« 合体分離とトランスフォームなAndroidタブレット「Eee Pad Transformer TF101」 | トップページ | リバーサイドモール廃墟化で地元は治安悪化を懸念 »

2011年5月25日 (水)

Eye-Fiのダイレクトモードは従来通りPCメインで運用するには不向きだった。(´・ω・`)

スマホにワイヤレスでデジカメ画像を転送できて便利な無線LAN内蔵SDメモリカード「Eye-Fi」のダイレクトモードですが、先日試してみたらスマホとペアリングすると、全ての画像転送がスマホ経由に固定されちゃうみたい。

確かに設定を弄る事でPC側へも転送する事も可能なので、従来通りっぽい運用できるんだけど、ストレージが小さいスマホ側に画像と動画が溜まっちゃうのは、そのうち整理が必要になりそーで面倒な事が1つ増えてしまう気がしてる。
それにスマホが頑張ってアップロードするため、電池を消費してしまうし。

個人的には従来通りメインはPCで出先だけダイレクトモードを使ってスマホ経由って運用がしたかったので、そーしよーとすると家に帰ったら毎回スマホとEye-Fiのペアリングを解除しないといけなくて、コッチも面倒だったりするし。
オマケにペアリングを解除するには転送先のPCに入ってる「Eye-Fi Center」を起動する必要があるのも面倒臭さを倍増させるし・・・。( ̄з ̄)

ちなみに、Eye-Fiカードとペアリングしたスマホは「Eye-Fi Center」上では「Eye-Fi」カードとして扱われるみたいで、Eye-Fiカードとペアリングしたスマホは一心同体となり、Eye-Fiの仕組みの親玉であるインターネット上のEye-Fiサーバから見ると、スマホ側のEye-FiアプリがEye-Fiカードそのものに見えるって感じのよーです。

当初、説明が無かったのもあって、こんな仕組みだとは想像できなかったため、Eye-FiアプリのEye-Fiカード設定に本来のEye-Fiカード以外にスマホの名前で設定項目が配置されているの理解できませんでした。
スマホの名前の設定内容もEye-Fiカードそのものだったので「何のための設定なんだ?」って余計に混乱したし。(^^;A

なので、スマホに転送された画像をPC側にも転送したい場合は、転送したいPCの「Eye-Fi Center」を起動して新たに追加されたスマホ名の設定を開いて保存先を設定する必要あります。

ダイレクトモードを試してみて出先でスマホに画像転送されてきたのは確かに便利だったんですが、家の無線LAN配下でも必ずスマホ経由となるとスマホ側の電源や空き容量を気にする必要が出てきて「Eye-Fi」らしい運用のシンプルさがスポイルされちゃう気がします。

確かにノンPCでのソリューションとなると、Eye-Fiアプリの考え方は凄く真っ当なのかもしれないけど、PC母艦でずっと運用してた人的には、Eye-Fiアプリでペアリング先をPCとスマホで任意に切り替えられれば良いのになぁ。

ただ、そんな事をやるとEye-Fiサーバにアップロードする際に、同一扱いされているEye-FiアプリとEye-Fiカードのアップロードタイミングが被って、受け取り側のEye-Fiサーバが混乱しちゃうんだろーから、こんな仕様になってるんだろーなぁ。完全にオイラの憶測だけどね。(ぉぃ)

って事で、色々面倒になりそーなので、普段はペアリングを解除して従来通りで運用する事にしました。(´・ω・`)

|

« 合体分離とトランスフォームなAndroidタブレット「Eee Pad Transformer TF101」 | トップページ | リバーサイドモール廃墟化で地元は治安悪化を懸念 »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/40120210

この記事へのトラックバック一覧です: Eye-Fiのダイレクトモードは従来通りPCメインで運用するには不向きだった。(´・ω・`):

« 合体分離とトランスフォームなAndroidタブレット「Eee Pad Transformer TF101」 | トップページ | リバーサイドモール廃墟化で地元は治安悪化を懸念 »