« Baby Care Report ~猛暑だけど秋なので、ぶどう狩り~ | トップページ | 新型iPod TouchとiPhone4の違いが分かるレビュー記事 »

2010年9月 9日 (木)

携帯向けマルチメディア放送はドコモ陣営に決まったっぽい

携帯マルチメディア放送、電監審は「mmbiが適当」と答申

ドコモ陣営 vs KDDI陣営で争われてた地上アナログ放送跡地の電波を使った携帯向けマルチメディア放送事業者選定ですが、ドコモ陣営に決まったっぽい。

KDDI陣営はアメリカですでに稼動実績のある「MediaFLO」規格を採用、一方ドコモ陣営はワンセグの規格である「ISDB-T」を発展させた「ISDB-Tmm」規格を採用していました。

どちらもワンセグのよーなリアルタイム放送に加えて、夜間などに一斉配信して端末に蓄積する蓄積型放送にも対応しているため技術的な優劣はほとんどありませんでした。

今回ドコモ陣営が選定されたのは料金設定が安かった事が大きいよーです。
(あと、近い技術であるワンセグチップの開発ノウハウを持ってるメーカが国内に多い事もあるのかもね?)

携帯向けマルチメディア放送規格も地デジファミリー採用って事で規格的に見た目はスッキリする事になりますが、日本独自規格つーことで輸出できなきゃ「ガラパゴス」と言われてしまうリスクも背負う事になります。

ちなみに地デジ規格の「ISDB-T」も日本独自規格でしたが、ブラッシュアップした「ISDB-TB」がブラジルを皮切りに南米やフィリピンで採用されて一応輸出することができてたりしますけどね。

携帯向けマルチメディア放送はワンセグより高画質で有料放送が前提。
そーなるとコンテンツの質&量が決め手になりますが、どーなっていくんでしょーか?

リーズナブルな月額315円って金額設定のおかげでケータイ向け映像配信サービス「BeeTV」の会員数が100万人を突破したそーですが、この成功体験(一応)をドコモは重視しているっぽいので、携帯向けマルチメディア放送も結構安い金額設定にするとは思うんですが・・・。

それにしても、1日は24時間と限られた時間しか持ち合わせていない我々の前に新たな時間泥棒(失礼)が現れたつーことで新旧色んなメディアが入り乱れて我々の"自分時間"争奪戦は激しさを増しそーな感じです。

あと、通信ではなくテレビ塔を使う「放送」なので、もしリアルタイム放送が有料だった場合、ワンセグみたいに電波が来なくて見られねぇってなると怒り倍増になりそーなんだけど、その辺りは大丈夫なんだろーか?

あと、スマートフォンが対応するのか?ってなると国産メーカのヤツしか対応しなさそーなのもあるんだよなぁ・・・。

|

« Baby Care Report ~猛暑だけど秋なので、ぶどう狩り~ | トップページ | 新型iPod TouchとiPhone4の違いが分かるレビュー記事 »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/36627268

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯向けマルチメディア放送はドコモ陣営に決まったっぽい:

« Baby Care Report ~猛暑だけど秋なので、ぶどう狩り~ | トップページ | 新型iPod TouchとiPhone4の違いが分かるレビュー記事 »