告プラットフォーム「iAd」も―いよいよマルチタスクが!!

ブログ名:Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理

こんにちは。まえから、iPhoneはシングルタスクで不便だと思っていましたが、いよいよマルチタスク化がされます。いよいよ、skypeを待ち受け状態にして、他のことをしているなどのことが可能になるのだと思います。素晴らしいことだと思います。そのほか、iAdもいよいよ公開されることになるということで、Appleの長期戦略も気になるところです。私のブログでは、マルチタスク化による新機能や、iAdの長期戦略など掲載しています。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2010年4月10日 (土) 13:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/34157574

この記事へのトラックバック一覧です: 待望のマルチタスクに対応した「iPhone OS 4」:

« くも膜下出血 | トップページ | Flash→iPhoneアプリは× »