« 祟ってますって? | トップページ | 待望の斜め口金に対応したE17口金LED電球 »

2010年4月24日 (土)

吉野家はもっとフードコートに出て行くべき

吉野家はなぜ苦しんでいるのか? 5つの仮説を考えた

「なるほどな」と思ったコラム。

個人的に吉野家は他社が価格を下げて見せ玉にしているシンプルな牛丼への依存度が高いうえに使ってる牛肉が高い米国産なため価格競争力が無いのが苦境の主因のよーな気がするけど、仮説4・仮説5は当たってると思う。

特に仮説5に関してはBSEの影響でメニューを増やした時に実感している。
あと、子供が小さいから思うんだけどベンチシートの店が増えたと言え、メニュー的にはまだ子連れでは利用しにくい雰囲気がある。

で、提案なんだけど吉野家はショッピングセンターなどのフードコートにもっと出て行くべき!

それで家族連れのお父さんを釣り上げ、家族に気兼ねなく思う存分大好きな吉野家の牛丼を食べてもらう。

フードコートなら子供や奥さんは他店の好きなものを食べられるし、一種異様な雰囲気の滞在時間の短さから開放されるので「家族」という障壁を取り除けるはず。

今更、すき家や松屋のよーにメニューを増やしても"吉野家リズム"は失われるだけだし、滞在時間単価の問題はカフェ利用されるマックに敵うはずもない。
だったら、そのメリットを上手く利用してフードコートで共存共栄するって訳です。

オマケに30~40代はキン肉マンで「牛丼一筋~♪」で刷り込まれているし、それ以上の世代でもサラリーマンならお世話になってる人は多いから「吉野家」のブランドは結構強いはず。
なので、「吉野家」がフードコートの"おっさんホイホイ"になる要素は十分備えていると思う。

また、"吉野家リズム"を活かして注文を受けてその場で少し待つぐらい早さで牛丼が出てくればフードコートで良くある一旦席に戻るって効率の悪い事をやらなくて済むのも楽だし、呼び出しベルを用意しなくて良いから設備費用を抑えられるはず。

ロードサイドで客を待ってるよりも効率は良いと思うんだけどどーでしょ?

つーか、私自身がフードコートに吉野家が入って欲しいんだよね。
あー、吉野家の牛丼が食べたい・・・。

あと、人によって好き嫌いが激しい天下一品ももっとフードコートに出てって欲しいところ・・・。(私はもちろん大好き)

|

« 祟ってますって? | トップページ | 待望の斜め口金に対応したE17口金LED電球 »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/34362129

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野家はもっとフードコートに出て行くべき:

« 祟ってますって? | トップページ | 待望の斜め口金に対応したE17口金LED電球 »