« XactiのDNAを引き継ぐ、パナソニックの縦型ムービーカメラ | トップページ | クラピア成長記、その3 »

2011年5月27日 (金)

ツインバードからも次世代扇風機が登場

ツインバード、内側が空洞の羽根で“心地良い風”を送る扇風機

望んだ事では無いにしろ、日本は空前の節電ブーム(?)でして、エアコンには敵わないにしても少ない消費電力でそれなりに涼を得られる扇風機に注目が集まっております。

さらに昨年からは、扇風機の常識を覆した「羽根の無い扇風機」ダイソンの「Air Multiplier」シリーズや、脅威の低騒音&低電力を備えつつ自然な風を生み出すバルミューダデザインの「Green Fan」シリーズとか、枯れた技術であったはずの扇風機を「再発明」するメーカが現れました。

その流れを受けてなのか、ツインバードからも次世代扇風機が登場しました。
羽根の中心部が空洞になってる見た目は結構なインパクトがあります。

特徴的には「Green Fan」シリーズと似てたりしますが、後発だけに値段がチョット安かったり、子供の指が入らないようにカバーが設計されたりします。

しかし、どの機種も「高級扇風機」って位置付けのため購入には気合が要るのが難点です。
持ち運びが面倒なので寝室とリビングにそれぞれ欲しいしねぇ・・・。

あと、位置的に広範囲に風を送れると思うので壁掛け式の次世代扇風機もラインナップして欲しいところです。

|

« XactiのDNAを引き継ぐ、パナソニックの縦型ムービーカメラ | トップページ | クラピア成長記、その3 »

デジタル、ガジェットもしくはネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26493/40148498

この記事へのトラックバック一覧です: ツインバードからも次世代扇風機が登場:

« XactiのDNAを引き継ぐ、パナソニックの縦型ムービーカメラ | トップページ | クラピア成長記、その3 »