« Baby Care Report ~我が家の近況報告~ | トップページ | Windows8は普通のタブレット端末でも普通に動くかも? »

2011年4月24日 (日)

スマートフォンをエアーナビ化する「ドコモ ドライブネット powered by カロッツェリア」がサービス開始

ドライバー向け情報提供サービス「ドコモ ドライブネット」がスマートフォン対応

既にお披露目済みですが、ドコモのスマートフォンをエアーナビ化しちゃう「ドコモ ドライブネット powered by カロッツェリア」が4月21日からサービスを開始するそーです。

ナビアプリ自身はドコモ側が無料で提供するそーで、無料状態でも地図表示や自車位置の確認や目的地の検索は行えるそーです。

で、月額315円の有料会員のなると、カーナビゲーション機能が使えるよーになり、イラスト表示案内やリアルタイムな駐車場情報の取得も出来るよーになります。

更に車載用GPS・加速度センサー・ジャイロセンサーを組み込んだ専用クレードルを使う事で、精度の高いナビゲーションとパイオニアお得意のスマートループを使った渋滞考慮ルート探索が可能になるそーです。

スマートループなんて有料会員になれば使えても良さそうな気がしますが、パイオニアの商売的に「クレードルも買ってくれなきゃイヤ」って事なんでしょーねぇ。(^^;A

エアーナビと同等機能にするには有料会員+専用クレードルの購入も必要となりますが、エアーナビの本体購入+月々の通信費を考えれば、対応するスマートフォンを既に持ってる人には良い選択肢が生まれたかもしれません。

ただ、地図データは通信で取得しているっぽいため圏外での使用に制限が出そうな感じ。

あと、スマートフォンをナビ代わりにしていると夏場の強烈な日差しにより、スマートフォン内部に熱が篭って使用不可になるって話もあるので設置場所や温度には注意する必要があるかもしれません。
(PNDはその辺りもそれなりに考慮されて設計されているはず)

それにスマートフォンは常に持ち歩く物なので車に乗り降りする度にクレードル&電源ケーブルの脱着の手間を覚悟しとかなきゃいけなかったりします。
(専用クレードルとの通信はBluetoothによりワイヤレスなんですが、電池の食い方的にスマートフォン本体への給電が必須になるはずなので電源ケーブルを繋ぐのが面倒なんだよね・・・)

でも、コレによりスマートループ参加への敷居が低くなるのでプローブ情報が充実してスマートループの精度がより向上する事をエアーナビユーザとして期待してたりします・・・。

|

« Baby Care Report ~我が家の近況報告~ | トップページ | Windows8は普通のタブレット端末でも普通に動くかも? »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/39730230

この記事へのトラックバック一覧です: スマートフォンをエアーナビ化する「ドコモ ドライブネット powered by カロッツェリア」がサービス開始:

« Baby Care Report ~我が家の近況報告~ | トップページ | Windows8は普通のタブレット端末でも普通に動くかも? »