« 「妄想電話」で夫婦間エクストリームコミュニケーション | トップページ | Amazonの「ほしい物リスト」を使った被災地支援 »

2011年4月13日 (水)

海龍リバーサイドモールが電気代が払えず廃墟になっている件

海龍リバーサイドモール、社長「経営断念」 地権者に説明

近くを通勤してるにも関わらず、最近よーやく気付いた。
照明が付いてないのは、ご時世的に節電してるんだなって思ってましたよ。(^^;A

うーん、未来を見通せるはずの占い師さんも経営は見通せなかったみたい。
つーか、一応リニューアルしたばっかりだったよねぇ。

なお

休業の海龍リバーサイドモール、瑞穂市の会社が再開準備

だそーです。

あと、そこの社長が「他店と差別化した若者向け施設にしたい」とコメントしてますが、この記事にもある通り、今時の若者はホントにお金を持ってないと思いますよ。競合しまくりだし。

それにしても、リバモで働いてた人が不憫ですなぁ。
客が少なくて暇だったもあってかマックの店員さんとか、すげぇ和気藹々な感じだったのが印象的。

|

« 「妄想電話」で夫婦間エクストリームコミュニケーション | トップページ | Amazonの「ほしい物リスト」を使った被災地支援 »

日常・雑記」カテゴリの記事

コメント

なんだか "占い師"が乗り出してリニューアルしたって聞いてから
"怪しげな気"もありながら ひっさしぶりに映画観に行こうと思って
上映スケジュール確認しようと HP見たら・・・なんだこれ 荒れてる
ニュースにもなってるの知らなかった

一気に冷めて 一揆起こしたくなりましたわ
どうなっとんじゃい!って
怪しげな予感は予見できてしまいました┐(´д`)┌ヤレヤレ

投稿:   | 2011年5月13日 (金) 16:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/39590253

この記事へのトラックバック一覧です: 海龍リバーサイドモールが電気代が払えず廃墟になっている件:

« 「妄想電話」で夫婦間エクストリームコミュニケーション | トップページ | Amazonの「ほしい物リスト」を使った被災地支援 »