« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の21件の記事

2011年10月26日 (水)

何気にチョイReview:Wii用ゲームソフト「JUST DANCE Wii」

Wii用のダンスゲーム「JUST DANCE Wii」を購入しました。

と言っても私ではなく奥さんが。
我が子1号と一緒に「ヘビーローテーション」を踊っております。(笑)

ちなみに我が子2号は何故か奥さんの足元にまとわりついております。
思いっきり邪魔ですな。(笑)

ちなみに「JUST DANCE Wii」は欧米で発売されたWii用ダンスゲーム「Just Dance 2」の日本語版でして、洋ゲーですが収録曲の半数以上がJ-POPに変更されて見覚えのある曲ばかりで結構楽しかったりします。
(このローカライズ方針は英断だったと思う)

あと、洋楽2曲以外はアーティスト本人の歌声で収録と、なかなか頑張っております。

でも、人間って何気に欲張りなもので、他のAKBの曲やプリキュアのED曲や「マル・マル・モリ・モリ!」やEテレ枠の曲とか、色々追加して欲しくなりますねぇ。

やっぱ、ネットで曲買って増やせる仕組みが欲しいかったなぁ・・・。

そんなのゲームを買わずにPV買えよって気がしなくも無いんですが、雰囲気的にカラオケみたいな「何となく踊る気にさせる」方向にもっていけるのはゲームならではなんじゃないかと思います。

やっぱ、PVだと映像作品であって鑑賞する物って感じだし。

雰囲気はクールっぽい感じで、もー少し「リズム天国」のよーなポップさがあっても良いよーな気がしましたが、雰囲気変えちゃうと元の「Just Dance」からかけ離れちゃうので難しいかもね?

ちなみに、Wiiリモコンのモーションセンサーで成否判定するので、踊りはアバウトでもOKだったりします。
逆に言えば「手抜きもOK」って事が、体丸ごとで判定するXbox360のKinect用ダンスゲームとの違いだと思うんですが、子供相手ならこのアバウトさは重要かも?

ただ、Wiiリモコンを握ってなきゃいけないのが、手に負担を感じるのよねん。

テレビCMを見れば分かるよーに女性ユーザを意識してるので「エクササイズモード」もあります。
確かに結構体を動かすので良いかもしんない。

ところで、もう1つのWiiリモコンは何処に行っちゃったんだろ?
随分前に仕舞い込んだおかげで見つかりません。どこだー!(^^;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そんな低価格のAndroidタブレットで大丈夫か?

2万円を切る「IdeaPad Tablet A1」に不安はないか?

PC業界大手のレノボが、2万円を切る7型Androidタブレットを発売したつーことで話題となっていますが、そんな「IdeaPad Tablet A1」のレビュー記事。

結論としては「普通に使える」って事らしい。
無印「GALAXY Tab」と同じよーなスペックなのでそーなんだろーなぁ。

レノボらしく堅牢性をアピールしている点も良い。

スマホの使い勝手ってどーなんだろ?とか、何が出来るの?って興味はあるけど迷ってる人なら、Android入門機として買っちゃっても良いかも?

家の中の調べ物端末や、フォトフレーム代わりや、「VULKANO FLOW」を利用して何処でもテレビとしてとか、色々余生を過ごさせるとか事も出来るはずだし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ版「妖怪人間ベム」を見た感想

奥さんが「気になる」と言って録画したドラマ版「妖怪人間ベム」の第1話を見ました。

オープニングはアニメ版のカバーだったり、冒頭にはお馴染みのナレーションも入ってた。
オープニングはもっと渋い感じにした方がアラサーにはウケたかも?

亀梨くんの「ベム」はイケメンすぎだったけど、杏ちゃんの「ベラ」と福くんの「ベロ」は殆ど違和感が無くて良い感じ。
福くんはまんま「ベロ」って感じ、「ベラ」はちょっとセクシーすぎるけど。(笑)

「オイラ、怪しい者じゃないよ」と言いつつも怪しすぎて印象的だった人間形態の3本指は流石に厳しいのか普通に5本指になってました。

肝心の妖怪形態の着ぐるみやアクションシーンは、正直スーパーヒーロータイムの2番組の方が完全に上な印象。もーちょっと何とかならなかったのかなぁ?
特に着ぐるみの質感が全然有機的に見えねーでやんの・・・。( ̄з ̄)

なので、それほどテンション上がらず見てましたが、最後に出てきた柄本明が演じる「名前の無い男」がアニメ版「ベム」の見た目そのままで「なんですと!」と意表を突かれて続きが気になる次第であります。コレはやられた。(笑)

あと、どーでも良いけど人工的に生み出されたんだから「妖怪人間」じゃなくて「人造人間」だよね・・・。(^^;A

それとピノキオもそんな気がするけど、人間になれて『幸せ』とは限らないよねぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

報道ステーションの「脳死での臓器提供…家族の思い」って特集を見て

何気に10/20にやってた報道ステーションの「脳死での臓器提供…家族の思い」って特集を見たんですけど、複雑な気持ちになった。

内容は臓器提供側家族に密着したドキュメントで、お母さんが倒れて一命は取り留めたものの脳死判定で「脳死」と判定され、臓器提供に関する本人の意思表示は無かったんだけど、生前のお母さんが臓器提供の話題の時に「使えるものなら使って欲しいよね」と話してた事で、家族が臓器提供の承諾をした流れでした。

今年の7月に提供臓器不足を解消するために臓器移植法が改正されて家族の承諾があれば臓器提供が可能になりました。

それが適用されたケースだったんですが、家族の決断って行為が非常に重い。

目の前の肉親の意識はもぅ戻らないし、既に脳死判定で死亡宣告を受けてる事は頭では分かってても無理矢理ながらも心臓は動いているし、体も温かい。

臓器摘出手術前、お母さんは家族の手で体をキレイにしてもらい、手術室へ入っていった。

そして臓器摘出手術から帰ってくると急速に体が冷たくなる。
その家族達はお母さんの手足をずっと握って失われる体温を感じてた。

それを見てて、人のためとは言え、決断した家族は自ら手を下してしまったよーな罪悪感を感じてしまわないか非常に気になった。
それをケアするために色んな人がフォローしてるんだろーけど、「失われる体温」ほど死を実感させる物は無いと思うので覚悟してても相当なショックなんだろーなって思う。

んで

  • 提供する臓器に提供側家族のメッセージが添えられる事。
  • 移植手術が終わって数ヵ月後に国からの感謝状と提供を受けた人からのメッセージを貰える事。

上の2点はこの特集を見て初めて知った。

提供側とそれを受ける側の関係は複雑な感情の上に成り立っているので、もっとドライに進むかと思ってたので意外だった。
流石に移植コーディネーターを経由してのやり取りだったけど。

と言うことで、寝る前に自分の健康保険証の裏にある臓器提供の意思表明欄に記入しときました。
ペン1本持ってチョイチョイと書くだけで、家族の決断に対する心理的負担を少しでも減らす事が出来るかもしんないなら、これほど費用対効果が高いのは他に無い訳だし・・・。

まぁ、そんな事になるとは無いだろうって、お気楽人間は根拠の無い妙な安心感に満たされちゃってますけどね。(^^;A

ちなみに7月の臓器移植法の改正には年齢制限も撤廃されたため、子供でも臓器提供が可能になりました。

小児移植は先天性の病気を克服するためのケースが多いと思いますし、未来への可能性に繋がる大変意義のある事だと思いますが、じゃ自分の子供が対象になったらと思うとなかなか割り切れませんね。
仮に死を受け入れたとしてもキレイなまま送ってやろうと思いそーだし、それでいて子供の一部が他の子供の体の中で生き続けてくれるなら、それが子供が生きた証のよーに思えたりするし、相反する思いがグルグル回って結論が出せるのか全く自信がありません。

あと、奥さんが・・・って思うと眼球はどーしよかなって思う。
摘出後に義眼を入れてくれるそーだし、まぶたは閉じてるし、他の人が光を取り戻せると思うと良いよーな気がするけど、顔の一部だけに躊躇しそうな気がする。

で、この特集のあとが「カダフィ大佐死亡」の速報でした。
同じ「死」を扱った内容ですが、血まみれの画像とか雰囲気が違いすぎて何だか妙な気分になったのでした・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロインラインスケーター安床武士氏がスキーハーフパイプに参戦!

重大ニュース!

上記は安床武士氏の公式ブログへのリンクでしてソチ五輪のスキーハーフパイプ正式種目化に伴ってスキーハーフパイプに参戦するそーです。おー!!

以前、この記事

とりあえず、JOCやSAJは安床兄弟とか金島総一郎君とかにスキーを履いて貰うよーに頼み込んだ方が良いかもね?

なーんて書きましたが、ホントに実現しちゃうとは。(^^;A

ググったらご本人も4月ぐらいにTwitterで

スキーのパイプ…練習するか(笑)

って発言されてたんですね。

ちなみに何故このタイミングで発表かと言うと「Bravoski vol.2」に載ってるからって事だそーです。

あと、「転向」ではありません、ショーンホワイトのよーに並行してやるそーです。
彼は「アグレッシブ インラインスケートの普及」が主目的なので、注目の集まりやすい五輪競技で結果を残して、その流れでインラインスケートの露出が上がれば・・・って事のよーです。

スキーハーフパイプは、スキーの滑走技術がエアの高さに直結するだけにスキー本来のスキルも要求される競技ですし、海外と比べても環境面でも非常に厳しい世界ですが、同じ縦乗り系であるインラインスケートの技術も十分活かせるはずなので非常に期待しております!

って事で、他のアグレッシブなプロインラインスケーターの方々の大量参戦をお持ちしています。
厳しい自然環境相手だけに非常にお金かかるけど、その格好良いスタイルが多くの人の目に触れないのは非常に勿体無いと思います。

もぅね、板買ってフラフラと大会に出てシレっと優勝しちゃえば良いと思う。(^^;A

既存のスキー側コンペティターを決して馬鹿にしている訳じゃ無いんですけど、環境も人材も不足過ぎなんだもん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カセットガスを使った屋内向けコードレス小型ストーブ

カセットガスを使用するコードレス小型ストーブが売れている

こーゆーのってアウトドア用しか無いと思ってましたが家庭用も出たんだねぇ。
うむ。キッチンや洗面所で使って良いかも?

燃焼時間が、カセットガス1本で約3時間20分なら十分使えそう。
完全にコードレスなのも良い。
出来ればファンがあると良いけど・・・防災グッズとしても良さそう。

ただ、常用すると空のカセットガ缶が増えるのが面倒だけどね。

あと、安定感がありそーなので危険を承知で車中泊で使う強者が出てきそーな予感。(^^;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

ドコモのXiスマホ向け料金プランとか

ドコモが新機種を発表しました。
CEATECでチラ見させてたXi対応スマートフォンも正式にお披露目されました。

で、個人的に注目してたのがXiスマホ向け音声料金プラン。

発表されたXiスマホ向けの音声料金プランは「次世代通信だから高い」って気負いもなく利用できるよーになってて、いつものドコモらしくないほど良い感じ。(笑)

特にパケット定額サービス「Xiパケ・ホーダイ」がテザリングでも追加料金は発生しなくて、よーやく真のテザリング解禁を果たしてるのに「おー」ってな感じ。

データ通信プランのXiタブレットでもテザリングを解禁しているから同じと言えば同じなんですが、FOMAでは音声プランとデータ通信プランでテザリングの扱いが違ってただけに大きな変化を感じます。

また、7GBの敷居を設けているのもデータ通信プランと同じですが、理解しやすくなったので良いと思うし、普通の人なら現時点は7GBで十分でしょ。

で、何故ドコモがそんなに気前が良いのかと言うと、恐らくは3大キャリア中唯一取り扱わない事になったiPhoneへの牽制と、上記の記事にあるよーに、トラフィックの重荷になっているFOMAのヘビーユーザを一刻も早く余裕のあるXi側へ移行させたいって話のよーです。

Xiエリア外は既存のFOMAで対応できているし、どーせ2年縛りされるんですから、今のうちにXiスマホに行っちゃっても良いんじゃないかな?

ちなみに愛用している「GALAXY Tab」の後継機「GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D」も発表されました。
残念ながらXiには対応していませんが、OS・CPUが上がってまして良い感じ。ちょっと欲しい。
OSがタブレット向けAndroid 3.2なのに独自実装で音声通話が出来るよーになっているのが「画面&バッテリーがデカいスマホ」と7インチ「GALAXY Tab」らしいって感じ。

あと、最新OS「Android 4.0」を搭載した「GALAXY Nexus」もドコモから11月に出るそーです。
ただ、OSが最新のAndroid 4.0ってだけで端末のスペック的には他のハイスペック機と同等で「Nexus S」のよーなロードマップを示す『特別な機種』と言う訳ではない印象。
(それだけ、Android端末メーカ各社の最新コンポーネントに対するキャッチアップが早くなり、iPhoneとの差を急速に埋めた証拠でもあります)

Android 4.0はAndroid 3.X同様に前面の物理ボタンが廃止されてます。
なので、現行のAndroid 2.XをAndroid 4.0に上げる場合に既存の物理ボタンの扱いをどーするのか個人的に気になったりします。

その他はUIの改善がメインなのと、「Windows Phone 7」で象徴的だった「Peopleハブ」同様の「People」アプリが追加されてAPIも提供されるそーです。
また、NFCの近距離通信を使った共有機能「Android Beam」も追加されました。

うーん、スマホ向けでは久しぶりのOSメジャーバージョンアップなんですが、「iOS5」と比べると地味かな?
「iCloud」的なアプリのバックアップ機能があったりすると良いんだけどねぇ。
複数のAndroid端末の同じアプリを突っ込んで同じ設定をするとか地味に面倒だったりするし。

まぁ「iCloud」のその他の機能は、Androidだと既に実現しちゃってる訳ですけどね。バラバラの名前になっているから、あんまり気付かないんだけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷ご飯で食パンが作れるよーになった「GOPAN」新機種

「GOPAN」、改良されてパナソニックから登場

米粒からそのまま米粉パンが作れるホームベーカリー「GOPAN」の新機種がパナソニックから発表されました。

製パン工程を見直しされて改良されて、より均質なキメ(気泡)のお米パンができるようになったそーです。

また、パナソニックのホームベーカリーに搭載されている「ごはんパンコース」が追加されて、小麦粉に最大200gまでの冷ご飯を加えてパンを作ることが出来るよーになりました。

余ったご飯を有効活用できてなかなか良いかもしんない。

コレで炊飯器レベルの簡単さだったら良いのにねぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

E17口金タイプもラインナップされた人感センサー付LED電球

アイリスオーヤマ、人感センサー付LED電球に60W形など8機種投入

アイリスオーヤマの人感センサー付きのLED電球「ECOLUX(エコルクス)」シリーズに新機種が追加されます。

E26口金タイプは30W相当~60W相当までの6機種を追加し、新たにE17口金タイプもラインナップに加わりました。

廊下のダウンライトに多用されているE17口金タイプが追加って事で結構嬉しい人は多いかも?

ただ、人感センサーが頂点部に設置されて動かせないので電球が斜め付けだと正常に動作しないかもね?
って事で試したい人は、1個だけ買って試した方が無難ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フレームセットの子フレームに親フレーム側からPOSTする

「今更フレームセットを使うのかよ」って話ですが、場合によっては便利なので使う機会がありました。

で、親フレーム側で受け取ったパラメータを子フレームへ渡すのにはGetパラメータかサーバサイドの仕組みが持ってるセッション変数ぐらいしかありません。

IEの場合は<head>要素に<form>を書いて<frameset>のonLoadイベントでPOSTする事も可能なんですが、ChromeやFirefoxだと<head>要素内の<form>は無視しちゃうため、「Formオブジェクトが無い」とエラーになってしまいます。

じゃ、後からFormオブジェクトを生成してやれ!
って事でコードを書いてみたら上手く行きました。

Formオブジェクトにぶら下がる各パラメータも生成しないとダメですが、この方法であれば、親フレーム側で受け取ったパラメータを子フレームへPOSTする事が可能です。

ちなみに生成したFormオブジェクトは、document.bodyの下に置かないとフォームとして機能しないのでご注意を・・・。

↓以下、サンプルコードです。

<html>
<head>
<title>子フレームPostテスト</title>
<script language='JavaScript'>
<!--//
    function framePost(){
       
        //Formオブジェクトの作成
        var MyForm = document.createElement("FORM");
        document.body.appendChild(MyForm);
       
        //パラメータ用オブジェクトの生成
        var MyInput = document.createElement("INPUT");
        MyInput.setAttribute("type","hidden");
        MyInput.setAttribute("name","value1");
        MyForm.appendChild(MyInput);
       
        //パラメータを子フレームへPOST
        MyInput.value = "上フレーム";
        with(MyForm) {
            action = "test_F1.asp";
            target = "topFrame";
            submit();
        }
        MyInput.value = "下フレーム";
        with(MyForm) {
            action = "test_F1.asp";
            target = "downFrame";
            submit();
        }
    }
//-->
</script>
</head>

<frameset rows="50%,*" onLoad="framePost();">
    <frame name="topFrame">
    <frame name="downFrame">
</frameset>

</html>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

レノボの2万円以下の7インチAndroidタブレット「IdeaPad Tablet A1」

レノボ、7型/Android 2.3搭載の「IdeaPad Tablet A1」

レノボから激安7インチAndroidタブレット「IdeaPad Tablet A1」が発表されました。

安さの秘密は内蔵フラッシュメモリが2GBと少ないおかげです。
まぁ、microSDカードスロットもあるので、アプリをボコボコ入れる人じゃなきゃ大丈夫かも?

ちなみにもっと容量が欲しい人には16GBモデルも用意されてまして、お値段は2GBモデルが2万円以下、16GBが27,000円前後だそーです。

液晶は1,024×600ドットで、2点までの静電容量式のマルチタッチ対応、OSはAndroid 2.3、CPUは1GHz駆動の「OMAP 3622」と今時のAndroidタブレットのスペックではありませんが、私が使っている「GALAXY tab」とほぼ同等ではありますので普通に使えると思います。

3G回線に対応していないので地図データを予めダウンロードしておくなどの工夫が必要となりますが、GPSは単独で使えるタイプなので頑張ればカーナビ代わりに出来るよーな気がします。

一応、予め地図データをダウンロードしといてオフラインでも利用できるナビアプリ「NavDroyd」がプリインストールされています。
ただ、地図データが「OpenStreetMap」だったはずなのでちょっと心細いかも?

ちなみに7インチなのは「女性でも片手で持てるから」とのこと。
そのおかげでカラーバリエーションは4色展開ですが・・・対象は16GBモデルだけだったりします。(^^;A

創意工夫が必要なりますが、カーナビ+フォトフレーム+Web端末+子供の暇つぶし玩具とAndroid端末らしく応用範囲が広いだけに2万円切りの価格は衝動買いできそーな感じで結構衝撃的。
価格が安いので液晶の表示品質が気になりますが・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

au版「iPhone 4S」についてのFAQとか

通信方式の違いや国際規格への対応具合とかで違いが出ているau版「iPhone 4S」のQA集なんかが出ております。

auのキャリアメールとMMSの関係がイマイチ理解してなかったので、この前の記事の「違いの列挙」には入れなかったんですが、au版でのMMS対応に関しては「現在調整中」とのこと。

ただ、iPhoneに限らずAndroid機でも今後はグローバルモデルが増えるでしょーから、auがMMS対応しておくのは無駄では無いよーな気がします。
独自規格のキャリアメールとの橋渡しが面倒だと思いますが・・・。

ついでに「ezweb.ne.jp」のキャリアメールについてですが、新着メールは最短15分間隔でのチェックだそーでプッシュ対応してないみたいです。ちょっと痛いかも?( ̄▽ ̄;A

ただ、auのキャリアメールはGmailベースの「au one メール」と連携できるので「au one メール」のプッシュ通知を利用すればメールの新着をリアルタイムに知る事は出来ると思います。
しかし、最初の連携設定にガラケーが必要なので新規やMNPで入ってきた人には対応できませんねぇ・・・。( ̄з ̄)

また、「iPhone 4S」のmicroSIMカードはアダプタをかましてガラケーに使う事も原則可能だそーです。
料金プランも従来のが一応出来るっぽいらしいので、高機能版iPod touchとして「iPhone 4S」を入手し、SIMをガラケーに戻して運用するって事も出来るかもしれません。
もちろん、無理矢理なのでauのサポートは受けられないですし、「iPhone 4S」のGPSがA-GPSなのでGPSは使えないかもしれませんが・・・。

緊急地震速報に対応していますし、CDMA・GSM・UMTSの国際ローミングにも対応しているそーです。
ただ、国際ローミング中のSMS送受信についてはCDMA圏内のみだそーで、GSM/UMTS圏内は今後に対応予定だそーです。

テザリングは出来ない見込み。まぁそーだよね。(^^;A

iMessageやFaceTimeへの対応については近日中に対応予定だそーです。
FaceTimeとかはWi-Fi環境下のアプリなので当初から利用出来ても良さそーな気がするんだけど、iPhoneの場合は接続に電話番号を使ったりSMSも使っているみたいと3G回線の機能を使う仕組みのよーなのでキャリア側にも何かしらの対応が必要っぽいみたい。

んで、公式QA集の中で明らかのSBMを意識している部分がありまして、通信エリアの広さについては

「CDMA:新800MHz, 2.1GHz帯の両方のエリアに対応しております。広範囲なエリアでつながるiPhoneをお楽しみください。」

と解答し、通信速度については

「最大速度で上回る他社端末よりも平均して高い通信速度を記録しています。」

と、なかなかアグレッシブな公式回答となっております。

ちなみにSBMがSMSやMMSにすんなり対応出来ているのはボーダフォン時代の遺産のおかげのはず。
当時の日本のケータイ事情はガラパゴス最盛期だったので「使い辛い」って散々叩かれましたが、近年のグローバルモデルの台頭とauもiPhoneを扱う事で再評価される状況になり、よーやく面目躍如って感じなのかもしんない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

「iPhone 4S」のカメラ性能は結構スゴイかも?

人々の日常を変えるユーザー体験の飛躍――iPhone 4Sが見せる成熟と完成

カメラ周りの性能アップも「iPhone 4S」のウリなんですが、思ってたよりスゴかった。
(すいません、公式サンプルをあんまり信じない性質なので・・・。(^^;A)

流石に専用機に比べればイマイチなんでしょーけど、ケータイカメラとしてコレだけの画質の静止画と動画が撮れるのは素直にスゴイ。

ダイナミックレンジも広いと思うし、動画は30fpsながらもフルHDで手ブレ補正も結構優秀。
顔認識にも対応して、それでいてレスポンスもサクサク。

オマケに撮影した映像を豊富な加工してネットにアップするまで出来るんだもんね。
わざわざ「iMovie」をiOSアプリとしてリリースしたのは、このための布石だったのか!ってな印象。

明るいレンズ+改良された裏面照射型CMOSセンサーや、パワフルなA5プロセッサが可能にした高度な画像処理の賜物なんだけど、見た目が変わってないくせに中身頑張りすぎだわ・・・。

って事で割賦残金が残ってる「iPhone 4」の人は指をくわえてるしか無いっぽいですが、「iPhone 3G/3GS」の人は「iPhone 4S」に移っちゃえば良いじゃない。SBMは一括購入者でもキャッシュバックしてくれるそーだし。(関連記事

あと、iPhone側がフルHD化を果たしたんですが、Apple TVへのAirPlayミラーリングが720p止まりなのはチョット残念。
早急なアップデートが望まれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Eee Pad Slider」も良さ気

Androidタブレット+スライド式キーボードの「Eee Pad Slider SL101」を速攻チェック

スライド式キーボードを装備したAndroidタブレット「Eee Pad Slider SL101」のレビュー記事。

Androidのオフィス系アプリはMS Officeとの互換性がイマイチなので本気で仕事に使うには、まだ力不足ですが、調べ物やブログ・つぶやきなどの情報発信マシンとして唯一のスライド式キーボードを備えた本機はなかなか良さ気。

タブレット端末なので外に持ち運ぶのもちょっと大変ですし、3G回線に対応していませんが、Googleドキュメントを良く利用している人には、逆に重たいノートPCの代わりになって良いんじゃないでしょーか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony Tabletが来年春以降のアップデートでBDレコーダーの録画番組が視聴できる見込み

ソニータブレット、レコーダの番組視聴に来年対応予定

現在、「Sony Tablet」はBDレコーダの録画番組をDLNA経由で視聴できません。

大手映像機器メーカのタブレット端末として致命的だと個人的に思っているんですが、只今DTCP-IP対応を行っているそーで、来年春以降のアップデートによりBDレコーダーの録画番組を視聴できるよーになる見込みだそーです。

ソニーのBDレコーダー連携として、もうひとつ特徴的な「おでかけ転送」については検討中との事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

au版とSBM版の「iPhone 4S」の違いを列挙してみる

いよいよ価格や料金が発表されて「iPhone 4S」の予約が開始されました。
au版とSBM版も「iPhone 4S」は同一ハードなのでスペック的な違いはありません。
しかし、それを取り巻く通信会社の事情などで違いがあったりします。

って事で違いを列挙してみよーかと。(違ってたらゴメンなさい(^^;A)

au SBM
実質負担額(16GBモデル) 0円 0円
実質負担額(32GBモデル) 10,320円 11,520円
実質負担額(64GBモデル) 20,640円 21,120円
料金プラン 「指定通話定額」がある
パケット通信費 「IS フラット」(キャンペーンで)
月額4,980円
「パケットし放題フラット」
月額4,410円
パケット通信方式 CDMA2000 1x EV-DO Rev.A
(下り最大3.1Mbps)
W-CDMA HSDPA
(下り最大14.4Mbps)
利用周波数帯 新800MHz帯
2GHz帯
2GHz帯
通話とパケット通信の同時使用 不可 可能
通信速度規制 直近3日間 (当日は含まない)のパケット数が
300万パケット以上
→終日制限
前々月の月間パケット数が
1,000万パケット以上
→1ヶ月間制限
キャリアメール 当初から対応予定 対応
SMS 当初から対応予定 対応
その他 MNPで1万円キャッシュバック パケット通信費が0円~の専用プランのiPad2が購入可能

こんな感じかな?

音声通話に関してはau側に「指定通話定額」があるので電話魔な人には料金プランの組み合わせ次第ではSBMより電話代を安く出来るかも?

ただ、パケット通信についてはスペック&料金はSBMに完敗。

結構盲点なのがau版はCDMA方式の制約により音声通話とパケット通信は同時に行えない点。
ハンズフリー通話をしながらGoogleマップを見るなんてスマートフォンらしいマルチタスクが活かせない場合が発生します。

自分もau回線はガラケーなので指摘されるまで気付きませんでした。
ガラケーでも通話が終わってからメールを受信するのは、ケータイの処理速度上の問題だと思い込んでたし。(^^;A
ちなみに通信にWi-Fiを使っている状況は3G回線が空いているので音声と通信の同時利用は可能です。

あと、既存iPhoneユーザの大きな不満だった「繋がりやすさ」はauの方が周波数特性的にも良いはず。
しかし、「iPhone 4S」はグローバルモデルゆえに基地局が充実しているauの旧800MHz帯には対応していません。
公式サイトのスペック表を確認すると「iPhone 4S」はCDMAでも2GHz帯もサポートしているっぽいので、新800MHz帯+2GHz帯で使えるはずですし、auも現在新800MHz帯への切替真っ最中なので徐々に状況は良くなるはずですが、逆に言うとそれまでどーなのか?ってのが気になる部分です。

その他、回線については上記以外に通信速度規制も気にする人は気にしないといけないかもしれません。

と、なかなか悩ましいですねぇ・・・。(^^;A

ただ、最近のAndroid機が次々と次世代通信方式に対応している状況を考えると「iPhone 4S」の陳腐化は「iPhone 4」と比べて早いよーな予感がします。
おそらく1年後に出てくるはずの「iPhone 5」が次世代通信方式に対応しないなんてありえないでしょーから、陳腐化は更に加速するはず。

「iPhone 4S」のデュアルコアな「A5」とかフルHD動画対応とか魅了的ですが、現在「iPhone 4」ユーザの人が「iPhone 4S」へ乗り換えるべきかと言うと「ぶっちゃけiPhone 5を待てば」ってのが正直な感想だったりします・・・。(^^;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

Apple会長のスティーブ・ジョブズ氏が死去

Appleのスティーブ・ジョブズ氏が死去

Appleの創業者であり会長でもあるスティーブ・ジョブズ氏が亡くなったそーです。

今年の8月に病気療養を理由にAppleのCEOをティム・クック氏に譲り、会長となって表舞台から降りてました。
その時から体調を不安視する声が出てましたが、まさかこんなに早いとは・・・。(´・ω・`)

Appleを創業し、洗練された「Macintosh」を生み出しつつもスカウトしたCEOとの関係が悪化してAppleを追い出され、その後に創業した「NeXT Computer」は商業的に失敗しつつも、革新的なOSを作ってたおかげで今の「Mac OS X」に繋がり、それが低迷していた当時のAppleへの復帰→CEO就任のきっかけとなり、iTunes・iPod・iPhoneでAppleの時価総額を世界一に押し上げた立役者でした。

iMacでPCにもデザイン性が重要な事を示した人でもありますし、CGアニメーション映画の代名詞となっている「ピクサー」を立ち上げた人でもあります。

非常にワンマンな印象で、実際にApple製品は囲い込みがキツイし、iPhoneのスペックを見れば分かるよーにハードウェアも実はそれほど革新的では無かったりします。

しかし「Apple=ジョブズ」を強く印象付けたプレゼンの巧みさや、そのカリスマ性、完全主義者だけどパッケージングが非常に上手いと、この人ほど「他人に魔法をかける」事に長けた人は居ないよーな気がします。

Appleの製品に関して個人的に囲い込み感がイヤな事もあってiPodぐらいしか持って無いんですが、Appleから生み出される製品群には欧州車のよーな憧れを未だに抱いてますし、Appleになら囲い込まれても良いと思わせる心地良い「ユーザ体験」を提供し続けている事は素晴らしいと思います。

彼と良きライバルでもあり、「パーソナルコンピューティング」と言う面では盟友でもあったビル・ゲイツ氏が居なかったら、我々は今のよーにコンピュータを身近に使う事は出来なかったはずだし、「Think Different」の継承者であるiPod・iPhoneが示したビジョンは世の中へ計り知れないほどのインパクトを与えたと思います。
それほど偉大な人でした。

ちなみにジョブズ氏とゲイツ氏は同じ1955年生まれだったりします。

今回のニュースのタイミングが、マスコミの煽った幻の「iPhone 5」のおかげでガッカリ感が世界中に漂ってた最中だっただけに、カリスマを失ったAppleと新CEOのティム・クック氏には偉大な先代を超える試練が世間から課せられそーですね。

でも、「iPhone 4S」はジョブズ氏がCEOの時に企画された物だし、デュアルコアな「A5」とか、日本語に対応してないけど音声認識技術の「Siri」とかは結構スゴイと思うんですけどね・・・。(^^;A

と、言うわけでジョブズ氏、お疲れ様でした。
先代越えは大変だと思いますがAppleには「One More Thing」で、まだまだ面白い事をやり続けて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「iPhone 4S」は「iPhone 4」と微妙にデザインが違っているっぽいのでケースを買う場合に注意が必要かも?

写真で見るiPhone 4S ~国内版は全てSIMロックに

まぁ、iPhoneの売り方的に「iPhone 4S」のSIMロックはとーぜんかな?と思います。

で、本題ですが「iPhone 4S」のデザインは「iPhone 4」と殆ど変わって無い印象だし、寸法の違いも無いんですが、ちょっと違ってるそーです。

「iPhone 4S」のデザインは、「iPhone 4」をCDMA対応する際にデザインの変更が行われていましてアメリカのVerizon版「iPhone 4」のデザインを踏襲しているそーです。

んで、スイッチの位置が数mm移動してたり、アンテナの切れ込みが1つ増えてたりするそーです。

上記の違いにより現在国内に出回っている「iPhone 4」向けカバーやケースとかだと合わない可能性があるかもしれないので注意が必要かも?

純正の「Apple iPhone Bumpers」は、既にマイナーチェンジ済みなので「iPhone 4S対応」を謳っていますが、お店とかで「iPhone 4S」用にケースを購入する歳は、「iPhone 4S対応」と確認できるヤツが無難のよーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone 4S発表&SBM以外にauからも発売が確定

iPhoneの新機種「iPhone 4S」が発表されました。

CPUはiPad2と同じ「A5」になり、動画撮影がフルHDにアップしています。
また、メインカメラの画素数がアップしててレンズも明るくなって顔認識も行うそーです。
Bluetoothも最新の「4.0」になっています。

今回の発表イベントを「Let's talk iPhone」と題した通り、音声認識機能も搭載されています。(日本語の対応は未定)

あと、W-CDMAは下り最大14.4MbpsのHSDPAに対応して通信速度が速くなっています。

また、今回から同一モデルでもCDMA方式の3G回線にも対応したため、auの3G回線でも「iPhone 4S」を使えるよーになりました。
(ただし、CDMAを使用する目的で購入&アクティベーションを行わないとCDMAを使えないとの事)

CDMAに関しては「iPhone 4」のCDMA版と同じよーで「EV-DO Rev.A(下り最大3.1Mbps)」止まりのよーです。
(auの最新機種が対応している「WIN HIGH SPEED」は「EV-DO MC-Rev.A」と言われる規格で、「EV-DO Rev.A」の伝送波を3本束ねて下り最大9.2Mbpsの高速通信を実現しています)

残念ながら「iPhone 5」ではないし、デザイン面での変化も殆ど無いため進化内容が地味だったりしますが、定評のあるレスポンス性能が更に向上したのは良い感じだと思います。

ただ、「HSPA+」や「WiMAX」や「EV-DO MC-Rev.A」や「NFC」を載せてこなかったのは結構残念。

既存auユーザとしては、iPhoneユーザが一気にau回線に流れてきて「繋がらねぇ」or「遅い」って感じにはならなさそうで、正直ホッとしました。(笑)
(まぁ、私の場合パケット通信はドコモ回線メインでau側はケータイメールしか使ってないけどね。(^^;A)

10/14から発売だそーで、SBM・auのショップ以外にAppleストアでも買えるよーです。
ちなみにSBM・auは10/7から予約の受付を開始するそーです。

あと、同じiOS仲間のiPod Touchは中身変わらず値下げ&ホワイトモデル追加となります。(関連記事

それにしても「iPhoneがauからも出る」って事前にリークさてなけりゃ、妙なガッカリ感を感じずに済んだのになぁ・・・。(^^;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

4Kやらタブレットやら録画サーバやらで東芝の「REGZA WORLD」が結構本気

東芝の映像ブランドである「REGZAシリーズ」の新機種が発表されたんですが、てんこ盛りすぎ。
DVDレコーダの「RDシリーズ」や液晶テレビの「CELL REGZA」の時から突出した個性を持ってましたが、ココまで各映像機器との連携を全面に展開するのは、ちょっとスゴイかも?

まずは、フルHDの4倍の画素数「QFHD(3,840×2,160ドット)の4K/2Kパネルを搭載した液晶テレビ「55X3」について。

「そんな4K/2Kのパネルを積んでもソースなんて存在してないじゃん」って、いつも通りの話になるんですが、コレの主ターゲットは裸眼3Dのため。
3D方式が視差を作るために画素を消費する方式のため、3Dでもハイビジョンらしい解像度を維持するためにQFHDの液晶パネルを積んだそーです。

ちなみに3D時の解像度は1,280×720ドット。
もちろん、2D-3D変換機能も搭載してますし、「フェイストラッキング機能」でテレビ前の人の顔を検出し、3D表示領域を自動調整する機能も搭載されています。
また、DVDやデジタル放送などの映像ソースは超解像技術によりQFHDにアップコンバートされるそーです。

今時のテレビらしく、外付けのUSB HDDを接続する事で番組の録画も出来ます。
DLNAのサーバ/クライアント(レンダラー)の機能も備えています。

ちなみにお値段は90万円前後を予定だそーな。( ̄▽ ̄;A

また、コレで大画面テレビの画素数が800万画素を超えた訳で、SDメモリカード内のデジカメ画像の情報量を潰さずに表示できるテレビ環境がよーやく整ったって事は、ちょっとだけエポックメイキングかもしれません。

続いては、Androidタブレット端末「レグザタブレット」。

以前にも「レグザタブレット」は存在していましたが、超解像度技術を取り込んだだけで「REGZA」を冠しながらも他のREGZAシリーズ機器と映像連携を行う事は出来ませんでした。
今回の「AT700/35D」「AT3S0/35D」で、よーやくREGZAで録画した番組をDLNAで視聴できるよーになりました。

「AT700/35D」は10.1型、「AT3S0/35D」は7型で、それぞれ価格は7万円前後、5万円前後だそーです。

豊富なアプリ群「レグザAppsコネクト」が利用できる他に、番組持ち出しにも対応予定だそーで、対応するREGZAブルーレイや液晶テレビREGZAで録画した番組をLAN経由でタブレット側に転送することが可能です。

また、放送中番組の転送にも対応してて「RZライブ」ってアプリを使って見ることが可能だそーです。
ちなみに「RZライブ」はタグリストシェアやTwitterにも対応とスポーツ観戦時などに盛り上がれる機能も搭載しております。

3G回線に対応していないので別途モバイルWi-Fiルータが必要になりますが、タブレット端末として持ち運びできる貴重なサイズの7型である「AT3S0/35D」は番組持ち出し再生機&Android端末として出先で活躍してくれそーな感じです。

まぁ、その前にバッテリーが持つのか?って話もありますが・・・。(^^;A

次は、6チャンネル15日間分の番組を録画するタイムシフト機能を備えたレコーダ/ホームサーバ「レグザサーバー」。

CELL REGZAシリーズなんかに入ってた多チャンネル録画機能「タイムシフトマシン」を単体レコーダ化した製品です。

通常録画用のチューナも2系統装備してて、通常録画用2チューナ+タイムシフト用6チューナと合計8チューナを装備したモンスター録画マシンとなっております。

一応、3DのBlu-ray再生やBDへのタビングにも対応していて普通のBDレコーダーとして使えるよーになっています。
ただ、「おまかせ自動録画」や「編集ナビ」などの一部機能は省かれているそーな。

「レグザサーバー」はホームサーバでもあるのでDTCP-IP対応のDLNAサーバとしても機能します。

で、東芝はREGZAシリーズ一連の連携を「REGZA WORLD」と呼んでいますが、「レグザサーバー」+「レグザタブレット」で場所と時間に捕らわれない視聴環境が構築できることとなりました。
しかも全てワイヤレスで実現できているのはスマートで良い感じのよーな気がします。

あと、3Dコンテンツ普及の妨げになってた3D時の解像度の劣化に対して、QFHDの液晶パネルと力技ながらも解決を図ってきたのは評価できるよーな気がします。
(まぁ、3D表示時の画面を実際に見て無いので画質がホントに良いのかは分かりませんけどね)

って事でソニーも頑張れよ。

商売的にコンテンツ配信も結構だけど、自社BDレコーダーの映像配信に対応してないよーな『普通の』Androidタブレットなんて出してる場合じゃないぞな。
それで「2012年にAndroidタブレットシェアでナンバーワン目指す」なんてちゃんちゃらおかしいわ。( ̄з ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新たな需要を掘り起こせるか?SBMの「みまもりホームセキュリティ 101HW」

警報+お知らせメールで手軽に自宅を警備――「みまもりホームセキュリティ 101HW」

SBMの冬春モデルひとつとして、3G回線を使ったホームセキュリティ端末「101HW」が発表されました。

3G回線を利用と言う事でホームセキュリティにありがちな回線工事が不要なうえ、専用の料金プランが2年縛りで月額490円と安いのが特徴です。

ただ、一般的な警備会社のホームセキュリティとは異なり異常を感知した場合に警備員が飛んでくるサービスはついていません。
あくまでも自分で自宅を警備するって目的の端末です。

また、ホームセキュリティ以外に「みまもりホームセキュリティ」と「みまもり」の文言が含んでいる事が示す通り、離れた場所に暮らす高齢者の見守り用としてトイレとかのドアにセンサーをセットして一定期間動作を検知しない(=ドアが開かない)場合に「みまもり通知メール」をSMSで送信する「みまもりモード」を備えています。

また、子供が帰宅した際に「101HW」に暗証番号を入力すると「帰宅通知メール」をSMSで送信する「帰宅待ちモード」も備えています。

ちなみに各通知メールはSNSなのでSBMのケータイ宛は無料ですが、他社ケータイ宛の場合は1通あたり3.15円の料金が発生するのでご注意を。

あと、ドアセンサーは電池式だそーなので、コチラに関しても配線工事は不要だそーです。
緊急地震速報にも対応していますし、事前に指定したケータイから状況を確認する遠隔操作にも対応しているそーです。

「ホームセキュリティは大げさだけど、だからと言って何もしないのも不安」と言う方には月額490円って料金はかなり魅力のよーな気がします。

あとは、離れた親向けにコレとフォトフレーム機能を組み合わせてくれると嬉しいかも?
もし、「101HW」がウケたらドアセンサーの他に火災とかガス漏れとか人感とかとセンサーの種類を増やしてくれたら良いかもね。

今後、需要が増えると思われる高齢者向けの見守り端末ですが、auから出てる「Mi-LOOK」が卓上ホルダに人感センサーを備えたケータイと、キッズケータイの延長なのに対して、SBMの「101HW」はホームセキュリティ専用機として出してきたのが、ちょっと面白い気がします。

コレは料金面でも違う訳で、「Mi-LOOK」が従来通りのケータイ向け料金設定に対して「101HW」はフォトフレーム機のよーな専用プランを設けている事も大きな違い。

どっちが良いのかはケースバイケースだと思いますが、自分が「不安だから」と実家に置くなら「101HW」かな?
月額料金が安くて月々の支払い額の変動幅が殆ど無く、設定後は放置しときゃ良いので。
どーしてもケータイの格好をされちゃうと通話料とか出てきちゃって、料金コッチ持ちと言う訳にはいかないもんね。
それに自分たち世代の親となると既に自分のケータイを持ってるし、キッズケータイのよーな外観だと「カッコ悪い」って言いやがるし。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »