« Twitterと言う、じゃじゃ馬メディア | トップページ | GOPANが買えなくても、ご飯でパンが作れる「米パン」 »

2011年4月13日 (水)

震災を機に電力自由化が一気に進む?

東京電力:発電と送電の分離案 政府、大手と統合検討

アレだけの重大事故だけに東電への公的支援は避けられない思われますが、東電の対応のマズさもあって公的支援の風当たりも非常に強い事が容易に予想されます。

んで、少し前の記事ですが、政府内では東電の発電部門と送電部門に分離して、送電部門を他の電力会社などに統合する処理案が浮上しているそーな。

・・・マジっすか。
「電力自由化」とか言いつつも発電した電力を送るには絶対必要となる送電線を、発電設備を抱えた商売敵の既存の電力会社に握られたままだったから全然進まなかった現状が一気に変わるかもしんないじゃないか!

しかも、需要の大きい首都圏が商売エリアに含まれるだろーから、結構面白い事になるかもしんない。素人考えだけど。

ただ、ヨーロッパでは比較的上手く行った電力自由化も、アメリカでは競争激化による企業体力の消耗で設備の更新が滞って大規模停電を引き起こしてしまったんですけどね。(^^;A

平時の日本じゃ既得権益を手放す訳には行かない抵抗勢力からの抵抗が大きくて発送電分離が実現する気配なんて全く無かったけど、この非常事態じゃそんな事を言ってられないもんね。。

ただ、周波数の統一まで出来るのが理想だけど、工場なんかはその周波数に依存してる繊細な機器も多数あるし、そもそも供給側の発電機や送電機器の交換も必要だから、そこまでは無理なんじゃないかな?
社会に深く根付いたインフラだけに移行するにも地デジ化どころとは比較にならないほど大規模だろーし・・・。

|

« Twitterと言う、じゃじゃ馬メディア | トップページ | GOPANが買えなくても、ご飯でパンが作れる「米パン」 »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/39590177

この記事へのトラックバック一覧です: 震災を機に電力自由化が一気に進む?:

« Twitterと言う、じゃじゃ馬メディア | トップページ | GOPANが買えなくても、ご飯でパンが作れる「米パン」 »