« ひろゆき氏が「1000万円の寄付倍額計画」を発動して成立した模様 | トップページ | 「カセットコンロ」+「発電機」で検索してきてる人が多いみたい »

2011年3月17日 (木)

日常を回すこと

現在の「不謹慎・自粛ムード」の蔓延に対するブロガーや著名人の考察

震災以来、ネットの世界も自粛ムードが漂っています。
それに対するブロガーや著名人の考え方の話。

地震が発生してからまだ日が浅いことや多くの人が犠牲になっているし、原発の危機的状況も収束していない事を考えると「自粛しろ」って意見も理解できます。

しかし、被災していない地域が萎縮して経済活動が滞る事は結果的に被災地に回るお金が減って復興を遅らせる事になるのも理解できます。
(あと、不要にパニくる事は結果的に被災地への物資の供給を妨げにもなるって事も)

2ちゃんねるの「幼児・子供連れスキー」スレでも週末にスキーに行った事に対して意見が入り乱れてます。
スレの雰囲気的には自粛派が多数な感じですが、地方のスキー場は過疎地域にあるのが普通なので、その地域の活性化&雇用対策も兼ねてますから、スキー場に行かないと収入が減って困る人がいるはずだし、自治体の税収が減るので福祉などの公共サービスにも影響するかもしんない。

また、たとえTwitterが、その場限りの「つぶやき」だとしてもネットに発信した以上、会話のよーにその場で揮発せずにテキストとして残って分け隔てなく多くの人のブラウザに表示されちゃう特性(伝達手段なので当たり前なんですけどね)も、この件に関してはネガティブな方向へ働いているよーな気がしてます。

と、ハッキリ言って結論の出ない話だと思いますが、個人的には被災していない人は少しだけ控えめに日常を回し、出来た余裕を被災地への募金などで支援するのがベストなんだと思います。
被災しなかったのは「たまたま運が良かった」だけの事ですしね。
(「東海地震」の脅威がある地域なので余計にそー思う)

ただ、一つ思う事は事情を理解できない子供達を緊張状態から解放してやらないと可哀想だなと思います。
なのでアニメや子供番組に関しては普通に放送して欲しいと思います。
それを見て笑ってる子供の笑顔を見て我々も希望を感じる事が出来ると思うので・・・。

つーか、マスコミは空撮垂れ流しや東電に噛み付くばっかじゃなくて、出てきている情報をもっと整理&解説をして欲しいところ。
あと、ほとんどの局が同じ内容なのは結局我々が得られる情報の幅を狭めているだけなので各局分担して情報の幅を広げて欲しいところ。
だけど・・・商売敵なんでそんな連携が出来るよーな仕組みは無いんだろーな。
唯一、NHKが日頃から総合と教育の2チャンネルを持っててリソースもあるから教育側で安否情報とかやれてるけどさ・・・。

ホントなら地デジはマルチチャンネル対応しているので同一チャンネルで複数の番組を同時に流せるんですけどね。そんなリソースは無いんだろーなぁ。
(ちなみに「ワンセグ」もマルチチャンネルの1つです)

あと、この話は阪神大震災とかを実際に体験した方じゃないと説得力を持たないでしょーね・・・。
なので、この記事も「所詮は戯言」と何の説得力を持ちませんが、「日常」ってのがいかに尊い物なのかは自覚しなきゃいけないよーな気はします。

|

« ひろゆき氏が「1000万円の寄付倍額計画」を発動して成立した模様 | トップページ | 「カセットコンロ」+「発電機」で検索してきてる人が多いみたい »

日常・雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/39259062

この記事へのトラックバック一覧です: 日常を回すこと:

« ひろゆき氏が「1000万円の寄付倍額計画」を発動して成立した模様 | トップページ | 「カセットコンロ」+「発電機」で検索してきてる人が多いみたい »