« ファイナルデータ9.0plusでデジカメデータを復元した | トップページ | ウイングヒルズの「PIS・LAB」エリアが1000mに拡張 »

2010年10月22日 (金)

縦置き可能なコンパクトなBDレコーダー

パナソニック、世界最小で縦置き可能なBDレコーダ

縦置きも可能なコンパクトなBDレコーダー。
見た目的にネットトップPCみたいです。(笑)

ターゲットに若い女性を意識しているよーで、縦置き時は本体側面のデザインを変更出来るよーになってたりします。

3Dには非対応だし、チューナは地デジのみの1チューナー構成なのが残念ですが、アクトビラやYouTubeやDLNAでもある「お部屋ジャンプリンク」のサーバー・クライアント機能を装備してたりとネットワーク機能は結構充実しています。

また録画番組のワンセグ映像をケータイに持ち出せる「番組持ち出し」にも対応しています。

あと、別売りの「シンプルリモコン」を使うと専用の予約画面や再生一覧が出てくるよーになっててレコーダー入門者でも確実に操作できるよーになっているそーです。
地デジ完全移行によりVHS難民が発生するはずですので、こーゆー取り組みは地味に大切だったりします。

シンプルなので好感を持てるんですが、チューナーが地デジののみつーのが勿体無いなぁ・・・。
自分の知る限り高齢者のBS視聴率って結構高いと思うんだけど・・・。

さらにコンパクトなBDレコーダーをもう一つ。

シャープ、厚さ35mmで縦置き対応の薄型BD専用レコーダ

コチラはHDDを搭載せず、ディスクのみのBDレコーダー。

薄さが35mmと非常に薄く縦置き可能なので液晶テレビの裏側の隙間に設置するつーのも可能になってたりします。

BD専用って事で基本機能は結構充実してまして、1チューナーだけですが地上/BS/110度CSデジタル+地上アナログに対応してたり、最大128GBのBDXLメディアに対応してたり、3Dにも対応してたりします。

さらにBD専用機のウィークポイントであるディスク認識の遅さについても「マッハメモリー」を搭載することで起動後22秒で録画実行出来たり、ディスクの読み込みを待たずに前回の続きを再生出来るよーになってるそーです。

両機種ともシンプル&コンパクトをコンセプトとし、「ポストVHS」を意識したBDレコーダーですが、パナソニックのヤツは「ポストVHS」を意識しつつもネットワークやケータイへの連携と「こーゆー事も出来ますよ」と今時らしい提案型製品に対して、シャープのヤツは「ポストVHS」を地で行く製品とカラーがハッキリ分かれているのがなかなか興味深かったりします。

ただ思うんだけど「ポストVHS」として見た目は良い感じだけど、まだ価格が高すぎるよね。
HDDの容量が違うけど、Windowsなんて高いOS込みでもネットトップやネットブックが3万円台ぐらいから買える事を考えると似たよーな価格帯になっても良いんじゃないの?って思ったりする。
(使ってる部品の耐久性が全然違うんじゃ!って言われそーだけど・・・)

あと、先述したけどシンプル構成でも高齢者のBS視聴率って結構高いと思うのでデジタルチューナーはBSにも対応して欲しいところ。

|

« ファイナルデータ9.0plusでデジカメデータを復元した | トップページ | ウイングヒルズの「PIS・LAB」エリアが1000mに拡張 »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/37339391

この記事へのトラックバック一覧です: 縦置き可能なコンパクトなBDレコーダー:

« ファイナルデータ9.0plusでデジカメデータを復元した | トップページ | ウイングヒルズの「PIS・LAB」エリアが1000mに拡張 »