« 「DECOLOG」で考えるCGMサービスの健全性 | トップページ | Baby Care Report ~我が子1号、微妙にスキーデビュー~ »

2011年1月29日 (土)

PSP後継新「NGP」&Android端末でPSゲームが楽しめる「PlayStation Suite」を発表

SCE、PSP後継新ゲーム機「NGP」発表。年末発売

ソニーはPSPの後継機となる新型携帯ゲーム機「NGP(Next Generation Portable)」を発表しました。
(ちなみに「NGP」は仮称らしい)

CPUは「ARM Cortex-A9」、GPUはPC向けでは負け組みながらもiPhoneでの採用で再度注目が集まったPowerVR系列の「SGX543MP4+」。
CPU・GPUともに4コアだそーな。すげぇ。

画面は5インチでマルチタッチ対応の960×544ドット有機ELディスプレイ。
Bluetoothや無線LANはもちろん3Gの携帯電話網にも対応してます。
オマケに前後にカメラとGPSも内蔵して「ソニエリのスマートフォンですか?」ってな感じのスペック。

つーか、CPUもGPUもiPhoneとほとんど同じアーキティクチャじゃねーか!(笑)

で、面白いのが背面にもマルチタッチ対応のタッチパッドが組み込まれていて背面を指でグリグリすると、それに応じて画面の中をグリグリできるよーになっております。

お荷物だったUMDは廃止されてゲームが提供されるメディアは専用のフラッシュメモリとなるそーです。

本体価格は未定ですが、年内発売予定だそーな。

任天堂の「3DS」は「2画面」と「3D」を核にしてスマートフォンとの競合を避けましたが、「NGP」は逆にスマートフォンの機能を貪欲に取り込んできました。
3Gまでホントに積んでくるとはねぇ。(通信費はどーなるんだろ?)

いやーぁ、ココまで来たらタブレット端末として使いたいからAndroidも載せといてくれよって思ったりする。(笑)

ただ、「NGP」を「PS3並み」って表現はちょっと言い過ぎな気がします。
画面解像度が高いので見た目の印象はPS3レベルになると思うけど。

あと、勢力拡大中のAndroidに関しては

Android端末でPSゲームが楽しめる「PlayStation Suite」発表

Android用に初代PSのエミュレータを提供するそーです。
ライセンスを取得した端末に限られるっぽいので、全てのAndroid端末って訳じゃありませんが、手持ちのAndroid端末が対応機種ならばPSゲームを楽しめる事になるそーです。

ちなみに今回の初代PSエミュレータの提供は第1弾らしく今後も続くよーな話なので、ひょっとしたらPS2やPSPのソフトもそのうちAndroid端末で動くよーになったりしてね。

ただ、タッチパネルでゲーム機同様の操作性を確保できるとは思えないので対応機種には物理キーが装備されるよーな気がするな。

あと、対応端末の広がり次第では新作も出てくるかもしんないって妄想してしまう。

でも、ソレって携帯ゲーム機として「NGP」と共食いに陥るかもしれない。
あと、「NGP」の4コアのCPUとGPUは現行ではスゴイんですが、スマートフォンと同じ構成となった以上、後発のスマートフォンに性能面で追い越されるのは目に見えている訳で、下手をすると「PlayStation Suite」対応のAndroid端末の方が表示面で高品位のゲームが動いちゃう逆転現象も発生するかもしんない。

だからこそ「NGP」は陳腐化しないよーにゲームに特化したボタンを装備したんでしょーけどね。

ちなみに「Android 2.3」には、この流れに呼応するかのよーにゲームコントローラー用のキーコードが新たに設定されていたのでGoogleも「PlayStation Suite」に一枚噛んでるのかもしんない。(参考記事

|

« 「DECOLOG」で考えるCGMサービスの健全性 | トップページ | Baby Care Report ~我が子1号、微妙にスキーデビュー~ »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/38651231

この記事へのトラックバック一覧です: PSP後継新「NGP」&Android端末でPSゲームが楽しめる「PlayStation Suite」を発表:

« 「DECOLOG」で考えるCGMサービスの健全性 | トップページ | Baby Care Report ~我が子1号、微妙にスキーデビュー~ »