« 軽自動車的スマートフォン | トップページ | 「mixiボイス」との連携アプリが個人でも作成可能に »

2011年1月 8日 (土)

「Eye-Fi」は、NASや「DSC-HX5V」と運用的に相性悪し

我が家で絶賛稼動中の「Eye-Fi」ですが、PCへの画像・動画の転送先をネットワークドライブのNASに設定してあります。

しかし、我が家の環境だと「Eye-Fi Helper」が「書き込みに失敗しました」を連発することがあり、案の定、画像ファイルが作成されません。

仕方が無いので転送先の設定をローカルドライブに戻し、バックアップツールを定期実行する事でNAS側にコピーする運用に改めました。

あと、デジカメを「Cyber-Shot DSC-HX5V」に新調しましたが、パワーセーブの設定が、液晶消灯30秒+電源Off30秒の「スタミナ」と、液晶消灯1分+電源Off1分の「標準」しか選べないため、ファイルサイズが大きくて転送に時間がかかる動画が一向に転送されてきません。( ̄з ̄)

「FinePix F50fd」はオートパワーオフを5分まで伸ばせたんで運用上問題なかったんですけどねぇ・・・。

うーん、電源が入ってる時間が長いテレビのSDカードスロットにでも入れてやろーかな?
でも、そんな事をしたら確実にEye-Fiカードを忘れて外出しちゃう確信があります。(苦笑)

こーなると「DSC-HX5V」のパワーセーブを切るしか無いっぽいですなぁ・・・。

ちなみに、最近のCyber-ShotはEye-Fi連携機能があるので問題無かったりします。
「DSC-HX5V」は、Eye-Fi連携機能が入る直前の機種なんだよねぇ。ファームアップしてくれないかなぁ。
でも、流石に機能追加する余裕は無いよなぁ。orz

|

« 軽自動車的スマートフォン | トップページ | 「mixiボイス」との連携アプリが個人でも作成可能に »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/38384670

この記事へのトラックバック一覧です: 「Eye-Fi」は、NASや「DSC-HX5V」と運用的に相性悪し:

« 軽自動車的スマートフォン | トップページ | 「mixiボイス」との連携アプリが個人でも作成可能に »