« SBMもAndroid2.2の「HTC Desire HD」投入 | トップページ | 海外パケット定額時代の到来 »

2010年10月17日 (日)

将棋対局でコンピュータが女流王将に勝利

コンピュータ将棋が女流王将に勝利

少し前にコンピュータと清水女流王将による将棋対局が行われて、コンピュータ側が勝っちゃいました。

ルールが複雑な将棋でコンピュータが勝つのは非常に困難らしいので快挙と言えるんでしょう。

ちなみにコンピュータに搭載された特製システムは「あから2010」って名前でして、4つの将棋ソフトで構成されまして各ソフトが出した次の1手を会議制で採用する事で悪手のリスクを下げる試みがされていました。
(ちなみに2対2に意見が分かれた場合はリーダーの将棋ソフトに従うそーな)

で、対局の様子ですがコンピュータらしく「えっ?」と思われる手を指したため、清水女流王将が長考して持ち時間を失ってしまい、疲れ知らずの「あから2010」の攻めに耐え切れなかったよーです。

ただ、対局後の記者会見のコメントにもあるよーに、そこまで奇想天外な手では無かったそーな。

あと、「あから2010」は清水女流王将向けのチューニングを施された訳では無かった事と、清水女流王将はコンピュータの弱点を突く作戦ではなく自分らしい指し方をしたそーです。

って事で今回の結果を受けて、人間の尊厳をかけた戦いはまだまだ続きそーな感じ。
まぁ、脅威の計算力と記憶力を誇るコンピュータと渡り合える人間も普通に凄いんですけどね。

ちなみに「あから2010」って刺客を送り込んだ情報処理学会は、こんな感じの毛筆の挑戦状を日本将棋連盟に叩きつけておりまして「いい度胸をしている」と日本将棋連盟が応じた経緯があります。

|

« SBMもAndroid2.2の「HTC Desire HD」投入 | トップページ | 海外パケット定額時代の到来 »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/37268853

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋対局でコンピュータが女流王将に勝利:

« SBMもAndroid2.2の「HTC Desire HD」投入 | トップページ | 海外パケット定額時代の到来 »