« 家庭用蒸留器のレビュー記事 | トップページ | Android 3.0搭載タブレットは買い時が難しい・・・ »

2011年4月24日 (日)

「Eye-Fi X2」にスマホと連携できるダイレクトモードが追加される

Eye-Fi X2カードに新ファームウェア、ダイレクトモード対応

無線LANを内蔵で便利すぎなSDメモリカード「Eye-Fi X2」のファームアップが公開されて「ダイレクトモード」なるものが追加されました。

どーやら、「Eye-Fi X2」自身が無線APになる事で、専用のスマートフォンアプリからEye-Fi内の画像を無線で転送できるよーになったそーです。

以前だと、Eye-Fiをインターネットに繋いでEye-Fiサーバとのやり取りが必要だった訳ですが、今回の「ダイレクトモード」により、Eye-Fi→スマートフォンとダイレクトに画像が見られるよーになります。

今までのモードとも共存するそーで、周囲に接続可能な無線LANが存在しない場合に「ダイレクトモード」が起動するそーです。

んで、一定時間が接続が無いと「ダイレクトモード」は終了するそーなので、その間に専用スマートフォンアプリを起動して画像を取得する操作になるそーです。

また、余計な電力を使わないよーにするため、写真撮影が行われない場合も「ダイレクトモード」は終了するそーです。

この仕組みにより、画面が大きいiPadを撮影現場の確認用フォトビューアに仕立てる事も可能になりますねぇ。
一応、画像をバックアップする事になるし、スマートフォン側の3G通信を踏み台してネット側にアップロードできちゃうしね。

オマケに無線転送のおかげで撮影を中断する必要もないので、本格的なカメラマンにも結構ウケそーな予感がします。

一般人はデジカメで撮影した画像を使って素早くつぶやけたりしますし、旅行中とかでネット環境が無くてもスマートフォンの3G通信を使ってデジカメ画像を活用できますね。

ちなみに、専用スマートフォンアプリはiOS版はアップルの審査待ち、Android版は現在英語版のみですが、5月中旬ぐらいに日本語版が提供される予定だそーです。

日本経済を活性化するために「GW中に旅行するから使いたい!」って方は、とりあえず英語版のAndroidアプリで凌ぎましょう。

|

« 家庭用蒸留器のレビュー記事 | トップページ | Android 3.0搭載タブレットは買い時が難しい・・・ »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/39730263

この記事へのトラックバック一覧です: 「Eye-Fi X2」にスマホと連携できるダイレクトモードが追加される:

« 家庭用蒸留器のレビュー記事 | トップページ | Android 3.0搭載タブレットは買い時が難しい・・・ »