« auの「助手席ナビ」を使ってみた | トップページ | 6番組同時録画可能なワンセグレコーダー »

2010年5月 8日 (土)

「技適マーク」がソフトウェア表示可能に

技適マーク ディスプレイ上にソフトウェアで表示可能に

日本国内で電波を発する機器には「技術基準適合認定」で認定を受けた事を示す「技適マーク」を見やすい箇所に表示しておく必要があります。

しかし、デジタル機器のグローバル化が進む点でコレが障害になりつつあります。

最近の例だとアメリカで買ってきたiPad。

総務省のQ&Aページに書かれている通り、「技適マーク」が無い米国版iPadの無線LANやBluetoothなどの無線機能を使っちゃうと懲役刑もある電波法違反になります。

で、総務省はソフトウェアで技適マークと認定番号が表示できればOKって事にしたそーです。
コレなら認定を受けてからソフトウェアのアップデートだけで済むのでコストも抑えられるし、発売のスピードも上げられるって事になりそーです。

でも、輸入した技適マークの無いデジタル機器をソフトウェアアップデートのためネットに繋げよーとして無線機能を使っちゃうと技適マークの無い状態ですからダメですよ。

その点、iPadはiTunesって母艦があるから大丈夫ですな。

あと、Bluetoothのヘッドセットとかはディスプレイが無いのでダメなのは変わり無いのな。( ̄з ̄)

|

« auの「助手席ナビ」を使ってみた | トップページ | 6番組同時録画可能なワンセグレコーダー »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/34580578

この記事へのトラックバック一覧です: 「技適マーク」がソフトウェア表示可能に:

« auの「助手席ナビ」を使ってみた | トップページ | 6番組同時録画可能なワンセグレコーダー »