« iPhone 4のホワイトモデル、まもなく発売? | トップページ | 五本指シューズ「Vibram FiveFingers」 »

2011年2月 5日 (土)

IPv4アドレスの中央在庫がついに枯渇

IPv4アドレスの中央在庫がついに枯渇、最後の5ブロックを各RIRに分配

インターネット世界の住所となるIPアドレス(v4)の在庫がついになくなりました。

「無くなった」と言っても各地域の地域インターネットレジストリ(RIR)に割り当てられたって事で、よーするに「店頭在庫のみ」の状態になったつーことです。

ただ・・・

日本でのIPv4アドレス在庫枯渇は3~6カ月後、当面は現行ポリシーで配布継続

と、記事に書かれている通り日本のIPアドレスを分配しているJPNICは自分で在庫を抱えずにアジア太平洋地域のRIRであるAPNICから必要な分を随時振り出しているため、APNICの在庫が尽きれば、JPNICも同時に終了となるよーです。

で、その予想が3~6カ月後だそーです。

IPv4アドレス枯渇に対応するためのIPv6が既にあるものの、IPv4との互換性が無いため敬遠され続けてました。
しかし、新たにIPアドレスが貰えないとなれば、2011年はいよいよ地球上の石ころにまでアドレスが付加できるIPv6の時代が始まる節目の年となります。

放送側の地デジ移行と同じ年に通信側も節目を迎えるのがちょっと面白いかも?

まぁ、地デジと違って今までのヤツが行き成り使えなくなる訳では無いし、エンドユーザ的には加入しているISPからの案内に従えば良い筈なんですけどね。

ちなみに、IPv6対応を行わないとどーなるかと言うと、新規に増えてIPv4に収納できないサーバやユーザにはIPv6のアドレスしか付かなくなるんですが、IPv4とIPv6間では普通にアクセス出来ないので、IPv4の人はIPv6アドレスの新サービスを利用できなかったり、IPv6の人はIPv4アドレスの従来のサービスを利用できなかったりと、それなりに面倒な事になります。

ちなみにIPv6化すれば出先から自宅内の機器へのアクセスに小細工が必要なくなるんで、自宅PCを出先のスマートフォンで操作するとか、リアルにP2P出来るんで面白いサービスが生まれる余地があるはずなんですが、鶏と卵のどっちが先?って状態なので歯がゆいですな。

|

« iPhone 4のホワイトモデル、まもなく発売? | トップページ | 五本指シューズ「Vibram FiveFingers」 »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/38744235

この記事へのトラックバック一覧です: IPv4アドレスの中央在庫がついに枯渇:

« iPhone 4のホワイトモデル、まもなく発売? | トップページ | 五本指シューズ「Vibram FiveFingers」 »