« 新居の様子 | トップページ | 「技適マーク」がソフトウェア表示可能に »

2010年5月 5日 (水)

auの「助手席ナビ」を使ってみた

CDナビが壊れて今はただのDVDプレーヤーを使ってるのでナビが無い状態の愛車。
久しぶりに福井県鯖江市の西山動物園に遠出をするのでナビが欲しいところ。
しかし、1回訪れた場所だし。道程もそれ程複雑ではなく、オンダッシュのカーナビを買うほどではなぁ・・・って感じ。

そこでauの「助手席ナビ」を使ってみました。
こいつだと24時間で157円のコースがあるんですよ。

で、使ってみた感想ですが・・・うーん微妙。

木之本~関が原だと県道の方が快適だったりするんですが、国道優先で案内するんでナビを無視して県道に突入しても交差点ごとに国道側に誘導するのが鬱陶しかった。

あと、高速を走ってて何故か「SAに入れ」とか誘導するし。
(スマートICで降りろって意味かと思ったけど、ルート案内はそのまま高速を案内してるし・・・)
それにバイパスがあるのに旧道ばっか案内しやがるし。

また、画面の小ささがやっぱり気になる。
まぁ、ケータイだし、助手席で使うものなのでしゃーないのかもしんない。
それに完全にGPS頼りなのでトンネルに入っちゃうと地図が更新されなくて不安になったりもする。

でも、交差点のレーン表示をしたり、通信してるメリットを活かしてて高速の渋滞やSAの混雑情報とかは正確で頼りになりました。音声案内も適切だったし。

あと、行きは国道303号線で木之本に抜けた訳ですが、途中ケータイの圏外があって地図は更新されないうえに圏内に入っても通信に失敗し続ける状況が起きました。
道が単純だったので障害にはなりませんでしたが、人里を離れた方面に向かう場合はご注意を・・・。

それとナビとして常時バックライトを点灯させる設定を行うと電池の消耗が激しいので車で使える充電器を用意した方が無難です。

|

« 新居の様子 | トップページ | 「技適マーク」がソフトウェア表示可能に »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/34528738

この記事へのトラックバック一覧です: auの「助手席ナビ」を使ってみた:

« 新居の様子 | トップページ | 「技適マーク」がソフトウェア表示可能に »