« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の21件の記事

2012年2月29日 (水)

SBMがプラチナな900MHz帯を獲得

900MHz帯割り当て、ソフトバンクモバイルに 電監審が答申

地デジ移行により空いた900MHz帯への割り当てに4社が殺到してた訳ですが、大方の予想通りSBMに割り当てが決まりました。

900MHz帯が「プラチナバンド」と言われる由縁ですが、現在SBMが使っている2GHz帯のような高周波に比べて、900MHz帯は波長が長いため障害物などの影響を受けにくい特徴があります。

SBM版iPhoneを使ってて部屋の奥に行くと途端に電波が悪くなるのは通信に使っている周波数の特性によるものだったりする訳です。

ドコモやauは「プラチナバンド」である800MHz帯を既に持っているので、公平性から今回の900MHz帯の割り当てはSBMとイー・アクセスの一騎打ちと言われていました。

あと、割り当ての正式決定前からSBMは基地局を整備してたなんて話もあったので、SBMの気合の入り方と、同社の切迫した状況を総務省が汲んでくれたかもしれません。

んで、皆さんが気にしているSBM版iPhoneの事ですが、仕様的には900MHz帯に対応していますが、ココの記事によるとドコモの850MHz帯との干渉問題があるそーです。
しかし、iPhone 4以降ならば使える見込みらしいそーです。(何らかの対策をしてるんでしょーね)

ちなみに早ければ7月から利用可能とかって話らしいので「繋がらねぇー!」とお嘆きのSBM版iPhoneユーザの方はもー暫く辛抱すると報われるかもしれません。

ちなみにauは4月に基地局の負荷を分散する「EV-DO Advanced」ってヤツを導入する予定なので既存のスマホやau版iPhoneも実効速度が向上する見込みだったりします。

あと、700MHz帯も夏ぐらいに携帯用に割り当て予定になっとります。
最大で3社割り当てだそーで、今回の900MHz帯をGetしたSBM以外の事業者が優先されます。
唯一プラチナバンドを持っていないイー・アクセスはほぼ確実に割り当ててもらえるでしょーねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

DMMソーラー、超過分の電気料金を値下げ、その代わりに発電シェアを引き下げ

DMMソーラーの発電量シェアは「3:7」から「2:8」に。超過分の電気料金を引き下げ

「8万円で太陽光発電システムが設置できる!」とセンセーショナルに登場した「DMMソーラー」ですが、注目度の高さゆえに色々ツッコミが入った模様。(^^;A

特に発電した電力のうち、自分の取り分を超えて電気を使用した場合の電気料金を当初は売電単価と同じ42円としてたため、「普通に電気を買うより高いじゃねーかー!」とココを含めて色々な所で叩かれたよーで、超過分の電気料金を"普通の電気料金並"の24円に引き下げました。

その代わり当初は自分:DMM=3:7だった発電した電力シェアを2:8に引き下げました。

で、DMM曰く、超過分の単価が"普通の電気料金並"になったうえで自分の取り分が2割あるのでお得になりますよって事らしい。

確かに前に比べれば心理的敷居は下がったかも?
まぁ、中部電力の料金表を見ると現時点は24円でも少し高いんだけどねぇ。(^^;A

でも、国内の電気事情的に電気料金は値上げ傾向ですから逆に10年間24円で固定なら、住宅ローンの固定金利みたいで、そんな悪い話では無いかもしんない。(ホントに10年間単価固定なのかは未確認)

あと、ネットで気付いてた人が居て「なるほど」と思ったんだけど、超過分の料金が電力会社との契約形式に関わらず一律24円なら、自分の家が「タイムプラン(時間帯別電灯)」だった場合、昼間の割高料金より場合によっちゃ安くなるので、オール電化じゃなくてもタイムプランのメリットが出やすくなります。
(まぁ、普通は太陽光発電をやるからタイムプランに切り替えるんですけどね)

また、売電収入or超過分電気代請求が半年毎に改められてました。
当初は1年に1回だったので少しは改善したかも?
出来れば、1ヶ月単位が良いんですけど決済の手間を減らしたいんでしょーね。

と、ちょっと前向きになったんですが、風に対する強度の質問に対する答えが・・・

屋根への太陽電池の取り付け強度は、風速46m/s(地上13m)でも耐えられる様設計されています。
台風が来ても大丈夫です。

・・・あれっ?風速46m/sって他社のパネルより強度が弱くないかい?( ̄▽ ̄;A
でも、パネル提供メーカの記述だと「国内全エリアに設置可能」って書かれてるなぁ。台風銀座な沖縄でも大丈夫って事だよね。

と、気になったので岐阜県庁のサイトにある伊勢湾台風の資料を読んでみると、ちょっと内陸に入ってる事もあって平均風速32.5m・瞬間最大風速44.2mって書かれてるからスペック的には一応大丈夫っぽい感じ。あんま余裕無いけど。

あと、災害で壊れた場合の修理費用の負担が不明確のよーな気がするんだよねぇ。
自分で設置なら放置してても発電に支障が出るだけで自分で「どーしよー」って言ってれば良いんだけど、DMMの売り物を屋根に載せてる形だから放置してると契約不履行って言われそうだよなぁ・・・。

まぁ、住宅設備扱いされるはずなので火災保険でカバーできると思うけど。

どーしよ、うーん・・・。DMMだしなぁ・・・。(←やっぱりソコなんだよね。(^^;A)

それにしても身が軽すぎですな。逆に大丈夫か?って思えてくる・・・。(^^;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消費電力を見える化できる無線LAN内蔵電源タップ「iRemoTap」

サンワサプライ、家電の消費電力がWebで確認できる電源タップ「iRemoTap」

節電意識を高めるには消費電力の見える化が効果的なんですが、目に見えない電気だけに電化製品の消費電力を体感的に知るのはなかなか大変だったりします。

で、「ワットチェッカー」で有名なサンワサプライが、電化製品の消費電力をWebで監視できる電源タップ「iRemoTap(アイリモタップ)」を5月に発売するそーです。

んで、「iRemoTap」にはタップ内に無線LANを内蔵されていましてインターネットを通じて繋がっている機器の消費電力をWebにアップするよーになっとります。

そして、スマホやタブレットやPCなんかを使ってネットを通じて消費電力量を確認することが出来たり、ネット越しに電源OFF制御が出来るようになるそーです。

個々の機器の電力使用状況を把握するのはなかなか難しかった訳ですが、タップのインテリジェント化とクラウド連携で、ちょこっとスマートハウスっぽいことが出来るよーになります。

エアコン電源向けの200V対応版や、形状的に難しそーですがシーリングライト向けのアダプタなんかも期待したいところです。

問題は「iRemoTap」の価格ですが・・・5月販売開始の際に改めてお知らせするそーです。
「ワットチェッカー」も気軽に買える値段じゃ無いし、高そうだなぁ・・・。(^^;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

主婦目線の専用タブレット活用サービス「A touch Ru*Run」

1年ぐらい前にイオン・シャープ・NTT西日本らによる専用タブレット端末を利用した家庭・家族向けサービスを作りますとご紹介しましたが、それが「A touch Ru*Run(エータッチ ル*ルン)」と銘打ち3月12日にサービスを開始するそーです。

イオンのネットスーパーを核に主婦を中心とした家族全員が使えるサービスを専用タブレット端末を通じて提供するそーです。

ちなみに専用タブレット端末にはFeliCa対応のNFCチオンネットスーパー」と「WAON決済」、NTT西日本はサービスのインフラの他に「くらしップが内蔵されているため、ネットスーパーの決済にWAONが使えるよーになる予定だそーです。

各社それぞれの役割は明確でして、イオンは「イフルサービス」と「サポートサービス」、シャープは端末の開発以外に「GALAPAGOS STORE」による電子書籍サービスの提供と、それぞれの得意分野を組み合わせて「A touch Ru*Run」ってサービスとなるよーです。

NTT西日本の「くらしフルサービス」って何?って話ですが、家族間のコミュニケーションツールのよーです。
機能の一つ「おかえりタッチ」は共働きしている夫婦には便利かもしんない。
あと、ユーザ同士のコミュニケーション機能もあるよーです。

気になる専用タブレット端末は7型と10.1型が用意されてまして、OSはやっぱりAndroidだそーです。

また、ITマニアなお父さん向けにホーム画面をAndroid標準に切り替えられるそーで、Androidマーケットを含めて「普通のAndroidタブレット」としても使えるよーになっているそーです。

端末のスペックはNTT西日本のニュースリリースによると、Androidのバージョンは2.3、CPUはTIのOMAP4430で1GHz駆動のよーで、GPSにも対応しているよーです。
あと、10.1型のみNFCはType Bにも対応する予定みたい。

また、予告通り通信は無線LANのみで3G回線に対応していません。

OMAP4430はデュアルコアのはずなので、ホントに今時として普通なスペックのタブレット端末のよーです。
ただ、主婦が中心に使う事を前提にしているなら生活防水に対応しても良かったんじゃないかと思ったりもします。

発売は4月の予定で、7型モデルが39,800円、10.1型モデルが49,800円の予定だそーです。
購入特典でイオンネットスーパーのポイントを5,000~10,000ポイントほど付けることを検討しているそーですが、「くらしフルサービス」の利用が必須となっているよーなので、月額315円が必要となっちゃうみたいです。

専用端末まで用意した気合の入ったサービスですので、どれだけ売れるのか少々気になります。

もー少し端末が安いのと「くらしフルサービス」の月額料金が低けりゃ、Androidタブレットの購入を考えているお父さんには奥様を口説き落とす機能充実で良い援護射撃になったと思うだけに、ちょっと惜しいかも?

特に「イオンネットスーパー」は専用UIまで用意しているんだから、「ネットスーパー用ラクラク端末」としてケータイのインセンティブみたいな端末の売り方をしても良いよーな気がする。
ポイント付加で同じ事を考えているんだろーけど、端末価格が安い方がインパクトが大きいし、1.2GHzデュアルコアCPUを積んだ7型タブレット端末の「edenTAB」が広告収益を見越して29,800円って低価格を実現しているし、同じく7型のKOUZIROの「FT701W」も似たようなスペックで29,800円ってだけに残念。

同じ事はNTT西日本にも言える訳で、「光ポータブル」やNTT東日本の「光iフレーム」のよーにフレッツ契約者向けに低価格でレンタルするってのも手だと思うんだよねぇ・・・。

そーゆー意味で売り方に本気度を感じないんだよねぇ。
イオンもNTT西日本も顧客にアプローチするツールになるかもしんないのにさぁ・・・。( ̄з ̄)

ついでに言うと、シャープはシャープで自社のAQUOSやAQUOSブルーレイとの連携用にリモコンアプリやDTCP-IP対応のDLNAクライアント機能を載せてないっぽいつーのも「何だかなぁ」って気がする。

と価格についてはグチりましたが、操作が容易なタブレット端末を使った家庭向けサービスってのは悪くないよーな気がしますし、ネットスーパーは高齢者にも便利だと思うので高齢者向けにも動きがあるのかも気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneとかでSDカードの写真が見られる無線LAN内蔵SDカードリーダー「AirStash」

iPhoneでSDカードの写真が見られる、Wi-Fi搭載SDカードリーダー「AirStash」

まぁ、iPhone用のSDカードリーダーを使えば良いだけですが、「AirStash」は無線LANを内蔵したSDカードリーダーでして、iOS向けの専用アプリを使う事でワイヤレスにSDカード内の写真などにアクセスできます。

また、ワイヤレスの特徴を活かして最大8人まで同時にアクセスが可能となっております。

あと、「AirStash」はバッテリー内蔵してるうえにiPhoneはと直接無線LAN接続するので、無線APの無い野外でも使えるよーになっています。

バッテリーへの充電はUSB端子経由だそーで、PCと接続すれば普通にSDカードリーダーとしても使えるそーです。

iOS機器は内部ストレージを拡張できませんから、普段もワイヤレスストレージとして「AirStash」を使うのは、なかなか良いかも?
GoFlex Satellite」のよーな同じコンセプトのHDDとかありますが、容量は敵わないものの「AirStash」の方が手軽さでは数段上のよーな気がしますし。

春頃にはAndroidアプリも用意されるそーです。

我が家の場合、ネットに写真をアップする場合、Eye-Fiがアップロードを完了していないとSDカード&SDカードリーダーを夫婦で取り合いしてたりしますので、同時アクセス機能って何気に便利そう。
PC環境からも使えると良いのになぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人類の偉大な一歩。USBコネクタの向きを気にせず使える「どっちもハブ」

世界初、USBコネクタの向きを気にせず使える「どっちもハブ」

神様からの試練かと思われてたUSBコネクタの挿し間違い問題ですが、ついに人類は大きな試練を乗り越えようーとしてます!

この度、バッファローコクヨサプライから発売されるUSBハブ「どっちもハブ」はUSBコネクタの向きを気にせずに上下どちらの向きでもさせるよーになっとります!

世界初だそーで、USB 1.0の仕様が決まってから約15年が経過しておりますが、よーやく快挙達成だそーな。

と言う事で、多くの舌打ちと「どっちもハブ」によりUSBハブ側は試練を乗り越えましたが、「どっちもハブ」をPC本体に接続する時には依然として試練が残されておりますので、日々USBに試されている皆様の御健闘をお祈り申し上げます。( ̄人 ̄;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

DSをひらがな覚えるマシーンに仕立てたい

家に使われない状態の年季の入った初代DSが2台転がってて勿体無いので、最近文字に興味が出てきた子供1号用のひらがな覚えるマシーンに仕立て上げたいんですが、何か良いソフト無いかな?

アンパンマンとドラえもんのヤツは見つけたけど・・・うーんどっちが良いのか分んねぇ。( ̄▽ ̄;A

なんとなく毎日コツコツやるタイプの「ドラがな」の方が良い感じな気がするけど、ドラえもんが子供1号にウケるのか未知数なのよねん。( ̄▽ ̄;A

プリキュアシリーズなら最強なんだけど無いっぽいし。(´・ω・`)
(玩具の販売戦略的に毎年入れ替わるので、陳腐化が早くてこの手の長期間売るソフトが作りにくいんだろーねぇ。でも、オールスター展開のおかげで過去コンテンツも結構強くなってると思うので勿体無い気もするけど)

あと、子供2号による取り合い&邪魔の勃発が予想されるんで子供2号用も別途必要だよなぁ・・・。( ̄▽ ̄;A
まぁ、子供2号用は「アンパンマンとタッチでわくわくトレーニング」で良さそうな気がする。

数ヵ月後に二人とも誕生日が来るので誕生日プレゼントにすれば良いかな?

あと、思ったんだけど、しまじろうでこの手のソフトって無いんだね。
「こどもちゃれんじ」と内容が被るんでベネッセが意図的に避けてるのかも?

で、元ゲーム好きが言うのもなんですが、ゲームの中毒性を知ってるだけにDSソフトを子供に与えちゃって良いのかしらん?って葛藤はあったりして・・・。(^^;A

でも、物事に集中するつーのも大事な気もするんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「なんだかんが」でも国内500万台突破したN3DS

ニンテンドー3DSが国内500万台突破 国内最速ペース

「ソフト不足で低迷」と任天堂の神通力もコレまでかと言われてた3DSですが、年末商戦前の「いきなり1万円値下げ」や「マリオカート7」「スーパーマリオ 3Dランド」「モンスターハンター3G」とミリオン作品が出たおかげで国内累計販売台数が500万台を突破したそーです。

日本市場でのゲームプラットフォームとしては過去最速だそーで、これまで最速だったGBAよりも早いペースだそーな。

確かに3DSで遊んでる子供の姿を良く見るよーになりましたもんね。

課題となっている3DSの逆ザヤは来期前半に解消できる見込みだそーですが、ゲームプラットフォームとして台頭するスマホや取っ掛かりが無料のソーシャルゲームの出現とDSの時とは状況が異なるので、任天堂自身も決して安泰とは思ってないでしょう。

事実、私が「買おう」って気にならないんだもんなぁ。( ̄▽ ̄;A
何気に新ハード発売開始1年でミリオン3本出ててるってすんげぇんだけど、DSのよーな社会現象化してない印象があるんだよね・・・。
(まぁ、DSが脳トレで社会現象化したのは2~3年目でしたけどね)

しかし、リッチなゲームを楽しめる最新ゲーム機として3DSはスマホよりも安いですから任天堂には、この調子で頑張ってゲーム業界を引っ張って欲しいです。

流石に500万台って数字であれば任天堂製ソフト無双状態でもサードパーティーは3DSってプラットフォームを無視できないでしょーねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DMMソーラーは発電量の7割を自家消費しちゃうと損するので注意

「8万円で太陽光発電!」と衝撃的だったDMMソーラーですが、なんか分かりづらかった点を問い合わせた話のブログ記事。

私も気になって公式のFAQとか見てて「DMMにお支払いいただく電気料金はソーラーパネルを設置しない場合、電力会社に元々支払う金額であるため損益になるわけではありません」の一文の引っかかったんだよねぇ。
(後で記載しますが、現在はFAQは修正されています)

で、上記のブログ記事で詳しく書かれていますが、DMMソーラーは太陽光発電した電力を3(自分):7(DMM)でシェアします。

そして問題となるのが、自分の分の3割以上を自分で消費してしまった場合。

DMMの取り分を自分で使っちゃってるのでその分をDMMに支払う必要があり、しかもその単価が「余剰電力買取単価」。
「余剰電力買取単価」は再生可能エネルギーの普及拡大と価格低減の目的で用いられるため、現在は通常の電気代より1.75倍高い単価が設定されています。

確かに公式FAQに書かれている解説も「ソーラーパネルで節約できた電気料金」の単価が24円に対して「DMMに支払う電気料金」の単価が余剰電力買取単価と同じ42円で記載されています。

なので、例の記載に誤りはありませんが、「電力会社に元々支払う金額であるため損益になるわけではありません」って文言が妥当なのかは正直微妙に思えます。
単価が違うので「元々支払う金額」じゃない気がするし、もし悪天候続きで発電量が極端に落ちたとしたら1.75倍高い単価の電気を使う事になっちゃいますからねぇ・・・。

それに同じFAQに「売電及びご請求は一年に一回とさせて頂いております」って書かれてるので忘れた頃に大きな金額の請求が来たとしたら慌てそーな気がします。

だったら最初から自分の家の分の電力をまかなわない発電オンリーにすれば良いじゃんと思いますが、余剰電力買取制度は「余剰電力」とあるように、あくまでも「余剰電力」じゃないとダメだったりするし、買取単価にはプレミアが乗っかってるので、そんなことをやられたら電力会社が破綻しますもんねぇ。(^^;A

ちなみに、現在公式FAQを確認すると「発電された電力はどのようにシェアされるのですか?」の分かり辛い部分が修正されてたり、「消費電力が発電量を超えた場合に損をすることはありますか?」って質問が追加されてまして、ちょっと分かりやすくなっています。

それによると発電する電力の7割を自分で消費しちゃうと損する事になるよーです。

豪雪地帯でもないし、普通にやってれば大丈夫そーな気がするけど、逆に飛びついてリスクを背負い込むほどでも無いなぁとも思うので、我が家の導入はとりあえず見送りでございます・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

誰でもコンテンツを販売できる「Gumroad」が早くも日本語に一応対応

Gumroadサイトが日本語化

最近IT界を騒がしている「Gumroad」ってなWebサービスがあります。

「Gumroad」は誰でもコンテンツを販売できるサイトでして、画期的なのが手軽さと手数料の安さ。
手数料がなんと、たったの5%+30セントでOKだったりします。

コレなら写真1枚や自作のポエムが入ったテキストファイルと誰得?と思うよーなデジタルコンテンツを安価で叩き売ったとしても利益を出しやすくなっとります。

一方、買う側も販売ページへのリンクに誘導されたら[欲しい]ボタンをクリックして後はメールアドレスとクレジットカードの情報を入力すればデジタルコンテンツを買えちゃったりします。あー簡単。

購入メールに記載されているダウンロードURLをぶっこ抜かれて拡散されると決済を回避できちゃう問題とかありますが、海賊版のダウンロードすら面倒臭いってな「"良貨"が"悪貨"を駆逐する」状況を作り出すパワーを持っているのは注目すべきかもしれません。

そんな「Gumroad」がアメリカ発のサービスに関わらず早くも日本語に対応したそーです。

「一億総クリエーター」と言われるほどUGC(User Generated Content:一般のユーザーによって生成されたコンテンツの事)が活発らしい日本なので「Gumroad」との相性は確かに良いのかもしれません。

って事で貴方も「Gumroad」で何か売ってみますか?
ケータイやスマホのオリジナル待ちうけ画像とか、使い勝手の良いExcelファイルとかなら手軽かもしんない。

ちなみに昔ニフティが「Gumroad」と同じよーな課金決済サービス「@pay(アット・ペイ)」ってヤツを2002年3月に開始して2007年9月に終了しております。

「@pay」が不味かったのは購入側が@nifty指定のクレジットカードで毎月の利用料金を支払っている@nifty会員またはCombo会員って縛りを入れちゃったことなんじゃないかな?

色々考えた末の仕様なんでしょーけど、パイが小さすぎる上に購入にログインが必要で面倒だわなぁ。
こーゆー部分が「ルンバを作れない日本の家電メーカ」と一緒だったりするんですよ。

その点、海外の人達は実にお気楽に実装してきます。
Twitterとか、まさにそんな感じだし。

繊細な国民性故なんでしょーけど、日本人って石橋を叩きすぎて壊しちゃうんですよねぇ・・・。(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

クローズアップ現代の「産みたいのに産めない ~卵子老化の衝撃~」をチラ見して

産みたいのに産めない ~卵子老化の衝撃~ - NHK クローズアップ現代

会社帰りにクローズアップ現代の「産みたいのに産めない ~卵子老化の衝撃~」をチラ見してました。

人の寿命や新陳代謝は有限なので、いくら次世代に命を繋ぐ卵子と言えど同じよーに劣化していくんだろーなぁとは何となく認識してました。

それでも、45歳ぐらいは行けんじゃねーの?と思ってましたが、日本で唯一の産婦人科女性教授の先生に言わせると「卵子は老化する。35歳を超えると妊娠が難しくなる」との事。

卵子の元になる一次卵母細胞は胎児の時に作られて、それ以降は作られないそーで時間の経過と共に必然的に劣化すると言うことが「卵子の老化」と言うことらしい。
(ちなみに精子は毎日新しいものが作られる関係で劣化に関しては卵子より強いそーな。それでも劣化からは逃れられないそーなんですが・・・)

んで、番組では卵子の凍結保存や卵子の若返り技術を紹介していましたが、先生的に最も問題なのが「卵子の老化」に対する世間への周知が足りないって事らしい。

女性の高学歴化や社会進出も当たり前になってきて晩婚化が進んでいる訳ですが、「卵子の老化」を知らないがために、仕事が一段落して「子供が欲しい」と思った時には既に妊娠が難しい状態になっていたりするそーな。

働き盛りと妊娠適齢期が重なっちゃってるのが問題をややこしくしているし、相手が必要な事なので、仕事のよーにキャリア形成のロードマップに「産み時」を加えるつーなんて具体的にイメージ出来ないだろーしなぁ・・・。

それに子育てってすんげぇコストがかかる人生一番の大仕事なので、雇用問題とかワークバランスに幼児保育・学童保育とか社会環境にも左右されちゃうしなぁ・・・。

あと、「結局、人は動物なんだ」って事も強く印象付けられました。

進化の結果なのか神様の御意思なのか知ったこっちゃありませんが、男と女と与えられた機能が違うし、どちらか一方だけでは次世代は成立しないし、子供が少なくなれば色んな社会制度が破綻します。

「女性は家庭に入れ」と言う気は無いんだけど、出来ることなら他の人でも代わりが利く「仕事」よりも、理解あるパートナーに恵まれて今の貴方にしか出来ない「出産」と言う選択肢を選んで欲しいなと思ったりします。
キャリアはその気になれば何時でも積み上げられるはずだし・・・。

と、他人の人生にどーのこーの言える立場じゃないけど少子化はホントにヤバいと思うし、男は仕事しか選択肢が無いので頑張るしかないしねぇ。(^^;A

少なくとも人間が老いる動物である以上、若い女性は「産み時」を真剣に意識する必要があるし、相手の男の方も「産み時」がある事を理解しとかなきゃいけないとは思います。

まぁ、それでも「羊水が腐る」発言が許されるもんでもないけどねぇ・・・。( ̄▽ ̄;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8万円と格安で太陽光発電システムが導入できる「DMMソーラー」

DMM、8万円で太陽光発電システムが導入できる「DMMソーラー」

月々の電気代を軽減するために家の屋根に太陽光発電システムを載せるお宅が増えてきました。
しかし、相変わらず初期投資が高額なのが問題だったりします。
その事もあって収益の分岐点を調べてみると、正直ローンを組んでまでやる事は無いよなって感じ。

んで、通販サイト大手のDMM.comが提供する「DMMソーラー」は8万円と格安で設置できる太陽光発電システムを売り出すそーです。

安さの秘密は発電した電力をDMMとシェアするから。

気になるシェア割合は3:7で自分が「3」でDMMが「7」となります。
売電した半分以上をDMMに持ってかれてしまいますが、8万円なら呆気なく元を取れそーな雰囲気ですし、11年目以降の売電は全て自分の収入になるのでパネルの寿命を考えれば良さそうな気がしたりします。

問題は11年目以降の売電単価がどーなってるかって事だったり、その頃にはパワコンが寿命を迎えてて交換が必要だったりしますが、真夏の昼間にクーラーを使ってもあんまり罪悪感を感じずに済むってメリットはあるかもしれません。

ちなみに補助金の申請はDMMが代行してくれるのと、パワコンは停電時に自立運転可能なヤツだそーです。

それにしてもアダルトビデオの動画配信サイト発祥のDMMが今じゃ一般動画配信や通販・レンタルの大手だし、FX事業は年間取引高1位だったりするし、それで今度は太陽光発電システムを使ったビジネスとかホントにアグレッシブですな。

うーん、どーしよ?
屋根空いてるしなぁ・・・電気代を安くしたいしなぁ・・・。うむー。DMMつーのがなぁ・・・。(^^;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自宅カラオケ練習用の遮音設計iPhone用カラオケマイク

歌声が漏れない遮音設計のiPad/iPhone用カラオケマイク――JTT

1人カラオケとか認知され始めてますし、通信環境の向上で自宅でもカラオケが楽しめるよーになってきました。

んで、問題になるのが騒音。

んで、歌声の漏れを軽減することが出来るiPad/iPhone向けのカラオケ練習用のマイクが発売されました。

口元を覆うカップ状の吸音ウレタンにより歌声の漏れを軽減するそーな。
カラオケを練習したいって人には案外便利かもしれませんねぇ。

iPhone用カラオケアプリ「セガカラ」に対応しているそーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

Kマウントレンズがそのまま使えるペンタックスのミラーレス一眼「K-01」

ペンタックス、一眼レフ用レンズが使えるミラーレス一眼「K-01」

そー言えば、一眼レフ用レンズがそのまま使えるミラーレス一眼って珍しいなって事でご紹介。

んで、フランジバック(レンズマウントから撮像素子までの距離)をどーしてるのかと思ったら既存のデジタル一眼レフカメラと同じだけ確保してあるそーな。
やっぱそーしなきゃ無理だもんね。

そのおかげでミラーレス一眼らしいコンパクトさが無い訳ですが、フィルム一眼レフカメラ時代からのKマウントレンズ資産をそのまま活かせるため、Kマウントレンズユーザには嬉しい1台となりそーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

Baby Care Report ~耳鼻科にて~

我が子2号改め子供2号が中耳炎になっているよーな仕草をしてるので、仕事の奥さんに代わって会社を半日休んでを耳鼻科に連れて行きました。

週明けだけあって耳鼻科は非常に混んでたんですけど、人が多い事もあって子供2号が借りてきたニャンコ状態で私の横にチョコンって座ってるんですよ。

もぅその姿がおかしいやら可愛いやらで、微笑ましかったです。

んで、徐々に慣れてきて待合室の一角にあるキッズコーナーでままごとを開始するんですけど、脱いだ靴をチャンと揃えてクルっとつま先側を外に向けて置くのね。

「おー」って感心した。
家ではあんまり教えた記憶が無いので幼稚園で先生に教えてもらった成果なんだろーなぁ。
でも、我が子1号改め子供1号と一緒に居る時ってそんな事してたっけか?脱ぎ散らかしてる印象しかない。(^^;A

と、私と子供2号の2ショットってあんまり機会が無いんで、なかなか貴重な時間でございました。

ちなみに子供2号は、やっぱり中耳炎になってました。
やっぱ年齢が低いとスグになっちゃうねぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カジュアル&ハイテクなサバゲーおもちゃ「Lazer Tag」

ハズブロの新 Lazer Tag は iPhone 対応、24人までのチーム戦が可能

エアガンでBB弾を撒き散らすサバイバルゲームも良いですが、何かと色々大変だったりします。
んで、もっとカジュアルに撃ち合いしたいと世間からあんまり良い目では見られない願望を叶えるために「NERF」なんかがありますが、今回ご紹介する「Lazer Tag」は光線銃であります。

光線銃と言えば、セガの「ジリオン」や旧トミーの「サバイバーショット」なんかが有名ですが、基本的に相手が居て遊ぶのが普通だったりします。

で、今回発表された「Lazer Tag」の新機種は今時らしく、iPhoneやiPod touchを突っ込めるよーになっとります。
元々チーム戦が出来るよーになってたりとギミックが充実してたりしますが、iPhone対応により、iPhoneをヘッドアップディスプレイ見立てて拡張現実風にする事で1人でもシューティングを楽しむことができるよーになりました。

また、成績により武器やミッションのアンロックもされるなどゲーム性も提供しているそーな。

もちろんiPhoneはマルチプレイでも発射した光線が見えたり、残りのパワーを知るなど活躍したりします。

本家「NERF」では、「Lazer Tag」は「NERF」の1カテゴリとなっているよーですが、日本にはスポンジ製ソフト弾のヤツしか上陸していません。

子供や子供マインドな方々にためにも一刻も早い日本上陸が待たれます。・・・つーか、ちょっと欲しいな。(笑)

でも、銃が非現実的な日本だとスポーツシューティングってなかなか受け入れられないよねぇ。
自分でも全身迷彩服なサバゲーの人が出てくるとギョッとするぐらいだし・・・。(^^;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneでDIGAの録画番組を視聴できる無線LANサーバ

DIGA録画番組をiPhoneで視聴できる無線LANサーバー

DIGAからSDメモリーカードに書き出した録画番組をiPhoneで視聴できるようにする無線LANサーバ。

全然気付いてなかったんですけど、既に昨年の夏にパナソニックが直販で同機を発売してたよーです、今回はそれを「SoftBank SELECTION」ブランドで発売するそーです。

iPhone以外にもiPadやiPod touchにも対応しています。

ところで、DIGAと言えば、先日発表された新機種の「DMR-BZT920」は天板に無接点充電規格の「Qi」に対応したそーで「その発想はなかったわ」って感じでした。

でも、普通BDレコーダーってラックに入れちゃうんじゃねぇ?(^^;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

Baby Care Report ~我が家のインフルエンザは峠を越えたっぽい~

先週後半に「熱がある」と幼稚園から連絡があり早退した我が子2号ですが、次の日に医者に診せたらインフルエンザA型感染でした。

なんですとー!( ̄▽ ̄;

と思いつつも、傍目には至って元気な我が子2号。
鼻水は出てるものの熱を測っても37度台だし。

しかし、世間様にウィルスを撒き散らす訳にはいかないので週末は殆ど家でジッとしておりました。
子供達が見た目上元気だっただけにそりゃもぅ大変ですわ。(^^;A

ちなみに我々もインフルエンザを食らっている可能性があったので、客商売してるため奥さんは仕事を休み、私はマスクを着用して会社に行っておりました。
もちろん我が子1号は幼稚園を休んでました。

んで、週明けに病院に行って完治証明を貰って我が家のインフルエンザは峠を越えたよーです。

心配していた子供達は予防接種を事前に受けてたおかげなのか、我が子2号は殆ど普通に元気だったし、我が子1号を含めて我々にうつる事も無く過ぎました。

ちなみに我々も予防接種を受けてたのでそれも幸いだったかもしれません。

予防接種にそこそこお金がかかりますし、一瞬だけど子供達は痛い思いをしますが、大事にならないのなら確かにコスパは良いのかもしれませんなぁ・・・。

それにしても肺炎とかインフルエンザとか我が子2号は風邪っぽいヤツの重めのヤツを食らってますなぁ。
我が家一やんちゃなのに・・・。(^^;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wi-Fi Directに対応したEverio

JVC、無線LAN搭載ビデオカメラ「Everio」3機種

スマホ・タブレット端末の急速な普及によりビデオカメラに無線LANを乗せる動きが加速しています。

キヤノンも上位機種を無線LANさせて動画や静止画の転送or視聴に対応させよーとしていますが、「Everio」はもっと積極的な無線LAN機能を搭載してまして、動画・静止画の転送以外に

  • 離れた場所置いたビデオカメラの映像をスマホ・タブレット・PCでモニタリングできる「モニタリング」機能
  • 顔や動きを検出すると静止画を自動撮影し、メールに添付して通知する「お知らせメール」機能
  • 短いメッセージ動画を簡単に送信できる「ビデオメール」機能

なんてのがあります。
ちなみに動画・静止画の転送やモニタリングはインターネット越しでも可能だそーです。

と、結構良い感じですが、キヤノン機が持っているDLNAサーバ機能が無く無転送でテレビで見られないのはチト残念。

それに「モニタリング」機能や「お知らせメール」機能をそんなに頻繁に使うかと言われると「どーかなぁ?」と思ったりもしますが・・・。(^^;A

それと無線LANですが「Wi-Fi Direct」にも対応しておりまして、対応するスマホ・タブレットなら無線LANのAPの仲介不要で直接ビデオカメラとの接続が可能となるので、出先でも無線LAN機能を利用する事が可能だったりします。
(ちなみに「Wi-Fi Direct」に対応しているスマホ・タブレットって「Galaxy S II」ぐらいしか知らない)

動画の記録方式はAVCHDなんですが、スマホ・タブレットへの動画転送時にはスマホ・タブレットが対応している動画形式つー事でMP4形式にリアルタイム変換を行っているそーです。

だったらXactiみたいに最初からMP4で撮らせろや!と思うんですが家電連携をあるし、フォーマット変更で混乱を防ぐために従来通りAVCHDで行くしか無いんでしょーね。

効率悪いし、ファイルは扱い辛いし、個人的にBDに残す用途の方がニッチ化しちゃってると思うんでAVCHDは要らない子だと思うんですけどねぇ・・・。( ̄з ̄)

あと、最近のデジカメやビデオカメラの急速な無線LAN対応は、スマホに搭載されたカメラへの対抗措置とも言えます。
専用機ならではの高画質&操作性を誇ってもネットと分断されてたおかげでスマホのカメラに出番を奪われてた状況がありました。
それを打破するためにスマホに繋げてしまうのは「スマホカメラ憎んでスマホ憎まず」となかなか面白い動きだと思います。
ユーザから見れば高画質&操作性に利便性が加わるので拒否る理由もありませんしね。

ただ、無線LAN搭載機が高かったり、電池の管理や荷物が増えるって別の問題を引き起こす訳だったりしますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーヒーマシン「ネスカフェ ドルチェ グスト」に新機種登場

ネスレ、抽出を自動ストップしてプロの味を楽しむコーヒーマシン

「ネスカフェ ドルチェ グスト」に新機種「ジェニオ(Genio) MD9747」が登場しました。

シリーズ初となる自動で抽出が止まる「オートストップ機能」が搭載されました。

奥さんへのクリスマスプレゼントとして「Piccolo(ピッコロ) MD9744」を買ったばっかなのに、もう新機種かよ!しかもオートストップ対応かよ!って正直ちょっと凹むますが、しゃーないですね。

オートストップ機能が無くてもそんなに不便では無いんですが、朝の忙しい時間帯だったりすると、それなりに便利のよーな気がします。

ちなみに最近のコーヒー豆の価格高騰を受けてドルチェ グストの専用カプセルの価格が上がっちゃいました。(^^;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタイリッシュな無線LAN内蔵防水デジカメ「Cyber-shot DSC-TX300V」

ソニー、無線LAN/非接触充電デジカメ「TX300V」

ソニーの防水デジカメCyber-shotのTXシリーズの新機種が発表されました。

今回は無線LAN機能を内蔵していまして、PCやスマホと写真のやりとりが出来るよーになっています。(動画に関してはPCのみ)

また、専用アプリをダウンロードした同社の液晶テレビ「BRAVIA」との連携も出来たりします。

無線LAN以外にもワイヤレスにこだわっていまして、カメラに付属している「マルチステーション」を利用する事で非接触充電やTransferJetによる静止画&動画の高速転送が出来るよーになっています。

防水デジカメなので、あんまり蓋を開けたくないでしょーから、充電も画像もワイヤレスで出来るのは非常にありがたいかもしれません。

ただし、非接触充電方式は独自方式のよーで標準になりつつある「Qi(チー)」準拠じゃないのは残念。

それにしてもカメラ本体の前面が強化ガラス張りのルックスはなかなか斬新です。
遠目で見たらスマートフォンかと思われるかも?

防水デジカメのクセに操作面は殆どタッチパネルとか、手袋での操作を全く考慮していないのは相変わらずですが、普段使いも意識したTXシリーズらしくはあります。

価格はGPSとかも内蔵してて機能てんこ盛りだけあって、5万円前後と高め。
でも、見た目で欲しいと思えるコンデジが現れたのは久々かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »